2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

2015.08.23

ちはやふる(28) ◆末次 由紀 (著)

『ちはやふる(28) 』
(BE LOVE KC) コミック – 2015/8/12
末次 由紀 (著)
¥ 463
コ/ミック: 176ページ
出版社: 講談社 (2015/8/12)
言語: 日本語
ISBN-10: 4063804747
ISBN-13: 978-4063804744
発売日: 2015/8/12
商品パッケージの寸法: 18 x 12.8 x 2.2 cm

 3年の夏の大会がはじまって、ちはやはかるた部に帰ってくる。
 そして、「太一は何年後か、何十年後かいつか戻ってくる。それまでに自分はクィーンになり、瑞沢を北央学園のようなかるた強豪校にする。」と宣言します。
 ちはやはやっぱりいつまでも悩んでいることはできない子ですね。周囲を巻き込みながら、遮二無二突っ走っていないとちはやらしくありません。

 9/1 「ち」落ちを直しました。文章も少し手を入れました。

2015.08.06

花とアリス殺人事件◆乙一 (著), 岩井 俊二 (著)

『花とアリス殺人事件』
単行本 – 2015/2/4
乙一 (著), 岩井 俊二 (著)
¥ 1,512
単行本: 187ページ
出版社: 小学館 (2015/2/4)
言語: 日本語
ISBN-10: 4093864055
ISBN-13: 978-4093864053
発売日: 2015/2/4
商品パッケージの寸法: 19 x 13.8 x 2.2 cm

 岩井俊二さんの映画を乙一さんがノベライズしたものです。
 この映画は、ロトスコープアニメーションという、先に俳優が演技したフィルムに、アニメを上書きしていく作り方をするそうです。ですから、アニメなのに、主演は蒼井優と鈴木杏。昔と同じ二人です。
 昨今の映画は、CGを俳優に重ねるようなことは普通に行われているようですから、特に新しいわけではないのでしょうが、ちょっと見てみたい気もします。

続きを読む "花とアリス殺人事件◆乙一 (著), 岩井 俊二 (著)" »

2015.08.05

春や春◆森谷 明子 (著)

『春や春』
単行本(ソフトカバー) – 2015/5/20
森谷 明子 (著)
¥ 1,728
単行本(ソフトカバー): 345ページ
出版社: 光文社 (2015/5/20)
言語: 日本語
ISBN-10: 4334910254
ISBN-13: 978-4334910259
発売日: 2015/5/20
商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 2.6 cm

 文化系の部活動でのスポ根もの。
 コミック『ちはやふる』や、『四月は君の嘘』、『とめはねっ!』。
 最近読んだ『翼を持つ少女 BISビブリオバトル部』やアニメ化で話題の「ハルチカシリーズ」や映画化された『くちびるに歌を』など色々有りますが、「俳句甲子園」を扱ったものは初めてではないでしょうか?
 『翼を持つ少女』の気合の入れ方に比べると、ふんわりしていると感じますが、登場人物の個性もはっきり出ていて、とても楽しく読めました。
 おすすめの本です。

2015.08.04

BLOOD ARM ◆大倉崇裕 (著)

『BLOOD ARM 』
単行本 – 2015/5/30
大倉崇裕 (著)
¥ 1,620
単行本: 256ページ
出版社: KADOKAWA/角川書店 (2015/5/30)
言語: 日本語
ISBN-10: 4041028248
ISBN-13: 978-4041028247
発売日: 2015/5/30
商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 2.6 cm

 うわ!なにこれ!?
 というようなとんでもない展開と、B級感。
 大倉さんって間口の広さがハンパないってことがよくわかりました。

続きを読む "BLOOD ARM ◆大倉崇裕 (著)" »

2015.08.03

裏窓クロニクル◆友桐 夏 (著)

『裏窓クロニクル 』
単行本 – 2014/10/31
友桐 夏 (著)
¥ 1,836
単行本: 380ページ
出版社: 東京創元社 (2014/10/31)
言語: 日本語
ISBN-10: 4488027393
ISBN-13: 978-4488027391
発売日: 2014/10/31
商品パッケージの寸法: 19 x 13 x 2.6 cm

 よくわかりませんが、ミステリーというより、伝奇小説のような感じです。

2015.08.02

蓮花の契り 出世花 ◆高田 郁 (著)

『蓮花の契り 出世花 』
(ハルキ文庫 た 19-14 時代小説文庫) 文庫 – 2015/6/13
高田 郁 (著)
¥ 648
文庫: 299ページ
出版社: 角川春樹事務所 (2015/6/13)
言語: 日本語
ISBN-10: 4758439109
ISBN-13: 978-4758439107
発売日: 2015/6/13
商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.6 x 0.8 cm

 出世花の続編(完結編)です。
 出世花を読んでからずいぶん時間が経っているので、よく覚えていないのが正直なところです。なので、この本についての感想はパスさせてもらいます。
 

2015.08.01

かのこちゃんとマドレーヌ夫人◆万城目 学 (著)

『かのこちゃんとマドレーヌ夫人』
(角川文庫) 文庫 – 2013/1/25
万城目 学 (著)
¥ 514
文庫: 227ページ
出版社: 角川書店(角川グループパブリッシング) (2013/1/25)
言語: 日本語
ISBN-10: 4041006872
ISBN-13: 978-4041006870
発売日: 2013/1/25
商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.2 cm

 私は、ちくまプリマー新書版で読みました。ここの感想も、小説や童話など殆ど無いプリマー新書で何故?というテーマで書こうと思っていたら、角川文庫版が出ていて、プリマー新書版より安かったので、そちらにリンクを貼っています。
 筑摩書房のHPに著者本人のインタビューが載っていますので、リンクしておきます。
 

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »