7月14日の釣り(五中下、2匹)

 7月14日、朝5時くらいに起きて、6時過ぎころに清水区の山口釣具店さんに到着。
赤イソメがないとのことで、アオイソメを300円購入。三保の羽衣の松に行こうかと思いましたが、世界遺産にもなったので、観光客でいっぱいではないかと思い、久しぶりに五中下へ行ってみました。
 丁度、ルアーの釣り人が帰る時間帯で、出て行った車のあとに駐車することができました。
 五中下は比較的急深になりますので、波も比較的穏やかで釣りやすい状態でした。帰りの久能街道沿いでは、かなり波が高く、釣りは難しい状況でしたので、良い選択だったかもしれません。
 弓角を投げている方の隣に入れてもらい、ゆっくり準備して、2~3投したところで、あたりがあり、上げてみたら可愛いホウボウが付いていました。10cmくらいでしょうか?足(胸鰭?)が動くのがよくわかります。不思議な魚です。
とても美味しいのですが、ちょっと小さいのでリリースすることにしました。

Img_0240

 結局、2匹。4色以上の(僕としては)遠い所で釣れました。
 15cmくらいの一番釣れるサイズです。チルドに入れておいたら、半分凍ってしまって、目が白くなり新鮮では無さそうに見えますが、その日の夕方に刺身にする前の写真です。

Dsc_0846

 7月15日は、2時~3時ころ和田浜で投げましたが、全くアタリがありませんでした。(ハリは2本ほど取られましたので、フグはいるようです)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月30日の釣り(吉永水門脇 2匹)

6月30日、AkとNeは松本に旅行に行ってしまったので、一人の休日です。
午前中床屋に行って、午後からのんびり釣りに出かけます。
焼津でインサイトの給油をして、上州屋に寄って赤イソメを300円購入。大井川港の手前、吉永水門西側のサーフに入ります。
 丁度僕がついた時に終了して帰られる釣り人がいたので、状況を聞いてみると、1~2時間で6匹とのこと。更に聞くと、7色(!!)ラインでアタリがあるということです。そういえば、がま投げでしょうか、3本の長さが違うあまり見たことのない竿をお持ちです。凄くレベルの高い人にあってしまいました。
 正直に「とても7色は届かない。すごいですね~」と話をしたら、沖のテトラが海岸線から斜めに入っているので、大井川港側の遠いところより、焼津側の近いところを狙ったほうが良いとアドバイスをしてくれました。
 丁度準備が終わったところなので、ここで少しやってから釣れなかったら移動しますとお礼をして別れました。
 ありがとうございました。今度どこかの釣り場でお会いできたら、投げるところを是非拝見させてください。

 本当に久しぶりの釣りです。海はいいなあ。サーフ最高!。
 投げ込んでおアタリはありません。3投目か4投目にやっと3色ラインか、もう少し近くであたりがありました。ちょっと待ってから巻き上げると、かわいい12センチ弱のキスが2匹かかってきました。
 初釣りで、初ギスです。正直嬉しい。

 その後はアタリもなく、突然の腹痛で終了することにしました。

 久々の釣りで、少しさびくだけでも疲れてしまって、クーラーボックスに座って釣りをする感じになってしまいましたが、だんだん鍛え直していきたいと思います。

Dsc_0811


| | コメント (2) | トラックバック (0)

7月22日の釣り(舞阪中前の浜 凸)

 21日、22日と大学時代のサークルの仲間と飲む機会があり、弁天島に泊まりました。
22日朝、6時~7時くらいの間に、以前akiraさんに連れて行ったもらった舞阪中の前の浜に行きました。
(記憶違いで、別の浜かもしれません)
3投して、アタリがなく宿に戻りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月24日の釣り(鎌ケ崎 3匹)

6月24日は羽衣の松の北側、鎌ケ崎に行きました。
すでに入っている方に聞いたところ、ゴミが多い。今1匹釣れた。
ということでしたが、こちらが仕掛けの準備をしていると、Wで1匹は20cm位の鱚を釣り上げています。
声をかけると、にっこりと笑ってくれて、とても良い気分になりました。よし、俺も釣らねば。
しかし、なかなかうまくありません。
そのうち、件の釣り人がゴミが多すぎて釣りにくいと場所を移動されたので、そちら方面に投げて、2~3色で合計3匹とメゴチ1匹を釣ることができました。
潮が引き始めて当たりがなくなってきたため、北へ移動してみると、いつかお話を聞いた名人がいらっしゃって、またいろいろお話を聞くことができました。ありがとうございました。名人の隣で釣っていた方も10匹くらい釣ってたそうです。皆さんお上手で、まだまだ大きな差があるなあ。もっとがんばろうと思いました。

