2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 犬山城と明治村 2016鉄旅⑦ | トップページ | 月と太陽の盤 碁盤師◆宮内 悠介 (著) »

2016.12.21

直木賞の候補が発表されていました。

直木賞候補は、この5冊

冲方丁(うぶかた とう) 『十二人の死にたい子どもたち』 文藝春秋
恩田陸(おんだ りく) 『蜜蜂と遠雷』 幻冬舎
垣根涼介(かきね りょうすけ) 『室町無頼』 新潮社
須賀しのぶ(すが しのぶ) 『また、桜の国で』 祥伝社
森見登美彦(もりみ とみひこ) 『夜行』 小学館

うわー。今回は1冊も読んでいません。
いつも同じことを言いますが、少しづつ読んでいくつもりです。

そして、宮内さんが芥川賞候補になっています。
宮内さん。すごいです。直木賞候補にならなかったのは残念ですが…。

« 犬山城と明治村 2016鉄旅⑦ | トップページ | 月と太陽の盤 碁盤師◆宮内 悠介 (著) »

おぼえ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74957/64651329

この記事へのトラックバック一覧です: 直木賞の候補が発表されていました。:

« 犬山城と明治村 2016鉄旅⑦ | トップページ | 月と太陽の盤 碁盤師◆宮内 悠介 (著) »