2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2019年2月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月

2019.04.15

マカン・マラン - 二十三時の夜食カフェ◆古内 一絵 (著)

マカン・マラン - 二十三時の夜食カフェ
『マカン・マラン - 二十三時の夜食カフェ』
単行本 – 2015/11/21
古内 一絵 (著)
単行本 ¥ 1,620
出版社: 中央公論新社 (2015/11/21)
言語: 日本語
ISBN-10: 4120047881
ISBN-13: 978-4120047886
発売日: 2015/11/21

古内さんは「キネマトグラフィカ」以来、2冊めの本になります。

読みやすい、軽快で温かい物語です。これも、図書館で見つけて読みました。

深夜食堂と言うと、コミックやTV、映画化もされているあれとどうしても比較してしまいますが、古内さんの女性らしい観点と、LGBTを入れることで別の世界を作っています。

続巻も読んでいきたいと思います。

(1月28日読了)

2019.04.14

2019年本屋大賞

本屋大賞が発表されました。瀬尾さん、おめでとうございます。

最近の本屋大賞は、直木賞などの主要な文学賞にかぶることが多く、意味があるのかと疑問に思うことが多かったですが、好きな作家さんが選ばれて今年はとても満足です。

大賞『そして、バトンは渡された瀬尾まいこ(著)文藝春秋

2位『ひと』小野寺史宜(著)祥伝社

3位『ベルリンは晴れているか』深緑野分(著)筑摩書房

4位『熱帯』森見登美彦(著)文藝春秋

5位『ある男』平野啓一郎(著) 文藝春秋

6位『さざなみのよる』木皿泉(著)河出書房新社

7位『愛なき世界』三浦しをん(著)中央公論新社

8位『ひとつむぎの手』知念実希人(著)新潮社

9位『火のないところに煙は』芦沢央(著)新潮社

10位『フーガはユーガ』伊坂幸太郎(著)実業之日本社

また、翻訳小説部門も発表になっています。

大賞『カササギ殺人事件アンソニー・ホロヴィッツ著 山田蘭訳 東京創元社

2位『きげんのいいリス』トーン・テヘレン著 長山さき訳 新潮社

2位『元年春之祭』陸秋槎著 稲村文吾訳 早川書房

 こちらも大賞は超定番でしたが、聞いたことのない本も選ばれていて、とてもためになりました。

« 2019年2月 | トップページ | 2019年5月 »