2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

2015.11.30

戦場のコックたち◆深緑 野分 (著)

『戦場のコックたち』
単行本 – 2015/8/29
深緑 野分 (著)
¥ 2,052
単行本: 349ページ
出版社: 東京創元社 (2015/8/29)
言語: 日本語
ISBN-10: 4488027504
ISBN-13: 978-4488027506
発売日: 2015/8/29
商品パッケージの寸法: 19.2 x 13.2 x 2.6 cm

 はっきり言って、傑作です。そして、ミステリーです。
 「日常の謎」を戦場という「非日常」の世界で扱ったことも素晴らしいですし、戦争の悲惨さをこれでもかと書きながらも、主人公たちがその中で精一杯普通に生きていることにも撃たれます。
 深緑さんは、著作数も少なく、前作『オーブランの少女』もあまり話題になっていない、初物に近い作家さんです。ぜひたくさんの人に読んでもらって、みんなに期待されるようになり、さらにハイレベルな作品をたくさん生み出してもらいたいと思います。

2015.11.29

湘南モノレール&江ノ島電鉄に乗ってきました。

 11月21日に、湘南モノレールに乗ってきました。
 始発駅の大船です。湘南モノレールは、レールの下を電車が走る形です。

Dsc_1683

 楽しかったです。乗っていてこんなに楽しい乗り物は少ないんじゃないかと思います。
 お天気も最高に良かったので、窓から富士山を遠くに見ることができたり、湘南の海が見えたり、景色も素敵でした。

 終点の湘南江の島で降りて、電車道を腰越まで歩きます。

Dsc_1686

 歩いている間では、電車は1台しか通りませんでした。

Dsc_1687

 腰越駅から藤沢まで(とっても混んでいた)江ノ電に乗り、静岡に帰りました。

 江ノ電は路面電車ではないそうですが、併用区間があり、素人感覚では路面電車ですよね。
 次回は平日に、藤沢から鎌倉までゆっくり乗ってみたいと思います。

2015.11.28

天山の巫女ソニン(3) 朱烏の星◆菅野 雪虫 (著)

『天山の巫女ソニン(3) 朱烏の星』
(講談社文庫) 文庫 – 2014/3/14
菅野 雪虫 (著)
¥ 788
文庫: 288ページ
出版社: 講談社 (2014/3/14)
言語: 日本語
ISBN-10: 4062775905
ISBN-13: 978-4062775908
発売日: 2014/3/14
商品パッケージの寸法: 14.6 x 10.6 x 1.8 cm

天山の巫女ソニン(2) 海の孔雀◆菅野 雪虫 (著)

『天山の巫女ソニン(2) 海の孔雀』
(講談社文庫) 文庫 – 2013/11/15
菅野 雪虫 (著)
¥ 691
文庫: 304ページ
出版社: 講談社 (2013/11/15)
言語: 日本語
ISBN-10: 4062775891
ISBN-13: 978-4062775892
発売日: 2013/11/15
商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.2 cm

2015.11.27

天山の巫女ソニン(1) 黄金の燕◆菅野 雪虫 (著)

『天山の巫女ソニン(1) 黄金の燕』
(講談社文庫) 文庫 – 2013/9/13
菅野 雪虫 (著)
¥ 691
文庫: 304ページ
出版社: 講談社 (2013/9/13)
言語: 日本語
ISBN-10: 4062775883
ISBN-13: 978-4062775885
発売日: 2013/9/13
商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.6 cm

 あくまで子供向けに徹して、手を広げずコンパクトにまとまった、好感の持てるファンタジーです。
 この本を読んで、ファンタジー好きになってくれる人が増えると良いなあ。

2015.11.26

海の見える街◆畑野 智美 (著)

『海の見える街 』
(講談社文庫) 文庫 – 2015/9/15
畑野 智美 (著)
¥ 724
文庫: 368ページ
出版社: 講談社 (2015/9/15)
言語: 日本語
ISBN-10: 4062932105
ISBN-13: 978-4062932103
発売日: 2015/9/15
商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.4 x 1.6 cm

 『南部芸能事務所』の畑野さんの恋愛小説です。
 こういう困ったちゃんな女性はあまり好きではないのですが、楽しく読めました。

2015.11.25

王とサーカス◆米澤 穂信 (著)

『王とサーカス』
単行本 – 2015/7/29
米澤 穂信 (著)
¥ 1,836
単行本: 413ページ
出版社: 東京創元社 (2015/7/29)
言語: 日本語
ISBN-10: 4488027512
ISBN-13: 978-4488027513
発売日: 2015/7/29
商品パッケージの寸法: 19.4 x 12.8 x 1.2 cm

