2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 11/21の夕ごはんは「カレーグラタン、チンゲン菜の炒めもの、枝豆」 | トップページ | 只見線に乗りました(10/26)・・・2020年の旅行(4) »

2020.11.23

猫弁と星の王子 ◆大山 淳子 (著)


猫弁と星の王子


『猫弁と星の王子 』
(日本語) 単行本 – 2020/9/16
大山 淳子 (著)
単行本¥1,650
単行本 : 306ページ
発売日 : 2020/9/16
ISBN-13 : 978-4065200124
寸法 : 13.4 x 1.8 x 18.8 cm
出版社 : 講談社 (2020/9/16)

 

 本当に久しぶりのシリーズ新刊です。終了したと思っていたので嬉しいサプライズです。

 猫弁を読むと昭和のホームドラマを思い出します。皆んなが問題を抱えながら、善い人であろうとし、最後には幸せになっていく優しい世界。水前寺清子さんが主演で、相手役は前田吟さんだったりしましたね。本当に懐かしい。

 時期的には、それより少し前になりますが「見上げてごらん夜の星を」がぴったりくるような世界観。みんな少し貧しく、しかし、社会全体が希望にあふれていた高度成長期の日本の幻想かもしれません。

 (注)ノスタルジに浸ってしまいましたが、この本はちゃんと現代を描いています。

 正水直というかわいい登場人物も増えて、再びシリーズが回りだしたと考えてもいいのでしょうか?楽しみです。

(11月23日読了)

 11/22の夕ごはんは「鶏むね肉のカピタ、大根の煮物、大根の浅漬、大根葉のきんぴら」でした。カピタはリュウジさんのバズレシピです。ありがとうございました。

Img_20201122_194030

 概算費用:鶏むね肉 ¥155、大根 ¥97、豚ロース切落し ¥135 計 ¥387

大山さんの本の感想

  1. 猫弁 天才百瀬とやっかいな依頼人たち◆大山淳子 (著) 2013
  2. 猫弁と透明人間◆ 大山 淳子 (著)
  3. 猫弁と指輪物語◆大山 淳子 (著)
  4. 猫弁と少女探偵◆大山 淳子 (著)
  5. 猫弁と魔女裁判◆大山 淳子? (著) 2014
  6. ([お]15-1)あずかりやさん◆大山 淳子 (著) 2015
  7. 分解日記 光二郎備忘ファイル◆大山 淳子? (著)
  8. 牛姫の嫁入り◆大山 淳子 (著) 2016
  9.  

« 11/21の夕ごはんは「カレーグラタン、チンゲン菜の炒めもの、枝豆」 | トップページ | 只見線に乗りました(10/26)・・・2020年の旅行(4) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 11/21の夕ごはんは「カレーグラタン、チンゲン菜の炒めもの、枝豆」 | トップページ | 只見線に乗りました(10/26)・・・2020年の旅行(4) »