« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

最近見たビデオなど

『中二病でも恋がしたい! 』
中二病でも恋がしたい! (1) [Blu-ray]
福山潤 (出演), 内田真礼 (出演), 石原立也 (監督) 形式: Blu-ray
出演: 福山潤, 内田真礼, 赤﨑千夏, 浅倉杏美, 上坂すみれ
監督: 石原立也
形式: Color, Widescreen
字幕: 日本語
リージョンコード: リージョンフリー(全世界共通)
画面サイズ: 1.78:1
ディスク枚数: 1
販売元: ポニーキャニオン
DVD発売日: 2012/12/19
時間: 48 分
ASIN: B009A5R31K
EAN: 4988013253568

 CSで#1~#12一気に見ました。やっぱり、京アニはクオリティ高いです。

 マネーボール ブラッド・ピット主演。面白かった。
 ノッティングヒルの恋人 ジュリア・ロバーツがとても素敵。
 なくもんか 阿部サダヲ主演。ここでも竹内結子と夫婦役
 運命じゃない人 4人の視点である夜の出来事が語られるが、視点が変わる度に出来事の裏の面が暴き出され、とても面白い。ラストがよくわからなかったが・・・。
 ビューティフル・マインド  これと、ノッティングヒル・・・は昔見ていました。最初に見た時のようなサスペンス感が無いのが残念。
 カラスの親指 道尾さんの原作は読んでいるのですが、詐欺のお話だという以外はほとんど忘れていました。初期の道尾さんらしい、どんでん返しが最後に有りますが、お話自体は伊坂さんみたいな感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪とけ柳―着物始末暦〈4〉◆中島 要 (著)

『雪とけ柳―着物始末暦〈4〉 』
(時代小説文庫) 文庫 – 2015/2/14
中島 要 (著)
¥ 670
文庫: 264ページ
出版社: 角川春樹事務所 (2015/2/14)
ISBN-10: 4758438749
ISBN-13: 978-4758438742
発売日: 2015/2/14
商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.6 x 1.6 cm

 前作の感想で 『このシリーズには、柱となる”謎”や”敵”や”理想”が見られないので、迷走を始めてしまわないかちょっと心配。』と書きましたが、とりあえず敵役がはっきりしてきて、そこに主人公の生い立ちなどの秘密が関わってくるようです。
 スタート時点では、着物の始末についてのうんちく話で進めておいて、登場人物の顔がはっきり見えてきたところで、敵役と人間関係の因縁に話を持っていく。「ビブリア古書堂の事件手帖」もそうでしたし、定番なのかもしれません(学園モノアニメの3話目は海水浴であるとかと同じ・・・)。
 そうすると、下町和菓子栗丸堂シリーズもも同じパターンを歩むのでしょうか??

続きを読む "雪とけ柳―着物始末暦〈4〉◆中島 要 (著)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サナキの森◆彩藤 アザミ (著)

『サナキの森 』
単行本 – 2015/1/22
彩藤 アザミ (著)
¥ 1,512
単行本: 280ページ
出版社: 新潮社 (2015/1/22)
言語: 日本語
ISBN-10: 410338011X
ISBN-13: 978-4103380115
発売日: 2015/1/22
商品パッケージの寸法: 19.4 x 13.8 x 2.6 cm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鬼はもとより◆青山 文平 (著)

『鬼はもとより』
(文芸書) 単行本 – 2014/9/10
青山 文平 (著)
¥ 1,836
単行本: 325ページ
出版社: 徳間書店 (2014/9/10)
言語: 日本語
ISBN-10: 4198638500
ISBN-13: 978-4198638504
発売日: 2014/9/10
商品パッケージの寸法: 19 x 13.6 x 2.6 cm

| | コメント (1) | トラックバック (0)

11/22/63 上 ◆スティーヴン キング (著)

『11/22/63 上 』

ハードカバー – 2013/9/13
スティーヴン キング (著), Stephen King (原著), 白石 朗 (翻訳)
¥ 2,268
ハードカバー: 529ページ
出版社: 文藝春秋 (2013/9/13)
言語: 日本語, 日本語, 日本語
ISBN-10: 4163824804
ISBN-13: 978-4163824802
発売日: 2013/9/13
商品パッケージの寸法: 19 x 13.4 x 4.4 cm

 キングってオシャンベリだけど、本当に読ませるなあ・・・。という当たり前な感想。
 すごいよね。このストーリーテリングの上手さ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

(DVD) ゲーム・オブ・スローンズ 第一章

『ゲーム・オブ・スローンズ 第一章』

ゲーム・オブ・スローンズ 第一章:七王国戦記セット1(3枚組) [DVD]
ピーター・ディンクレイジ (出演), エミリア・クラーク (出演) 形式: DVD
価格: ¥ 818

