« 11/22/63 上 ◆スティーヴン キング (著) | トップページ | サナキの森◆彩藤 アザミ (著) »

鬼はもとより◆青山 文平 (著)

『鬼はもとより』
(文芸書) 単行本 – 2014/9/10
青山 文平 (著)
¥ 1,836
単行本: 325ページ
出版社: 徳間書店 (2014/9/10)
言語: 日本語
ISBN-10: 4198638500
ISBN-13: 978-4198638504
発売日: 2014/9/10
商品パッケージの寸法: 19 x 13.6 x 2.6 cm

|

« 11/22/63 上 ◆スティーヴン キング (著) | トップページ | サナキの森◆彩藤 アザミ (著) »

コメント

 藩札発行という、特殊な仕事に注目したのが素晴らしく、江戸時代の池井戸潤みたいな感じになっています。
 封建制は、農業中心の経済を基礎にして政治体制なので、商業経済の発展にともなって、歪がどんどん大きくなり、維持できなくなっていきます。
 藩札発行と、産業振興によって、延命を図るわけですが、上手くいかないのは目に見えています。そこに、「死ぬこと」を前提とした武士道をからめて、美しいお話になっています。

投稿: t-saito | 2015.04.07 04:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74957/61320927

この記事へのトラックバック一覧です: 鬼はもとより◆青山 文平 (著):

« 11/22/63 上 ◆スティーヴン キング (著) | トップページ | サナキの森◆彩藤 アザミ (著) »