2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« ちはやふる(30)◆末次 由紀 (著) | トップページ | 世界が終わる街: 戦力外捜査官4◆似鳥 鶏 (著) »

2016.02.22

二度寝で番茶◆木皿 泉 (著)

『二度寝で番茶 』
(双葉文庫) 文庫 – 2013/9/12
木皿 泉 (著)
¥ 669
文庫: 328ページ
出版社: 双葉社 (2013/9/12)
言語: 日本語
ISBN-10: 4575714038
ISBN-13: 978-4575714036
発売日: 2013/9/12
商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.6 cm

 恐ろしいことに、2月が終わろうとしていますが読書録を全く書いていませんでした。
 これから、少しまとめて書いていくつもりです。 

 2016年の1冊目がエッセイになるとは思いませんでした。
 楽しく読めましたが、北杜夫さんのエッセイを初めて読んだ時、氏の博覧強記ぶりに驚いた記憶や、梨木果歩さんの心に響く美しい文章と。そうした周到さをかなぐり捨てて、言わなくてはいけないことを言ってしまう勇気に感動した記憶。そういうものに比べると、こんなものかなと思ってしまう。よく読んでいないジャンルだけに、期待値が高すぎるようです。

 

« ちはやふる(30)◆末次 由紀 (著) | トップページ | 世界が終わる街: 戦力外捜査官4◆似鳥 鶏 (著) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 二度寝で番茶◆木皿 泉 (著):

« ちはやふる(30)◆末次 由紀 (著) | トップページ | 世界が終わる街: 戦力外捜査官4◆似鳥 鶏 (著) »