2020年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 無職転生 ~異世界行ったら本気だす~ (3) ◆理不尽な孫の手 (著), シロタカ (イラスト) | トップページ | 無職転生 ~異世界行ったら本気だす~ (4) ◆理不尽な孫の手 (著), シロタカ (イラスト) »

2019.07.16

中野のお父さんは謎を解くか ◆北村 薫 (著)

『中野のお父さんは謎を解くか 』

北村 薫 (著)
単行本 ¥ 1,296
出版社: KADOKAWA/メディアファクトリー (2014/5/22)
言語: 日本語
ISBN-10: 4040667557
ISBN-13: 978-4040667553
発売日: 2014/5/22

 北村さんらしい本です。
 本好きのお父さんが、過去の文芸に関する謎を解いていくというお話の続編です。
 いくつかの魅力的なエピソードをばらまきながら、芯となる謎を解いて、バラバ ラだったエピソードが上手く収束するという、北村さんの芸が光る短編集です。
 文芸が中心なだけに、芯になる謎は、「六の宮の姫君」を思い出させる、文芸や文学界の謎に迫るものもあり、楽しむことができました。自分にもう少し素養があれば、もっと楽しむことができたのでしょうが・・・。

 さて、この本とは全く関係ないのですが、「謎」という漢字がうかばず(最近よくあります…もとい、昔からよくありました)WEBで調べてみると(「謎 筆順」で調べるとよいです)、謎のしんにょうは、二点しんにょうだと知りました。

 もともと、日本の漢字は二点しんにょう(清時代の字)と法律で定められていたのに、「常用漢字」制定の時に合理化のため一点しんにょう(唐時代初の字)に 統一したという経緯があるため、常用漢字以外は二点しんにょうが正しい字だっ たようです。
 「謎」は2010年に「新常用漢字」に指定されたのですが、活字やフォントが 既に二点しんにょうで作られているために、二点しんにょうを正とし、一点しん にょうも許容するかたちで決められたということです。

 もっとも、書道の世界では一点しんにょうが普通だそうで、手書きは全て一点しんにょうで問題ないようです。

 常用漢字以外の漢字が旧字体なのは、少し面倒ですよね。「木花」島さんという名前が、=樺島さんだと気づくまでちょっとかかったりしました。 
 中国のように元の字がわからないほど簡略化するのもどうかと思いますが、中途半端だなあとは思います。

(6月21日読了)

« 無職転生 ~異世界行ったら本気だす~ (3) ◆理不尽な孫の手 (著), シロタカ (イラスト) | トップページ | 無職転生 ~異世界行ったら本気だす~ (4) ◆理不尽な孫の手 (著), シロタカ (イラスト) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 無職転生 ~異世界行ったら本気だす~ (3) ◆理不尽な孫の手 (著), シロタカ (イラスト) | トップページ | 無職転生 ~異世界行ったら本気だす~ (4) ◆理不尽な孫の手 (著), シロタカ (イラスト) »