2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 乙嫁語り 8巻◆森 薫 (著) | トップページ | 愚物語◆西尾 維新 (著) »

2015.12.20

箱根に行ってきました。

少し前になりますが、12月5日に箱根に行って、箱根登山鉄道とケーブルカーに乗ってきました。

 小田原と強羅の間を結ぶ箱根登山鉄道は、日本の鉄道では最も急な坂を上る普通の鉄道だそうです。
 途中スイッチバックが3回もあります。また、カーブが急なので、レールに水を撒く装置がついているとか、スイスの鉄道の技術を使っているとか車内のアナウンスでいろいろ教えてくれます。車内にスイスの鉄道の写真があったりします。
 スイッチバックでは、運転手と車掌さんが車両の横を歩いて場所を変えています。
Dsc_0004
 この写真は帰りに乗った車両で、最新型だと思います。

 ケーブルカーは、強羅から早雲山を結んでいます。
Dsc_1700
 単線で、各駅では両側のドアが開きます。しかし、すれ違い個所があるという、ちょっと不思議なケーブルカーです。これが普通なのでしょうか?
 目当ての施設に合わせてケーブルカーの左右のドアから出るようにアナウンスされますが、一部の駅では連絡通路がないため、ケーブルカーが駅に到着したときに、ケーブルカーの中を通って線路を渡ります。
 この時は無料で通れるということで、帰りの便では、自転車を引いた二人連れの青年が爽やかな笑顔を残してケーブルカー内を横切っていきました。

 早雲山から先のロープウェイが大涌谷周辺の火山活動の警戒のために動いていなかったため、今回は早雲山から来たルートを戻って小田原から静岡に帰りました。
 流石に有名な観光地だけあって、今回はどこにもよりませんでしたが、観光名所でいっぱいです。次は温泉につかって、一泊したいと思いました。


« 乙嫁語り 8巻◆森 薫 (著) | トップページ | 愚物語◆西尾 維新 (著) »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74957/62898528

この記事へのトラックバック一覧です: 箱根に行ってきました。:

« 乙嫁語り 8巻◆森 薫 (著) | トップページ | 愚物語◆西尾 維新 (著) »