2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 店長がいっぱい◆山本 幸久 (著) | トップページ | もう年はとれない◆ダニエル・フリードマン (著) »

2015.02.15

GOSICK BLUE◆桜庭 一樹 (著)

『GOSICK BLUE』
単行本 – 2014/11/28
桜庭 一樹 (著)
¥ 1,188
単行本: 350ページ
出版社: KADOKAWA/角川書店 (2014/11/28)
言語: 日本語
ISBN-10: 4041023548
ISBN-13: 978-4041023549
発売日: 2014/11/28
商品パッケージの寸法: 18 x 12.8 x 2.8 cm

 前作「GOSICK RED」と時間軸が前後していたりしますが、その辺りはあまり気にせずに楽しんで読めばよいのだと思います。
 アニメ化以降、KADOKAWAも力を入れているようです。このまま、劇場アニメ化に向かって突き進んでもらいたいものです。
 (アニメは、全く見ていないので、無責任な事を言ってしまって、申し訳ありません)

 桜庭さんの本の感想

 GOSICK RED 2014/02
 桜庭一樹選 スペシャル・ブレンド・ミステリー 謎007  2013/04
 傷痕 2012/05
 本のおかわりもう一冊 (桜庭一樹読書日記) 2012/11
 GOSICKsIII 2011/02
 伏 贋作・里見八犬伝 2011/02
 本に埋もれて暮らしたい (桜庭一樹読書日記) 2011/03
 ばらばら死体の夜 2011/06
 GOSICKVIII上‐ゴシック・神々の黄昏‐ 2011/07
 GOSICKVIII下‐ゴシック・神々の黄昏‐ 2011/08
 製鉄天使 2010/02
 GOSICK ―ゴシック― 2010/04
 GOSICKII ―ゴシック・その罪は名もなき― 2010/04
 GOSICKIII ―ゴシック・青い薔薇の下で―  2010/04
 GOSICKs-ゴシックエス・春来たる死神ー 2010/05
 お好みの本、入荷しました (桜庭一樹読書日記)  2010/05
 GOSICK IV-ゴシック・愚者を代弁せよ- 2010/05
 GOSICKV-ゴシック・ベルゼブブの頭蓋- 2010/08
 GOSICKsII―ゴシックエス・夏から遠ざかる列車― 2010/10
 GOSICKVI ―ゴシック・仮面舞踏会の夜―  2010/12
 ファミリーポートレイト 2009/07
 書店はタイムマシーン―桜庭一樹読書日記  2009/07
 砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A lollypop or a bullet 2008/02
 私の男 2008/08
 ※ここにそれまでの感想のリンクが有ります。

« 店長がいっぱい◆山本 幸久 (著) | トップページ | もう年はとれない◆ダニエル・フリードマン (著) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GOSICK BLUE◆桜庭 一樹 (著):

« 店長がいっぱい◆山本 幸久 (著) | トップページ | もう年はとれない◆ダニエル・フリードマン (著) »