 米澤さんは大刀洗さんの成長を描いていくつもりなのでしょうか、フリーのルポライターとして仕事を始めた大刀洗さんがネパールの王族殺人事件で政情不安に陥ったカトマンズが舞台になります。
 さすが米澤さんで、ミステリーとして非常に高いレベルにあるのに、そう思わせないように納得させられますし、伏線がとても上手にちりばめられていて、無駄なく回収されています。
 しかし、この本の本題が大刀洗さんの成長にあるのならば、若干分かりやすすぎるきらいがあるように思います。ちょっと書きすぎちゃったかな?と思います。
 大刀洗さんを主人公にした次回作を心待ちにしています。
 

2015.11.23

二流小説家◆デイヴィッド・ゴードン (著)

『二流小説家』
〔ハヤカワ・ミステリ文庫〕 文庫 – 2013/1/25
デイヴィッド・ゴードン (著), 青木 千鶴 (翻訳)
¥ 1,080
文庫: 562ページ
出版社: 早川書房 (2013/1/25)
言語: 日本語
ISBN-10: 4151795014
ISBN-13: 978-4151795015
発売日: 2013/1/25
商品パッケージの寸法: 15.5 x 11 x 3 cm

 読後感がよくない本ですね。
 「その女アレックス」でも思いましたが、こういうグロテスクなお話は、翻訳本に多いようですね。

2015.11.22

梟のシエスタ◆伊与原 新 (著)

『梟のシエスタ』
単行本(ソフトカバー) – 2015/7/17
伊与原 新 (著)
¥ 1,512
単行本(ソフトカバー): 222ページ
出版社: 光文社 (2015/7/17)
言語: 日本語
ISBN-10: 4334910386
ISBN-13: 978-4334910389
発売日: 2015/7/17
商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 2 cm

 伊与原さんの、大学を舞台にしたミステリー?

続きを読む "梟のシエスタ◆伊与原 新 (著)" »

2015.11.21

昨夜のカレー、明日のパン◆木皿 泉 (著)

『昨夜のカレー、明日のパン』
単行本 – 2013/4/19
木皿 泉 (著)
¥ 1,512
単行本: 237ページ
出版社: 河出書房新社 (2013/4/19)
ISBN-10: 430902176X
ISBN-13: 978-4309021768
発売日: 2013/4/19
商品パッケージの寸法: 19 x 13.6 x 2 cm

 夫を亡くした「テツコ」とその舅で妻も亡くしていて天涯孤独な「ギフ」との穏やかな生活。
 彼女たちと、それを取り巻く人たち一人一人の主観1章ずつ、で連作短編のように描き出した作品です。
 「ギフ」の妻「夕子」の章が、短編としてもすごく良くて、「流星さんたち」に続いて今年は短編の豊作年です。

2015.11.20

為吉 北町奉行所ものがたり◆宇江佐 真理 (著)

『為吉 北町奉行所ものがたり』
単行本 – 2015/7/30
宇江佐 真理 (著)
¥ 1,728
単行本: 256ページ
出版社: 実業之日本社 (2015/7/30)
言語: 日本語
ISBN-10: 4408536709
ISBN-13: 978-4408536705
発売日: 2015/7/30
商品パッケージの寸法: 19 x 12.8 x 2.6 cm

 宇江佐さんが亡くなってしまって。新しいお話を読むことができないということが本当に悲しい。

 宇江佐さんの本は、決して読者の期待を裏切ることなく、深い満足を与えてくれました。
 この本も、どうということはないいつもの宇江佐さんの本ですが、この水準の本を年数冊刊行し続けることができる人が他にいるでしょうか・・・。
 朝井まかてさんに期待するくらいですが、やっぱり市井ものは、宇江佐さんにはかなわないような気がします。

2015.11.19

藪医 ふらここ堂◆朝井 まかて (著)

『藪医 ふらここ堂』
単行本(ソフトカバー) – 2015/8/20
朝井 まかて (著)
¥ 1,728
単行本(ソフトカバー): 338ページ
出版社: 講談社 (2015/8/20)
言語: 日本語
ISBN-10: 4062196891
ISBN-13: 978-4062196895
発売日: 2015/8/20
商品パッケージの寸法: 18.9 x 13.5 x 2.1 cm

 この本は、市井もの。
 西鶴のときの、しっかり者の娘にダメな父親という図式が生きています。

2015.11.18

日無坂◆安住 洋子 (著)

『日無坂』
単行本 – 2008/6
安住 洋子 (著)
※アマゾンで在庫なし
単行本: 183ページ
出版社: 新潮社 (2008/06)
ISBN-10: 4103070617
ISBN-13: 978-4103070610
発売日: 2008/06
商品パッケージの寸法: 19.4 x 13.2 x 2.6 cm

 安住さんの本を読んだのは、『春告げ坂―小石川診療記』以来の2冊目です。
 題材も安心できる市井ものですし、文章もとてもお上手だと思います。あまり有名にならないのは、著作の少なさ故なのでしょうか?

