2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 日本SF作家クラブの会長は池澤春菜さん | トップページ | 9/24の夕ごはんは「パリパリチキンステーキ、小松菜・ピーマン・ふとねぎの炒めもの」 »

2020.09.24

あきない世傳 金と銀(九) 淵泉篇 ◆高田郁 (著)


あきない世傳 金と銀(九) 淵泉篇

『あきない世傳 金と銀(九) 淵泉篇 』
(ハルキ文庫 た) (日本語) 文庫 – 2020/9/15
高田郁 (著)
文庫¥682
文庫 : 336ページ
発売日 : 2020/9/15
ISBN-13 : 978-4758443616
出版社 : 角川春樹事務所 (2020/9/15)
言語: : 日本語

 

 大好きなこのシリーズ、いよいよ9冊目になりました。江戸で小紋を成功させ、順風満帆、期待の新作を発表しようと計画していた矢先、唯一の肉親で、このシリーズの天使的な役割だった人に裏切られてしまうという悲劇、更に組合から除名されるという追い打ちがあり、絹ものの販売を諦めなければならなくなった幸。
 当面、木綿ものの販売に特化するしかなくなってしまいましたが…

 いや~、本当に厳しい状況ですね。「みおつくし料理帳」は10巻できれいに終わっていますが、こちらはどこまで続くのでしょうか?

(9月24日読了)

 9/23の夕ごはんは「ヤンニョムチキン、小松菜ともやしの炒めもの、揚げない大学芋」でした。
 ヤンニョムチキンはコウケンテツさんの、大学芋はクラシエのレシピです。ありがとうございました。Img_20200923_222742

概算費用:鶏もも切身 ¥286、ピーナッツ ¥10、豚ロース ¥127、小松菜 ¥48、たまねぎ ¥9、もやし ¥9、しょうが ¥10?、さつまいも ¥97 計 ¥596

« 日本SF作家クラブの会長は池澤春菜さん | トップページ | 9/24の夕ごはんは「パリパリチキンステーキ、小松菜・ピーマン・ふとねぎの炒めもの」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本SF作家クラブの会長は池澤春菜さん | トップページ | 9/24の夕ごはんは「パリパリチキンステーキ、小松菜・ピーマン・ふとねぎの炒めもの」 »