2021.06.09

映画『ブックセラーズ』を見ました。

 AKと映画『ブックセラーズ』を見ました。

 ちょっと、気持ち悪かったですね。
 ドキュメンタリーで、最後にそれまで登場した中古書籍の販売業者たちが1卓を囲んで談笑するのですが、まるで妖怪(亡者と言ったほうがよいかも)が集まっているようでした(失礼)

 作成者の意図は良くわかりませんでしたが、アメリカの中古書籍の販売業者にはロマンはないんだなあと思ってしまいました。

 なぜでしょう。書籍は本当にロマンチックなものなのに。

■6/9の夕ごはんはAKと外食しました。

| | コメント (0)

2021.02.27

映画「素晴らしき世界」を見ました。

 AKと二人で映画「素晴らしき世界」を見ました。下の画像は、原案となった本『身分帳』佐木隆三(著) にリンクしています。本は買いましたが、未読です。読み終えたら感想を描きます。

 良い映画でした。考えさせられました。

 映画を見終えたすぐ後には、主人公が亡くならないようなラストはなかったのか?亡くなる必要はなかったのではないか?と思いましたが、帰り道に少し考えると、主人公の死は必然だったとわかりました。そうりゃそうだよね。
 仲野太賀さん演じるライターをはじめ、六角精児さん演じるスーパーの店長、北村有起哉さん演じる市役所職員、橋爪功さん・梶芽衣子さん演じる弁護士夫婦など役所広司さん演じる主人公の更生を本当に願っていて、できるだけの力を貸してくれます。徹底して嫌な人は長澤まさみさん演じるTVプロデューサーだけです。
 この世界も捨てたもんじゃない。それは確かなのですが、主人公が生きていくにはあまりにも苛酷な世界だったのかもしれません。 

素晴らしき世界

 2/26の夕ごはんは「鶏のおろし煮、大根の皮のきんぴら、大根の浅漬、鶏むね肉の蒸し煮(のこりもの)、揚げ出し茄子(写真なし)」でした。

Img_20210226_200102

 

| | コメント (0)

2021.02.09

プライムビデオで「きみと、波にのれたら」を見ました。

 プライムビデオで「きみと、波にのれたら」を見ました。
きみと、波にのれたら

 湯浅監督のサイエンスSARUでの3作目の劇場用アニメです。
 作画の美しさと、ダイナミックな動きが素晴らしいと思いました。ただ、ストーリーはよくあるもので、前段のイチャイチャシーンが長いので途中から「あ~、これはどっちか死ぬんだな……」と予想ができてしまい、見るのが辛くなってきます。中盤以降は幽霊ものになってきて変化がありましたが、その後の展開も視聴者を驚かせるようなものではありません。

 この映画で声優を務めている俳優さんで実写映画を作れるような、とても日常的な前段ですが、美しい風景と、アニメらしい人物の動き(線)の素晴らしさ流石は湯浅監督と思えるようなものでした。幽霊が出てからはアニメでなければ描けない描写が次々に出てきて、特にクライマックスの波乗りシーンは素晴らしく、このシーンが描きたくてこのアニメを作ったのではないかと思ってしまうような力の入ったものでした。

 ロマンチックな悲恋もので、光を有効に使っているところも、きっと女性向けのアニメなのだと思いますが、自分はとても楽しめました。

 2/6、2/7の夕ごはんはAKが作ってくれました。ごちそうさまでした。2/8は夕飯は別々になりました。

| | コメント (0)

2021.02.05

2/4の夕ごはんは「カレースープ、れんこんのガーリック炒め、至高の肉豆腐、にんじんのサラダ」でした。

 れんこんはコウケンテツさんのレシピ、肉豆腐はリュウジさんのバズレシピです。ありがとうございました。
Img_20210204_220522-1

 概算費用:豚バラ ¥257、豆腐 ¥37、しらたき ¥47、たまねぎ ¥9、牛乳 ¥25、にんじん ¥58、れんこん ¥374 計 ¥807

 プライムビデオで「劇場版ダウントン・アビー」を見ました。久しぶりにいつものメンバーを見てほっこりしました。

劇場版ダウントン・アビー

| | コメント (0)

2020.08.11

映画を見ました

 猛暑のうえ、AKが車ででかけてしまって、足がないので、うちで映画など見ていました。

 「若おかみは小学生!」NHKで放送されたものの録画を見ました。心温まるアニメ。
若おかみは小学生!

 「七つの会議」アマゾンプライムで見ました。「半沢直樹」が地上波放送中ですが、配役も似ていて同じ感じ。怒鳴り声が鳴り響きます。香川照之さんの顔芸がここでも素晴らしい。
 このお話は、行き過ぎたノルマが不正を生み、企業第一の思想が隠蔽を生み出すということの警句になっており、池井戸作品では「空飛ぶタイヤ」に近いお話です。

七つの会議 通常版 [Blu-ray]

 「きっと、うまくいく」これもアマゾンプライムでみました。
 明るいインド映画です。主人公たち三人組の悪ふざけがひどすぎるとことがちょっと好きになれませんが、とても良い映画だと思います。
 それにしても、インドでは女性は医師、男性はエンジニアが理想の職業なのでしょうか?

きっと、うまくいく

 8/9、10の夕ごはんはAKが作ってくれました。ごちそうさまでした。

| | コメント (0)

2020.06.16

2020年上期 直木賞候補

 2020年上期 直木賞候補が発表されました。

伊吹有喜(いぶき ゆき) 雲を紡ぐ 文藝春秋
今村翔吾(いまむら しょうご) じんかん 講談社
澤田瞳子(さわだ とうこ) 能楽ものがたり 稚児桜(ちござくら) 淡交社
遠田潤子(とおだ じゅんこ) 銀花の蔵 新潮社
馳星周(はせ せいしゅう) 少年と犬 文藝春秋

 先日読んだばかりの「雲を紡ぐ」も候補になっていますね。他の作品も、少しづつ読んでいきたいと思います。

 6/15の夕ごはんは「豚プルコギ、鶏と小松菜の炒めもの、トマト」でした。豚プルコギはコウケンテツさんのレシピです。
 味付けが少し甘すぎたのと、ゴマを振るのを忘れてしまいましたが、サニーレタスと青じそでくるんで食べるととても美味しくいただけました。ありがとうございました。
Img_20200615_202106

 6/16はBSPで「ハートブレイク・リッジ 勝利の戦場」を見ました。う~。この映画は、なにが言いたいのでしょうか?

| | コメント (0)

2020.06.08

6月分の水道使用水量等のお知らせがありました。

6/3に6月分の検針がありましたので記しておきます。

手許に残っていた使用量のお知らせの数値

H28/2 22m3 ¥5,360
H28/4 25m3  ¥6,110
H28/12 31m3 ¥7,610
H29/2 34m3 ¥8,370
H29/6 32m3 ¥7,870
H29/8 31m3 ¥7,610
H30/10 32m3 ¥7,870
H30/12 32m3 ¥7,870
H31/2 37m3 ¥9,120
H31/4 34m3 ¥8,370
R1/12 33m3 ¥8,270
R2/2 38m3 ¥9,550
R2/4(2/5~4/2)使用量は 32m3 ¥8,010

R6/3(4/2~6/3)使用量は 39m3 ¥9,800

う~ん。とても多くなってしまいました。トイレの排水を整備したのは、あまり関係なかったのでしょうか?

 6/8は、AmazonのPrimeVideoで「マイ・インターン」を見ました。ロバート・デ・ニーロはちょい悪なおじさんのイメージですが、とても魅力的ないい人のおじさんを好演していて、素敵だなあと思いました。

 

 アン・ハサウェイがやり手の経営者の面と、夫の裏切りに悩む弱い面をうまく演じ分けていました。場面場面で、目尻の垂れ方がぜんぜん違うんですね。それにしても、目が大きい。

 

| | コメント (0)

2020.05.26

ナイツ&マジック 1 ◆天酒之瓢 (著), 黒銀 (イラスト)



ナイツ&マジック 1


『ナイツ&マジック 1 』
(ヒーロー文庫) (日本語) 文庫 – 2013/1/30
天酒之瓢 (著), 黒銀 (イラスト)
文庫¥638
出版社: 主婦の友社 (2013/1/30)
文庫: 344ページ
ISBN-10: 4072881597
ISBN-13: 978-4072881590
発売日: 2013/1/30

 

続きを読む "ナイツ&マジック 1 ◆天酒之瓢 (著), 黒銀 (イラスト)"

| | コメント (0)

2020.03.22

初恋のきた道 [DVD]◆チャン・ツィイー (出演), スン・ホンレイ (出演), チャン・イーモウ (監督) 形式: DVD




初恋のきた道 [DVD]


『初恋のきた道 [DVD]』

チャン・ツィイー (出演), スン・ホンレイ (出演),
チャン・イーモウ (監督) 形式: DVD
DVD¥2,150
監督: チャン・イーモウ
出演: チャン・ツィイー, スン・ホンレイ, チョン・
ハオ, チャオ・ユエリン
言語: 北京語, 日本語
字幕: 日本語
リージョンコード: リージョン2

 

先日録画してあった『初恋のきた道』を見ました。

ストーリーは単純ですが、ノスタルジを感じさせる美しい風景と主人公役のチャン・ツィイーのいじらしく美しい姿、堪能させてもらいました。
中国映画はほとんど見たことがありませんでしたが、少しづつ見てみようと思いました。

3/21の夕ごはんは「牛丼、ブロッコリー、ペッパービーフのマリネ」でした。

Img_20200321_192656

| | コメント (0)

2018.07.30

『dele(ディーリー)』

7/27 テレビ朝日系金曜ナイトドラマ『dele(ディーリー)』を見ました。
山田孝之と菅田将暉がダブル主演。山田の姉役で麻生久美子ととても豪華な配役で、映画みたいだな…と思いながらずるずる最後まで見ていると、脚本に本多孝好さんの名前が…。さらに、金城一紀さんの名前も。

調べてみると、本多さんは2017/6にこのお話の原案の本「dele」を上梓しており、このテレビシリーズでも脚本の一部を担当しているようです。
金城さんは、「SP」「BORDER」「CRISIS」「奥様は、取り扱い注意」などのオリジナル脚本を作成されいるようです。

本多さんのハードボイルドにはとても興味があります。続きを視聴するのはもちろん、原案の本も読んでみたいと思います。

続きを読む "『dele(ディーリー)』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)