2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~◆三上 延 (著) | トップページ | ひとり吹奏楽部 ハルチカ番外篇◆初野 晴 (著) »

2017.04.04

最悪の軍将◆朝井 まかて (著)


『最悪の軍将

単行本 – 2016/9/26
朝井 まかて (著)
¥ 1,728
単行本: 304ページ
出版社: 集英社 (2016/9/26)
言語: 日本語
ISBN-10: 4087710068
ISBN-13: 978-4087710069
発売日: 2016/9/26
商品パッケージの寸法: 19.5 x 14 x 2.4 cm

 犬公方こと5代将軍徳川綱吉を主人公とした歴史小説です。
 まかてさんは、すごいですね。彼女の歴史小説は歴史上の人物を少し違った見方で描き出す手法を使っているようですが、いずれの作品も成功していると言っていいと思います。
 この本でも、暗愚な将軍というイメージの強い綱吉を、文治政治を強力に推し進めた理知的で理想を追い求める将軍として描いており、自分も蒙を啓かれたと感じています。
 (3/4読了)

朝井まかてさんの本の感想

 実さえ花さえ 2009/03
 ちゃんちゃら 2010/11
 すかたん 2012/03
 先生のお庭番 2012/10
 ぬけまいる 2013/06
 恋歌 2013/10
 阿蘭陀西鶴 2014/11
 御松茸騒動 2015/02
 藪医 ふらここ堂 2015/11
  2016/08
 落陽 2016/11
 残り者 2016/12

« ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~◆三上 延 (著) | トップページ | ひとり吹奏楽部 ハルチカ番外篇◆初野 晴 (著) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最悪の軍将◆朝井 まかて (著):

« ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~◆三上 延 (著) | トップページ | ひとり吹奏楽部 ハルチカ番外篇◆初野 晴 (著) »