2015.11.17

分解日記 光二郎備忘ファイル◆大山 淳子 (著)

『分解日記 光二郎備忘ファイル』
単行本(ソフトカバー) – 2015/6/24
大山 淳子 (著)
¥ 1,620
単行本(ソフトカバー): 272ページ
出版社: 講談社 (2015/6/24)
言語: 日本語
ISBN-10: 4062195593
ISBN-13: 978-4062195591
発売日: 2015/6/24
商品パッケージの寸法: 18.8 x 13.4 x 2.4 cm

 大山さんは、シリーズもののホームドラマが得意なんだろうなと思います。
 単作で,登場人物が見えていない状態では、面白さがもう一つ見えて来ないような気がします。

2015.11.16

世田谷線に乗ってきました。

 路面電車と普通の電車の違いはよくわかりませんが、東京には荒川線のほかにもう一つ路面電車が残っています。それが、世田谷線になります。
 三軒茶屋から下高井戸の間を走る世田谷線。
 路面電車ですが、自動車と共用している部分はなく、踏切の部分などにそれらしい感じがありますが、普通のかわいい電車という感じです。
 今回は、三軒茶屋から終点の下高井戸まで乗りました。三軒茶屋の駅はとてもモダンで普通の駅でした。
 下高井戸の駅は、もっと機能重視で、全く普通の駅です。

Imgp0001

 駅を出ると、京王線の踏切があり、渋いアーケイド商店街があります。僕の行った時にはしまっている店が多い感じでした。

Imgp0002

 商店街と逆側に進むと、世田谷線の線路沿いの道があり、写真を撮るのにちょうどよかったので、何枚か撮りました。手ぶれがあって恥ずかしいのですが、持って行ったコンデジは手ぶれ補正のついていない古い機種なので、腕がそのまま出てしまいます。

Imgp0005

 下高井戸でざるそばを食べ、玉川上水公園を少し歩いて帰ってきました。


2015.11.15

エクソダス症候群◆宮内 悠介 (著)

『エクソダス症候群』
(創元日本SF叢書) 単行本 – 2015/6/29
宮内 悠介 (著)
¥ 1,836
単行本: 288ページ
出版社: 東京創元社 (2015/6/29)
言語: 日本語
ISBN-10: 4488018181
ISBN-13: 978-4488018184
発売日: 2015/6/29
商品パッケージの寸法: 19 x 13.4 x 2.4 cm

 火星の精神病院という特殊な舞台で、これまでの宮内さんの作品よりもよりSFらしい作品なのかと思ってしまいますが、実際はよりミステリー色の強い作品でした。
 SFと聞くとしり込みしてしまう人が多いので、少し心配ですが、逆にこれまでの本よりも読みやすい作品だと思います。

2015.11.14

人類最強の初恋◆西尾 維新 (著)

『人類最強の初恋』
(講談社ノベルス) 新書 – 2015/4/23
西尾 維新 (著), 竹 (イラスト)
¥ 972
新書: 278ページ
出版社: 講談社 (2015/4/23)
言語: 日本語
ISBN-10: 4062990407
ISBN-13: 978-4062990400
発売日: 2015/4/23
商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.8 x 2.2 cm

 戯言シリーズの人類最強、赤い請負人 哀川潤さんを主人公にしたスピンオフの作品です。
 戯言シリーズを読んだのがかなり前なので、すっかり忘れてしまっていますが、何となく懐かしく、楽しく読めました。

2015.11.12

おちゃっぴい 大江戸八百八◆堀川 アサコ (著)

『おちゃっぴい 大江戸八百八』
単行本(ソフトカバー) – 2015/7/22
堀川 アサコ (著)
¥ 1,674
単行本(ソフトカバー): 272ページ
出版社: 講談社 (2015/7/22)
言語: 日本語
ISBN-10: 4062196387
ISBN-13: 978-4062196383
発売日: 2015/7/22
商品パッケージの寸法: 19 x 13.2 x 1.8 cm

 宇江佐さんが亡くなったから言うのではないですが、僕の中では「おちゃっぴい」といえば宇江佐さんの本になってしまいます。
 堀川さんには悪いですが、主人公はおちゃっぴいとはちょっと違うような気もします。
 堀川さんらしく、少しホラーじみたところもあり、とても面白いお話でした。

2015.11.11

GIVER◆日野 草 (著)

『GIVER』
(単行本) 単行本 – 2014/8/30
日野 草 (著)
¥ 1,728
単行本: 251ページ
出版社: KADOKAWA/角川書店 (2014/8/30)
言語: 日本語
ISBN-10: 404102143X
ISBN-13: 978-4041021439
発売日: 2014/8/30
商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 1.6 cm

 「ジャイロスコープ」のあとがきかなんかで、伊坂さんが紹介していた本です。
 好きな人はたまらない本なのでしょうね。

2015.11.10

なみだ縮緬―着物始末暦5◆中島 要 (著)

『なみだ縮緬―着物始末暦5』
(ハルキ文庫 な) 文庫 – 2015/8/7
中島 要 (著)
¥ 670
文庫: 280ページ
出版社: 角川春樹事務所 (2015/8/7)
ISBN-10: 475843932X
ISBN-13: 978-4758439329
発売日: 2015/8/7
商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.4 x 0.6 cm

 着物始末暦も5冊目になりました。
 余一の頑固さもますます強くなってしまい、もう何と言ったらよいのか・・・。
 とっととくっついて幸せになっちゃえ!と思うのですが、なかなかそうさせないのがお話の妙なのでしょう。

2015.11.09

菜飯屋春秋◆魚住陽子 (著)

『菜飯屋春秋』
単行本 – 2015/6/10
魚住陽子 (著)
¥ 2,160
単行本: 332ページ
出版社: 駒草出版; 四六版 (2015/6/10)
言語: 日本語
ISBN-10: 4905447496
ISBN-13: 978-4905447498
発売日: 2015/6/10
商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 2.5 cm

 魚住さんは初めて読みました。
 女性らしい、柔らかい中にも凛々しい素敵な感覚の本でした。
 これといって記憶に残るようなエピソードがあるわけでもないのですが、読んでいるととても暖かく、柔らかい感じで引き込まれます。読んでいるとほっとするのですね。
 魚住さんの本は楽しみに、少しずつ読んでいこうと思います。

2015.11.08

宇江佐さんが亡くなってしまいました。

 時代小説の名手として知られ、「髪結い伊三次捕物余話」シリーズなどの代表作がある作家の宇江佐真理(うえざ・まり、本名伊藤香=いとう・かおる)さんが7日午前9時17分、乳がんのため北海道函館市の病院で亡くなった。
 66歳だった。北海道函館市出身。葬儀は10日午前11時から同市田家町5の29の赤坂中央斎場で。喪主は夫の伊藤仁司(いとう・ひとし)氏。
~時事通信~

 ファンとしては、読者の気持ちを裏切ることのない、宇江佐さんの誠実な著作にこれから出会うことができないかと思うと、喪失感が本当に大きいです。
 ご冥福をお祈ります。

 
 

続きを読む "宇江佐さんが亡くなってしまいました。" »

2015.11.07

まけるもんか 正義のセ◆阿川 佐和子 (著

『まけるもんか 正義のセ』
単行本 – 2015/7/2
阿川 佐和子 (著), 荒井 良二 (イラスト), アルビレオ (その他)
¥ 1,512
単行本: 416ページ
出版社: KADOKAWA/角川書店 (2015/7/2)
言語: 日本語
ISBN-10: 4041029813
ISBN-13: 978-4041029817
発売日: 2015/7/2
商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 2.8 cm

 「正義のセ」で新米検事だった凛々子が、中堅になって大阪で活躍する物語です。
 成長した凛々子に会えたのはよかったのですが、逆に言えば、それだけで終わってしまっているような気もします。
 シリーズなのだから、それで良いという方向に行くのか、完結しているものの「おまけ」的な1冊なのかでこの本の評価が変わってきてしまうと思います。

2015.11.06

本朝甲冑奇談◆東郷 隆 (著)

『本朝甲冑奇談』
(文春文庫) 文庫 – 2015/1/5
¥ 637
文庫: 289ページ
出版社: 文藝春秋 (2015/1/5)
言語: 日本語
ISBN-10: 4167902885
ISBN-13: 978-4167902889
発売日: 2015/1/5
商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.5 x 1.7 cm

 米澤さんがツィートしているのを読んで、図書館で借りました。単行本で読んでいます。
 東郷さんは1冊しか読んでいませんが、面白い作者さんです。また機会があれば、別の本も読んでみたいと思います。

2015.11.05

ひとりぼっちのあいつ◆伊岡 瞬 (著)