結局、三保では追加できず、ホームグラウンドなのに、ここ2年ほど1匹も釣っていない浜川西岸に行きました。
未だ工事中でしたが、トイレが作られています。おやおや。良い公園に整備されると良いのですが。

ここは、明らかに砂が増えています。全体に砂が増え、傾斜もなだらかに変化しているようです。
裸足になって水に足をつけながら釣りをしました。残念ながらアタリはありませんでしたが、楽しく釣りができました。
帰り際に浜の真ん中あたりで釣ってた方が1匹釣り上げていたようです。
そうか、釣れるんだ。とすごく嬉しい気持ちで帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月17日の釣り(安倍川河口西岸 4匹)

Dsc_02461

 土曜日は雨、日曜日も雨の予報だったため今週の釣りは諦めていましたが、日曜日は思いの外天気が良くなり、焼津の実家で所要を済ませたあと、大崩海岸を通って用宗で赤イソメ 300円と仕掛けを1つ(2組)購入し、安倍川の河口西側に行ってみました。
 釣り人はひとりいるだけ、やや波があり、多分濁りも強かったのだと思います。
 一番西側、最後のテトラポットの東脇に場所を取りました。
 最初なかなか釣れませんでしたが、数投目にとても弱い当たりがあり、巻きあげてみるとキスがついていました。
 その後、続けざまに3投で3匹のキスが釣れましたが、時合いはここまでか、再び釣れなくなったので撤収しました。4時~6時ころまでの成果です。
 釣れたのは、3色の後半から4色に限られていました。
 大きさは14cm~16cm。メス2匹。オス2匹。
 ゴールデンウェークのキスは腹子が未発達でしたが、もうすっかり大きくなっていました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月26日の釣り◆三保内海ボーズ

 5月26日は6時前に家を出て、6時過ぎに清水区山口釣具店で赤イソメ300円を購入。オーナーの「ぼつぼつ釣れている。去年より状況は良い。今週は内海で釣れたことがあったみたい」の情報で内海の海の家の駐車場に向かいます。
 旧トイレ前で投げますが、アタリがさっぱりありません。どうもダメそうです。
 気分を変えるために、南下して、遊覧船の桟橋を越え、前回入った一番南側で竿を出しますが、やっぱり反応はありません。
 だめかな~と思っていたら、二人組の釣り人が来て、挨拶したあと僕の南側に入ります。
 年配の方のほうが長さの調整をしているらしいがま投げで、すごく遠くまで投げます。そして、ばりばり釣り始めます。若い方の人は、外人さんらしく体がとても大きく、こちらもものすごく遠くまで投げているようです。
 遠くだと釣れるのか…と僕も投げてみますが、やっと5色に届くような非力な僕ではキスの居るところまで届かないようです。
 すっかり、意気消沈して早めに切り上げました。

 今回の教訓
 (1)一人で釣っていると成長しようとする気持ちが続かない。上手い人と釣らなければだめ。
 (2)回りの人が釣れて自分が釣れなくてもすねたり、落ち込んだりせずに頑張る。
     回りの人が釣れているときはキスが居るのが確実なので自分にも釣れるはず。よく考える。

 南下の途中で別の釣り人とお話をしていたら、目の前でチロリが泳いでいました。
 誰かが捨てたもの?元気なチロリだったので、早速釣りに使いました。それで、イソメは結構残ってしまいました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月5日の釣り(三保内海 4匹)

