2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

2015.10.29

松山に行ってきました。

 ちょっと前の話になってしまいますが、10月17日、18日で松山に行ってきました。
 松山空港からバスで、松山市駅まで移動し、路面電車に乗って道後温泉駅に着きます。
Dsc_1558
 道後温泉、とても素敵な温泉街です。ホテルに荷物を預けて、路面電車で松山城まで戻ります。ロープウェイとリフトが並行で動いていますが、どちらも同じ値段なので迷わずリフトに乗って、松山城へ

Dsc_1604

 松山城は、想像していたより数倍楽しめるお城でした。城の郭が残ってるので、お城がどのように防御を固めていたかよくわかります。万里の長城のミニチュアのように山の斜面にずっと続いている登り石垣も残っていたりして、もう、ほんと、行ってみてください。絶対楽しい時間が過ごせます。

Dsc_1637
 松山城で汗をかいた後、ホテルに戻りお風呂セットを借りて道後温泉本館に行きました。一番安い、お風呂に入るだけのコースで入ったため、芋の子を洗うような状態でしたが、一応本館の風呂にも入り、ホテルで夕食。あとはホテルのお風呂に何回か入りました。ホテルは「ふなや」さんという老舗でした。夕食も朝食も、素材自体は普通のものなのに、手の加え方が違うのでしょうか、異常においしかった。高いだけのことはあると感心しました。

Dsc_1669
 翌日はお昼に鍋焼きうどんを食べたり、松本市駅のそごうの屋上観覧車に乗ったりして、まったりと楽しみました。
屋上観覧車は思ったよりも高く感じました。一番高いところから松山城を撮った写真です。
 不思議に屋上観覧車は関西に多いような気がするのですが、そんなことないのでしょうか?

 松山、とても良い町でした。また行きたいなあと素直に思えます。

2015.10.26

はやふる(29)◆末次 由紀 (著)

『はやふる(29)』
(BE LOVE KC) コミック – 2015/10/13
末次 由紀 (著)
コミック
¥ 463
コミック: 176ページ
出版社: 講談社 (2015/10/13)
言語: 日本語
ISBN-10: 4063804844
ISBN-13: 978-4063804843
発売日: 2015/10/13
商品パッケージの寸法: 18 x 12.8 x 2.2 cm

 なんと、ひょろ君が主役の1冊でした。
 作者もカバーに書いていましたが、長くやってるといろいろできてよいですね。

2015.10.06

3月のライオン 11◆羽海野チカ (著)

『3月のライオン 11』
(ジェッツコミックス) コミック – 2015/9/25
羽海野チカ (著)
¥ 525
コミック: 152ページ
出版社: 白泉社 (2015/9/25)
言語: 日本語
ISBN-10: 4592145216
ISBN-13: 978-4592145219
発売日: 2015/9/25
商品パッケージの寸法: 18 x 12.8 x 2.2 cm

 妻子捨男のお話も、無事終わったようです。よかった。
 零君の立ち位置がどんどん明確になってきて、安心しています。
 あかりさんが幸せになってもらいたいが、ふくふくな人となると・・・。

2015.10.01

八万遠◆田牧 大和 (著)

『八万遠』
単行本 – 2015/5/29
田牧 大和 (著)
¥ 1,728
単行本: 283ページ
出版社: 新潮社 (2015/5/29)
言語: 日本語
ISBN-10: 4103157356
ISBN-13: 978-4103157359
発売日: 2015/5/29
商品パッケージの寸法: 19.2 x 13.4 x 2.4 cm

 田牧さんの異世界ファンタジーです。
 十二国記の日本版って感じの日本に似た異世界での、中央集権制から封建制に移るあたりの物語のようです。

 最初は、あまりついていけないなあと思って読んでいましたが、中盤以降、少しずつ面白くなってきました。
 続きを早く読みたいなあ。

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »