« 妖怪探偵・百目 1: 朱塗の街◆上田 早夕里 (著) | トップページ | 3月のライオン 10◆羽海野チカ (著) »

2014.11.27

口入れ屋おふく昨日みた夢◆宇江佐 真理 (著)

『口入れ屋おふく昨日みた夢』
単行本 – 2014/7/31
宇江佐 真理 (著)
¥ 1,620
単行本: 246ページ
出版社: KADOKAWA/角川書店 (2014/7/31)
言語: 日本語
ISBN-10: 4041019893
ISBN-13: 978-4041019894
発売日: 2014/7/31
商品パッケージの寸法: 19 x 13 x 2.4 cm

 口入れ屋は、江戸時代の派遣会社という感じでしょうか。
 口入れ屋「きまり屋」の娘「おふく」は、亭主に捨てられて出戻って、商売を手伝っている。
 急な依頼で、紹介できる女中がいなかったりすると、ピンチヒッターで狩り出されることも度々あり、適当な人が見つかるまでの短期間、住み込みの女中として様々な家を訪ねることになる。
 そこで、「家政婦は見た」的なのりになっていきます。
 素人の私が言うのも何ですが、これは書きやすい設定ですね。続編を期待しています。

|

« 妖怪探偵・百目 1: 朱塗の街◆上田 早夕里 (著) | トップページ | 3月のライオン 10◆羽海野チカ (著) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 口入れ屋おふく昨日みた夢◆宇江佐 真理 (著):

« 妖怪探偵・百目 1: 朱塗の街◆上田 早夕里 (著) | トップページ | 3月のライオン 10◆羽海野チカ (著) »