Dsc_02311

 今年はじめての釣りに三保に行って来ました。
 いつものように早く起きることができず、7時ころ家を出て、8時ころスタートです。
 (通常の時間から始めたときは、まったりし始める駿河湾フェリーの出港の時間にスタートでした)
 エサは山口釣具店さんで赤イソメ300円、ついでにカイソウ天秤を買っておきます。
 三保マリーナの入り口もこの時間なら開いています。この時間では、もうすでにたくさん車が駐車していて、テントを張ってバーベキューやら潮干狩りやら色々楽しみだしているようです。
 桟橋の南側はまだ一人しか釣り人はおらず、挨拶したときはキス1とメゴチ1を連で釣り上げていたところでした。キスは大きくありませんでしたが、内海ではこんなものかなというサイズ。
 ボート釣りの方がたくさんいたので、オーバースローからスリークウォーターのセーフティな投げ方をしていたので、最大で4色ちょっとしか投げることは出来ませんでしたが、遠くでも近くでもボツボツ当たりがあり、あまり大きくはありませんが4匹釣ることができました。
 2度ほど4色程度に投げた時にちょっと大きな当たりがあり、のせることができなくて、やっぱり久しぶりだと感が狂っているなあと感じました。
 しばらくすると周りは家族連ればかりになり、子供たちが元気に走り回っています。おじいさん・おとうさん・子供の3世代揃ったファミリーが多く見受けられ、いいなあと心暖められました。

 2色~1色でもボツボツ当たりがあり、キスが釣れます。潮干狩りもウェーダーをつけて、大きな「貝採りジョレン」を使っていた方は、それなりに成果があったように見受けられました(腰の獲物袋がスーパーで売っている一袋くらいには膨らんでいました)。
 来週は大潮ではなくなってしまうので、潮干狩りは保証できませんが、チョイ投げは楽しめると思います。

 投げ釣りはとても楽しい釣りで、リーリングしている間は並んで話をしながら釣りができます。ある程度距離を置かなければ糸が絡んでしまう他の釣りとの最大の違いです。サーフなので危険が少なく、ライフジャケットなども必要ありません。ファミリーにピッタリの釣りだと思います。ただ、キャストするときは後ろに人がいないかかならず確かめてください。他の時に事故が起こる可能性はほとんどゼロです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

10月2日の釣り◆三保内海凸

 起床が5時半、出発が6時ころとスタートからダメでしたが、餌を買おうと清水の山口釣具店さんに着いてクーラーを入れ忘れたのに気がつくという情けないお話で、先週良い噂を聞いた羽衣の松に行ってみると、松林も台風の被害を受けた松が多いようでした。
 うちのTKの木も倒れてしまいましたし、本当にひどい台風でした。海岸も大量の木材が流れ着いていて美観はいまいち。さらに、ほぼ真正面から風が吹いてきていたため、投げずに内海に逃げることにしました。
 内海では旧トイレ前にいつもいる人に挨拶をして隣に入れてもらいましたが、1投目に4~5色であたりがあった以外全然ダメでした。移動して三保マリーナ側でも投げて見ましたが、5センチくらいのピンギスがかかるだけでとうとうボーズになってしまいました。
 いつもの年なら、10月が一番良いシーズンのはずなのですが・・・。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月25日の釣り◆三保内海1匹

三保内海で6時ころから始めました。

 アタリは頻繁にありますが、うまく乗らないまま時間が経っていく悪いパターンでした。
 今回は仕掛けを用意していなかったことを反省。自分の作った仕掛けの欠点もよくわかりました。

 隣のお父さんと3人兄弟(?)は結構釣っているのに自分が全然あげられないのは正直ショックでした。
 羽衣の松あたり?でよく釣れているとみんなが移動したあと、4~5色で1匹。ムラソイ(水玉模様がキレイです)小が1匹釣れたのでよしとして帰宅。
 帰り道で浜川西岸によってみましたが、全くダメでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月27日の釣り■三保内海10匹

 一昨日、昨日、本日と西日本中心に大きな被害を出した台風12号ですが、先週末にはもう影響が出ていて、27日に投げ釣りが出来るのは三保内海位だったと思います。
 この日はぼつぼつ釣れ続けるかなり良い状況でした。朝の最初のうちは4~5色であたりがあり、そこに反応が無くなったら、3~2色の近くで釣れました。
 (この情報を勝手に流しては悪いと思い、1週間おいて書いていますが)隣で釣っていた方が5色程度で25.5cmのキスを上げており、数もまずまず釣れる上に、1発当たることもあり、浜に居たほとんどの方が楽しい思いをしたのではないでしょうか。
 台風一過、状況は大幅に変わってしまうと思いますが、秋以降も三保が楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