2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016.07.30

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 3 ◆大森 藤ノ (著)


『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 3 』

(GA文庫) 文庫 – 2013/5/16
大森 藤ノ (著), ヤスダスズヒト (イラスト)
¥ 648
文庫: 296ページ
出版社: SBクリエイティブ (2013/5/16)
言語: 日本語
ISBN-10: 4797373628
ISBN-13: 978-4797373622
発売日: 2013/5/16
商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.8 cm

6月28日 読了

2016.07.29

珈琲屋の人々 ちっぽけな恋◆池永 陽 (著)


『珈琲屋の人々 ちっぽけな恋』

(双葉文庫) 文庫 – 2015/5/14
池永 陽 (著)
¥ 710
文庫: 360ページ
出版社: 双葉社 (2015/5/14)
言語: 日本語
ISBN-10: 4575517836
ISBN-13: 978-4575517835
発売日: 2015/5/14
商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.5 x 2 cm

 良いです。良いんですが、そこはかとなく香る暴力肯定的な雰囲気にうなずけない自分がいます。

6月28日 読了

2016.07.28

ミレニアム 4 蜘蛛の巣を払う女 (下) ◆ダヴィド ラーゲルクランツ (著)


『ミレニアム 4 蜘蛛の巣を払う女 (下) 』

単行本(ソフトカバー) – 2015/12/18
ダヴィド ラーゲルクランツ (著), スティーグ ラーソン (その他),
ヘレンハルメ 美穂 (翻訳), & 1 その他
¥ 1,620
単行本(ソフトカバー): 360ページ
出版社: 早川書房 (2015/12/18)
言語: 日本語
ISBN-10: 4152095857
ISBN-13: 978-4152095855
発売日: 2015/12/18
商品パッケージの寸法: 19 x 13.3 x 2 cm

 『ミレニアム4』を書店で初めて見たとき、手が震えました。
著者は亡くなったはずなのに、一体どうやって?どこからか、遺稿が見つかったのか?
著者のメモをもとに、誰かが編纂したのか?一部で話題になった著者のパートナーの女性が著したのか?
手に取ってみて、出版社が全く別の作者に、完全に新たなストーリーを書かせたものでだとわかりました。
ショック。最低。そんなもの読めるかよ。

しかし、図書館で見かけて、借りて、読んでみるとその面白さにびっくりしました。
当然、オリジナルの著者に比べられることが分かっていて、それでも著作した作者の意気込みもすごいと思いますし、それにかけた出版社もすごいことです。出来上がった作品がこれだけ面白くなければ、出版することもできなかったでしょう。

6月26日 読了

2016.07.27

ミレニアム 4 蜘蛛の巣を払う女 (上) ◆ダヴィド ラーゲルクランツ (著)


『ミレニアム 4 蜘蛛の巣を払う女 (上) 』

単行本(ソフトカバー) – 2015/12/18
ダヴィド ラーゲルクランツ (著), スティーグ ラーソン (その他),
ヘレンハルメ 美穂 (翻訳), & 1 その他
¥ 1,620
単行本(ソフトカバー): 360ページ
出版社: 早川書房 (2015/12/18)
言語: 日本語
ISBN-10: 4152095849
ISBN-13: 978-4152095848
発売日: 2015/12/18
商品パッケージの寸法: 18.8 x 13.3 x 2 cm

6月19日 読了

2016.07.26

珈琲屋の人々◆池永 陽 (著)


『珈琲屋の人々』

(双葉文庫) 文庫 – 2012/10/11
池永 陽 (著)
¥ 669
文庫: 336ページ
出版社: 双葉社 (2012/10/11)
言語: 日本語
ISBN-10: 4575515264
ISBN-13: 978-4575515268
発売日: 2012/10/11
商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.8 cm

6月13日 読了

2016.07.25

筆跡はお見とおし◆山下 貴光 (著)


『筆跡はお見とおし』

単行本 – 2016/4/27
山下 貴光 (著)
¥ 1,512
単行本: 269ページ
出版社: 河出書房新社 (2016/4/27)
言語: 日本語
ISBN-10: 4309024629
ISBN-13: 978-4309024622
発売日: 2016/4/27
商品パッケージの寸法: 19 x 13 x 2 cm

 山下さんは嫌いな作家さんというわけではないのですが、『屋上ミサイル』以来、全く読んでいませんでした。
 「筆跡鑑定」は、日本では手相と同程度にしか扱われていないのに、欧米ではプロファイルなどにも利用されている技術のようです。日本では血液型性格判定が一般化しているのに欧米では疑似科学として全く相手にされないのと似ています。
 「筆跡鑑定」について知りたくて手に取ったのですが、ほんのおまけ程度しか出てこなかったので、ちょっとがっかりです。
 『屋上ミサイル』は全く覚えていないのですが、「ミサイル」が全然生きていないと自分で感想を書いており、そういう傾向の作家さんなのかな?と勘ぐってしまいました。
 3冊目を読めば、この感想が的外れなことが分かると思いますが…。

6月9日読了

2016.07.24

再開、インサイト日記

2年間、東京に単身赴任をしていたこともあり、中断していたインサイト日記を復活することにしました。
インサイトも廃番となってしまいましたが、購入して7年、まだまだ快調に走ってくれています。
ただ、ドライバーの年齢が進み、東京にいる間、運転機会が劇的に減ったことによる(特に長距離の)耐久力減少が心配です。
先日も犬山城に行こうかと思いましたが、自分の今のパワーでは難しいと思い、中止しました。
(トレーニングを積んで、近日実施予定です)

7月3日
給油しました。ENEOS 沓谷SS ¥4,102 33.35L \123/L
メーターは 51,205kmです。ここから再スタートします。

7月10日
HONDAにて助手席エアバックの交換をしてもらいました。
6月25日に車検をお願いして、7月3日に車検証(?シール)が出来たということで貼ってもらいに行き、今回リコールの工事で行きと、毎週HONDAに行っている感じです。
車検の時にリコール工事もやってくれれば良かったのに・・・。

7月23日給油しました

A・POINT静岡給油所 33.50L @125 4,187円

※ 距離計の指針を見ていなかったので、燃費計算は次回から。

2016.07.23

ちはやふる(32) ◆末次 由紀 (著)


『ちはやふる(32) 』

(BE LOVE KC) コミック – 2016/7/13
末次 由紀 (著)
¥ 463
コミック: 176ページ
出版社: 講談社 (2016/7/13)
言語: 日本語
ISBN-10: 4063945138
ISBN-13: 978-4063945133
発売日: 2016/7/13
商品パッケージの寸法: 18 x 12.8 x 2.2 cm

 全国高等学校かるた大会は、2日目の個人戦に突入。団体戦で昨年の覇者”新”を破った”ちはや”は、三度クィーンに対することになる。

7/14 読了

2016.07.07

私のサイクロプス◆山白 朝子 (著)


『私のサイクロプス 』

単行本 – 2016/3/31
山白 朝子 (著)
¥ 1,836
単行本: 286ページ
出版社: KADOKAWA/角川書店 (2016/3/31)
言語: 日本語
ISBN-10: 4041037271
ISBN-13: 978-4041037270
発売日: 2016/3/31
商品パッケージの寸法: 19 x 13.6 x 2.8 cm

6月7日 読了

2016.07.05

スタープレイヤー◆恒川 光太郎 (著)


『スタープレイヤー 』

(単行本) 単行本 – 2014/8/30
恒川 光太郎 (著)
¥ 1,620
単行本: 332ページ
出版社: KADOKAWA/角川書店 (2014/8/30)
言語: 日本語
ISBN-10: 4041019249
ISBN-13: 978-4041019245
発売日: 2014/8/30
商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 2.8 cm

 異世界もの、チートな主人公。まるで安っぽいラノベのような設定です。
 恒川さんなので、もっと感情に訴えてくるものがあるかと思ったのですが…。

6月7日 読了

2016.07.04

現代詩人探偵◆紅玉 いづき (著)


『現代詩人探偵 』

(ミステリ・フロンティア) 単行本 – 2016/3/12
紅玉 いづき (著)
¥ 1,620
単行本: 270ページ
出版社: 東京創元社 (2016/3/12)
言語: 日本語
ISBN-10: 4488017908
ISBN-13: 978-4488017903
発売日: 2016/3/12
商品パッケージの寸法: 19.5 x 13.6 x 2 cm

 梓崎さんの『叫びと祈り』を思い出させるような、本でした。
 詩人というのは、それほどまでに破滅的で厳しいものなのでしょうか。

5月31日読了

2016.07.03

ピスタチオ◆梨木 香歩 (著)


『ピスタチオ 』

(ちくま文庫) 文庫 – 2014/11/10
梨木 香歩 (著)
¥ 670
文庫: 340ページ
出版社: 筑摩書房 (2014/11/10)
言語: 日本語
ISBN-10: 4480432248
ISBN-13: 978-4480432247
発売日: 2014/11/10
商品パッケージの寸法: 14.6 x 10.6 x 1.6 cm

 梨木さんでは、たぶん初めてのアフリカを舞台にしたファンタジーです。
 アフリカの空気のの中で、ねっとりと神話的、因習的なものと現実との境目がなくなっていくところ、さすがだなと思いました。

5月25日 読了

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »