2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 天晴れアヒルバス◆山本幸久 (著) | トップページ | 出世侍 (三) 昨日の敵は今日も敵◆千野 隆司 (著) »

2016.12.03

ブルーネス◆伊与原 新 (著)


『ブルーネス』

単行本 – 2016/8/26
伊与原 新 (著)
¥ 1,998
単行本: 397ページ
出版社: 文藝春秋 (2016/8/26)
言語: 日本語
ISBN-10: 416390509X
ISBN-13: 978-4163905099
発売日: 2016/8/26
商品パッケージの寸法: 19.3 x 13.2 x 2.4 cm

 静岡に住んでいると、東海大地震の騒動がどれだけ大きなものだったか目に見えて理解できます。
 私の故郷、焼津の港と離岸堤を見れば、そこにかけられた予算の大きさが一目でわかります。
 地震予知に費やされた費用も同じように莫大なものであったと思いますが、普賢岳でも、熊本でも、もちろん311でも地震の予知などできないことが証明されつづけています。
 311の教訓は、地震予知に過大な期待をしないことと、本当に恐ろしいのは津波だということでした。
 焼津の海浜の整備も、311並みの津波が襲来した時には何の役にも立たないのかもしれません。
 しかし、この本を読んで、津波はきちんとした観測装置と避難準備を整えれば人的被害を極小にすることができることがよくわかりました。
 311に対する、伊予原さんの一つの答えなのだと思います。文句なく面白く、価値のある本だと思います。

10月27日 読了

« 天晴れアヒルバス◆山本幸久 (著) | トップページ | 出世侍 (三) 昨日の敵は今日も敵◆千野 隆司 (著) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74957/64561271

この記事へのトラックバック一覧です: ブルーネス◆伊与原 新 (著):

« 天晴れアヒルバス◆山本幸久 (著) | トップページ | 出世侍 (三) 昨日の敵は今日も敵◆千野 隆司 (著) »