『ひとりぼっちのあいつ』
単行本 – 2015/3/23
伊岡 瞬 (著)
¥ 1,998
単行本: 457ページ
出版社: 文藝春秋 (2015/3/23)
言語: 日本語
ISBN-10: 4163902325
ISBN-13: 978-4163902326
発売日: 2015/3/23
商品パッケージの寸法: 18.8 x 13.2 x 3 cm

 伊岡さんは、安定して面白いのですが、今一つ有名になれていない感じです。
 この本は、ある理由で人間関係を自ら断とうとする男が、つい人を救ってしまったことで生まれてしまったしがらみで、どうしようもなく悲劇に進んでしまう様を描いています。
 難しいテーマをとても上手に処理していると思うのですが、やっぱり、バットエンドはどうやってもバットエンド。
ハッピーエンドでないと嫌なお子様な私には、ちょっと難しい本になっています。

続きを読む "ひとりぼっちのあいつ◆伊岡 瞬 (著)" »

2015.11.04

荒川線に乗ってきました。

 10月24日に荒川線に乗ってきました。
 東京では、最後に残った路面電車です。王子駅前のごく一部の部分が自動車道路と共用されていますが、全線のほとんどが専用線になっています。
 日比谷線三ノ輪駅から、歩いていくと、ガード下の荒川線の絵が迎えてくれます。

Dsc_0012

 荒川線の三ノ輪橋駅は、始発駅なので、こんな感じです。

Dsc_0013

 終着駅まで同一料金(170円)で、乗るときに料金を支払います。とってもお得。
 車両も路面電車らしいかわいい車両です。

Dsc_0014

 地域の人の足として活躍している電車らしく、どんどん人が乗ってきます。巣鴨のとげぬき地蔵のお祭りがあるらしく、若干利用客の年齢も高めです。年長の方に席を譲り、王子駅で下車しました。
 乗っているだけで十分楽しい電車なので、混んでいなければどんなに素敵かと思いますが、これだけのお客さんが乗っているので維持できているのでしょうね。

2015.11.03

上野池之端 鱗や繁盛記◆西條 奈加 (著)

『上野池之端 鱗や繁盛記』
単行本 – 2014/3/20
西條 奈加 (著)
¥ 1,512
単行本: 265ページ
出版社: 新潮社 (2014/3/20)
言語: 日本語
ISBN-10: 4103003162
ISBN-13: 978-4103003168
発売日: 2014/3/20
商品パッケージの寸法: 18.6 x 13.2 x 2.4 cm

 嫁入りした姉の代わりにと、請われて江戸に奉公に来たお末。しかし、ろくに給金ももらえずこき使われることになってしまいます。奉公先の「鱗や」は出会茶屋として使われており、出す料理もおざなりなものでした。
 お末は、婿入りしてきた若旦那と一緒に「鱗や」をちゃんとした料亭にしようと努力しますが…。

 最後のどんでん返しを含めて、よくできた本だと思います。

2015.11.02

春の嵐◆畑野 智美 (著)

『春の嵐』
単行本 – 2015/6/17
畑野 智美 (著)
¥ 1,620
単行本: 274ページ
出版社: 講談社 (2015/6/17)
言語: 日本語
ISBN-10: 4062195518
ISBN-13: 978-4062195515
発売日: 2015/6/17
商品パッケージの寸法: 19 x 13.6 x 2.8 cm

 南部芸能事務所の3冊目。続けて読んだので、若干マンネリを感じてしまいましたが、依然として面白い。
続編が楽しみなシリーズです。
 
 実は、この本を読んだのは8月の11日です。それから、25冊くらいの本を読んで本日になっています。
 11月に入ってしまって、この状況は非常にまずいです。感想を書こうにも忘れてしまっていることが多々あります。
 とりあえず、11月中に追いつくつもりです。

2015.11.01

ゲームセットにはまだ早い◆須賀 しのぶ (著)

『ゲームセットにはまだ早い』
単行本 – 2014/10/8
須賀 しのぶ (著)
¥ 1,51
単行本: 337ページ
出版社: 幻冬舎 (2014/10/8)
言語: 日本語
ISBN-10: 4344026497
ISBN-13: 978-4344026490
発売日: 2014/10/8
商品パッケージの寸法: 18.6 x 13 x 2.8 cm

 『雲は湧き光あふれて』を読んで、続けて予約しました。
 須賀さんは女性なのに、野球をよく知っているなあと感心しました。きちんと取材して書かれているのでしょう。
 確かに、直海から受ける感じが、「まほろ・・」の行天から受ける感じに似ていないこともないかなあ・・・。
そのあたりが女性作家ならではでしょうか。
 

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »