« バレーボール女子日本代表 ブルガリア戦 | トップページ | 投資テストの状況(6/18) »

2022.06.17

直木賞の候補が発表されました。

 第167回直木三十五賞候補作品が発表されました。


候補者名

候補作 出版社
河﨑秋子(かわさき あきこ) 絞め殺しの樹 小学館
窪美澄(くぼ みすみ) 夜に星を放つ 文藝春秋
呉勝浩(ご かつひろ) 爆弾 講談社
永井紗耶子(ながい さやこ) 女人入眼(にょにんじゅげん) 中央公論新社
深緑野分(ふかみどり のわき) スタッフロール 文藝春秋

 

■女子バレーボール日本代表 タイ戦

 女子代表、タイにストレートで勝利し、無傷の7連勝。
古賀主将がブロック3本を含む21得点 VNL予選ラウンド
<バレーボールマガジン>

 タイは開催地フィリピンでの人気が高く、アウエー感がありました。
 この試合では、関選手とアタッカーのコンビネーションがが決まらず、
タイの粘り強い守備や早い攻撃もあり、なかなか主導権が握れません。
 しかし、後半ピンチサーバーで投入された石川選手の連日の活躍が
あって、この試合も3−0で勝つことができました。

 攻撃面では井上選手の落ち着いたプレーが印象的でした。
 あの笑顔、なんか頼れる感じなんですよね。

 サーブで活躍した石川選手のインタビュー

 

 それにしても、解説の迫田さんが突然の体調不良でオープニング
だけで、全く解説をしなかったのが心配です。
 迫田さん大丈夫でしょうか?

■6/17の夕ごはんは「焼き鳥(市販品)、悪魔のツボもやし、コールスロー、
きゅうりのナムル、中華風青菜炒め」でした。

Img_20220617_214200

|

« バレーボール女子日本代表 ブルガリア戦 | トップページ | 投資テストの状況(6/18) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

おぼえ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バレーボール女子日本代表 ブルガリア戦 | トップページ | 投資テストの状況(6/18) »