« 上流階級 富久丸(ふくまる)百貨店外商部◆高殿 円 (著) | トップページ | 今宵、喫茶店メリエスで上映会を◆山田 彩人 (著) »

2014.11.13

丕緒の鳥 十二国記◆小野 不由美 (著)

『丕緒の鳥 十二国記』
(新潮文庫) 文庫 – 2013/6/26
小野 不由美 (著), 山田 章博 (イラスト)
¥ 637
文庫: 358ページ
出版社: 新潮社 (2013/6/26)
言語: 日本語
ISBN-10: 4101240582
ISBN-13: 978-4101240589
発売日: 2013/6/26
商品パッケージの寸法: 15 x 10.8 x 1.6 cm

 ファンの人には申し訳ないのですが、十二国記シリーズは、世界観が大きく破綻しています。これは、作品の良い悪いに関係ないことなので、これについてとやかくいうつもりは全くありません。
 ただ、異常な世界観で作れれている世界では、そこで生きていく人の論理や倫理が当然変わってくるはずです。そこへ行き着いていないところ(現実な社会と同じような論理や倫理で人々が生きていること)がこのシリーズの最大の欠点なのではないかと思います。
 この世界の人々が「ロール」を重視し、「ロール」を果たすことに倫理を見出しているらしいことは、少なくとも、この世界観に沿ったものであり、作者もこの世界での倫理について、真剣に考えているとは思いますが、自分としては、まだまだ納得がいかない・・・と言うのが感想です。

 小野さんの本の感想
 
 東亰異聞 2002/01

 小野さんの本の感想をまとめようと思ったら、2002年にホームページを始める前に読んだ本がほとんどでした。
 (十二国記は「魔性の子」以外はたぶん読んでいます。その他の本は正直読んでいません)

|

« 上流階級 富久丸(ふくまる)百貨店外商部◆高殿 円 (著) | トップページ | 今宵、喫茶店メリエスで上映会を◆山田 彩人 (著) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 丕緒の鳥 十二国記◆小野 不由美 (著):

« 上流階級 富久丸(ふくまる)百貨店外商部◆高殿 円 (著) | トップページ | 今宵、喫茶店メリエスで上映会を◆山田 彩人 (著) »