2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 3 ◆大森 藤ノ (著) | トップページ | 8月6日給油しました。 »

2016.08.14

葵の月◆梶 よう子 (著)


『葵の月 』

単行本 – 2016/4/30
梶 よう子 (著)
¥ 1,836
単行本: 330ページ
出版社: KADOKAWA/角川書店 (2016/4/30)
言語: 日本語
ISBN-10: 4041038189
ISBN-13: 978-4041038185
発売日: 2016/4/30
商品パッケージの寸法: 19.5 x 13.2 x 2.2 cm

 徳川家治の継嗣である家基の突然の死の謎をめぐり、二人の若者の争いを、その許嫁の目を通して語る。という、とても魅力的な題材をうまく物語にしています。
 慎ましい導入から、徐々にスケールの大きくなるお話しなのですが、もっと大ぶろしきをひろげてもよかったのではないでしょうか。『ヨイ豊』で、市井ものから時代ものに傾向を変えている梶さんの代表作になる可能性があるくらい面白い題材だったと思います。

7月2日 読了

« ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 3 ◆大森 藤ノ (著) | トップページ | 8月6日給油しました。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 葵の月◆梶 よう子 (著):

« ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 3 ◆大森 藤ノ (著) | トップページ | 8月6日給油しました。 »