ゲーム・オブ・スローンズ 第一章:七王国戦記セット2(2枚組) [DVD]
ピーター・ディンクレイジ (出演), エミリア・クラーク (出演) 形式: DVD
価格: ¥ 818

出演: ピーター・ディンクレイジ, エミリア・クラーク, キット・ハリントン, レナ・ヘディ, ニコライ・コスター=ワルドー
言語: 英語, 日本語
字幕: 日本語, 英語
販売元: ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
DVD発売日: 2014/11/05
ASIN: B00MMWHW7I
EAN: 4548967123715

 COCOさんがツィートしているのを読んで、見たいなあとおもったら、なんと、1,636円で第1章10話分を見ることができる!!ついつい注文してしまいました。
 とにかく、ティリオン役のピーター・ディンクレイジが素晴らしい。
 自分が思っていたイメージを上回ったのは、ティリオンとドロゴくらいでしょうか?
 (デナーリスもアリアも肉付きが良すぎな感じ)
 とは言え、ラストでデナーリス役のエミリア・クラークの見せた、凛とした強さとプロポーションの美しさが、すごく印象的でした。
 早速、2章を注文してしまいました。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヴァイオリン職人の探求と推理◆ポール・アダム (著)

『ヴァイオリン職人の探求と推理 』
(創元推理文庫) 文庫 – 2014/5/30
ポール・アダム (著), 青木 悦子 (翻訳)
¥ 1,166
文庫: 414ページ
出版社: 東京創元社 (2014/5/30)
言語: 日本語
ISBN-10: 4488178057
ISBN-13: 978-4488178055
発売日: 2014/5/30
商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 2 cm

 大変面白い本でした。ヴァイオリンというあまり接点のない物をテーマにし、殺人事件の謎解きと、幻のストラディヴァリの探求というロマン、慎ましやかなロマンスなど色々盛ってあり、一気に読み進まされるパワーの有る本でした。

続きを読む "ヴァイオリン職人の探求と推理◆ポール・アダム (著)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スイート・ホーム殺人事件〔新訳版〕

『スイート・ホーム殺人事件〔新訳版〕 』
(ハヤカワ・ミステリ文庫) 文庫 – 2009/9/5
クレイグ・ライス (著), 羽田詩津子 (翻訳)
¥ 972
文庫: 474ページ
出版社: 早川書房; 新訳版 (2009/9/5)
言語: 日本語
ISBN-10: 4150715599
ISBN-13: 978-4150715595
発売日: 2009/9/5
商品パッケージの寸法: 15.8 x 10.8 x 1.8 cm

 カーステア家は、推理作家の未亡人と、3人の子どもたちの4人家族。
 その隣家で殺人事件が!子どもたちは、お母さんが事件を解決すれば話題になって本がたくさん売れるはずと調査に乗り出すが・・・。
 とても楽しいミステリーです。確か、K島さんがツィートしていたのを読んで図書館で借りました。良い本でした。

続きを読む "スイート・ホーム殺人事件〔新訳版〕"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

僕と先生◆坂木 司 (著)

『僕と先生 』

単行本 – 2014/2/19
坂木 司 (著)
¥ 1,728
単行本: 336ページ
出版社: 双葉社 (2014/2/19)
言語: 日本語
ISBN-10: 457523849X
ISBN-13: 978-4575238495
発売日: 2014/2/19
商品パッケージの寸法: 19 x 13.6 x 3 cm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かたづの! ◆中島 京子 (著)

『かたづの! 』
単行本 – 2014/8/26
中島 京子 (著)
¥ 1,944
単行本: 392ページ
出版社: 集英社 (2014/8/26)
言語: 日本語
ISBN-10: 4087715701
ISBN-13: 978-4087715705
発売日: 2014/8/26
商品パッケージの寸法: 19 x 13.8 x 3 cm

 八戸の女城主「祢々」を主人公とした物語です。
 「かたづの」の目を通して語ることで、ファンタジー色がいっそう強く、結構悲惨な物語が暖かく語られています。
 戦国末期の女領主としては、井伊直虎が有名ですが(『女(おなご)にこそあれ次郎法師』梓沢要著に詳しい)、その少し後、八戸で女領主となり、その後現代まで存在しなわけですから、祢々は最後の女領主になるのですね。
 直虎が息子を出世させ、井伊家を徳川幕府の重鎮まで押し上げるのに成功しているのに比べて、祢々は多くのものを奪われて決して幸せな人生ではなかったと思いますが、争いを避けながら、凛として戦国時代を生き抜いていく姿がとても印象的で、楽しい読書が出来ました。

 なお、小説すばる連載当時に挿画を担当されていた瀬知エリカさんのブログ『瀬知エリカの絵手帳日記』に、挿画が掲載されていて、参照されると物語世界が一層くっきり見えてくるかもしれません。
 (お仕事のPRを兼ねたブログと判断して、無断でリンクさせてもらいました。すいません)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »