2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« いつかの岸辺に跳ねていく◆加納 朋子 (著) | トップページ | 一眼レフ再挑戦(1) »

2019.09.08

手のひらの楽園 ◆宮木 あや子 (著)




手のひらの楽園


『手のひらの楽園 』

宮木 あや子 (著)
単行本 ¥1,620
出版社: 新潮社 (2019/7/18)
言語: 日本語
ISBN-10: 4103038349
ISBN-13: 978-4103038344
発売日: 2019/7/18

 

表紙を見て、宮木さん版の「島はぼくらと」かと思いましたが、そういう前提を置きながら、エステシャンを目指す高校生の青春をきれいに描いています。

”手のひらの楽園”が、エステの施術をする”手”と”島”の二つを表していて、主人公の中で”楽園”が変容するときに、象徴的に主人公の”手”も変容していきます。

しかし、そのいずれにもきちんと向き合っていく主人公にとても好感が持て、良いお話になっています。

明るく、軽く、描かれているため、今ひとつ重みがなく受け止められかねないですが、とても良い本です。誰にでもおすすめできる本だと思います。

(9月6日読了)

宮木さんの本の感想 リンクは「校閲ガール」にあります。

校閲ガール ◆宮木 あや子 (著)

« いつかの岸辺に跳ねていく◆加納 朋子 (著) | トップページ | 一眼レフ再挑戦(1) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« いつかの岸辺に跳ねていく◆加納 朋子 (著) | トップページ | 一眼レフ再挑戦(1) »