« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

入り婿侍商い帖 (1)◆千野 隆司 (著),

『 入り婿侍商い帖 (1)』
(新時代小説文庫) 文庫 – 2014/9/10
千野 隆司 (著), 浅野 隆広 (イラスト)
¥ 626
文庫: 283ページ
出版社: KADOKAWA/富士見書房 (2014/9/10)
言語: 日本語
ISBN-10: 4040703138
ISBN-13: 978-4040703138
発売日: 2014/9/10
商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.8 cm

 先日、テレビで「一命」という映画をやっていたので、途中から見ました。
 藩が潰れて浪人になり傘張りをしている主人公(海老蔵)の、預かっていた子供(瑛太)と娘(満島)が夫婦になり、孫も生まれて幸せな家族になれたが、やはり、薄幸な満島さんは結核になってしまい、治療のために貧しい生活がさらに厳しくなってしまいます。
 孫が病気になった時に、とうとうどうしようもなくなって、瑛太は大名家の玄関で「腹を切らせてくれ」と因縁をつけるタカり(「狂言切腹」)をして、それじゃあどうぞと腹を切らされ、死んでしまいます。
 孫は病死、満島さんも後を追って自害。という最悪な状況に切れた主人公(キれる役は適役か?)が大名家に討ち入りに行ってしまうという、本当に馬鹿な、腹立たしい映画でした。
 江戸時代の武士は、何もしなくて百姓を搾取していただけのダニのような存在でしかなかったのに、階級社会のプライドや武士道などというクソッタレな寝言を後生大事にしている、ちょっと救いのない人たちです。

 そんな武士の中で、主人公は旗本家の部屋積みの立場から、一念発起、舂米屋の婿に入ることに決め、店を大きくしようと頑張っています。
 とても好感が持てます。続編が楽しみなシリーズです。
 

続きを読む "入り婿侍商い帖 (1)◆千野 隆司 (著),"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これはこの世のことならず: たましくる◆堀川 アサコ (著)

『 これはこの世のことならず: たましくる 』
(新潮文庫) 文庫 – 2013/10/28
堀川 アサコ (著)
¥ 562
文庫: 325ページ
出版社: 新潮社 (2013/10/28)
言語: 日本語
ISBN-10: 4101355843
ISBN-13: 978-4101355849
発売日: 2013/10/28
商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.4 cm

 シリーズ2作目です。
 明治、青森県、いたこ と「蒙さ」を意識したシリーズだと思っていますが、妙に明るくなってきてしまったような印象です。読みやすくなって、見通しがきくようになり、良いといえば良いのでしょうが・・・。

続きを読む "これはこの世のことならず: たましくる◆堀川 アサコ (著) "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

緋色の記憶◆トマス・H. クック (著)

『 緋色の記憶』
(文春文庫) 文庫 – 1998/3/1
トマス・H. クック (著), Thomas H. Cook (原著), 鴻巣 友季子 (翻訳)
文庫
¥ 669
文庫: 398ページ
出版社: 文藝春秋 (1998/03)
言語: 日本語
ISBN-10: 4167218402
ISBN-13: 978-4167218409
発売日: 1998/03
商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.8 cm

 お恥ずかしい話だが、クックさんは初めて読みました。
 道尾さんがつい先日、ご自身の作家生活10周年記念も兼ねて、クックさんに会いに行っています。ツィッターの記事を拝見すると、この作品の舞台の写真を見ることができます。
 道尾さんが尊敬する作家さんの代表作らしく、登場人物たちの書き込みが素晴らしく、目の前に情景が浮かび上がってくるような描写、映画を見ているように楽しむことのできる本でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

引かれ者でござい―蓬莱屋帳外控◆志水 辰夫 (著)

『引かれ者でござい―蓬莱屋帳外控 』
(新潮文庫) 文庫 – 2013/2/28
志水 辰夫 (著)
文庫
¥ 680
文庫: 402ページ
出版社: 新潮社 (2013/2/28)
言語: 日本語
ISBN-10: 4101345252
ISBN-13: 978-4101345253
発売日: 2013/2/28
商品パッケージの寸法: 15 x 10.8 x 1.6 cm

 『蓬莱屋帳外控』シリーズの2作目。やはり、主人公(蓬莱屋の飛脚たち)がお話ごとに変わるのが楽しい。
 足手まといを連れて逃げまわるパターンが多くなってしまい、足手まといたちの個性も話に特徴を出している。
 また、旅先で出会う人々が、しっかり書き込まれていて、それぞれがとても素敵で感心する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

泣き童子 三島屋変調百物語参之続◆宮部 みゆき (著)

『 泣き童子』
単行本 – 2013/6/28
宮部 みゆき (著)
単行本
¥ 1,836
単行本: 441ページ
出版社: 文藝春秋 (2013/6/28)
言語: 日本語, 日本語
ISBN-10: 4163822402
ISBN-13: 978-4163822402
発売日: 2013/6/28
商品パッケージの寸法: 19 x 12.8 x 3 cm

 『三島屋変調百物語参之続』も3冊目です。
 宮部さんのこのシリーズは、怖ろしさがきちんと出ていると思いますし、それが人の心のなかにあるものだということをよく抑えていると思います。とても面白いシリーズです。

続きを読む " 泣き童子 三島屋変調百物語参之続◆宮部 みゆき (著)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

迷いアルパカ拾いました◆似鳥 鶏 (著)

『迷いアルパカ拾いました』
文春文庫) 文庫 – 2014/7/10
似鳥 鶏 (著)
文庫
¥ 637
文庫: 239ページ
出版社: 文藝春秋 (2014/7/10)
言語: 日本語
ISBN-10: 4167901390
ISBN-13: 978-4167901394
発売日: 2014/7/10
商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.4 x 1.4 cm

 このシリーズも3冊目になりましたが、不思議とシリーズ名が決まっていないように思えます。
 『楓ヶ丘動物園シリーズ』とか、決めてしまったほうが良いように思いますが、思ったほど人気がないのかなあ?
 前作から急激に話の中心になってきている鴇先生(自分の脳内イメージでは富士先生@銀の匙)が、ツンデレと紹介され、ヒロインの座に収まってしまったり、なかなか楽しめるシリーズだと思います。
 (前回はお題がちょっと重すぎましたが、今回はまあまあ、動物園ミステリーらしいお話でした)

続きを読む "迷いアルパカ拾いました◆似鳥 鶏 (著)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちはやふる(26)◆末次 由紀 (著)

『ちはやふる(26)』
(BE LOVE KC) コミック – 2014/10/10
末次 由紀 (著)
¥ 463
コミック: 176ページ
出版社: 講談社 (2014/10/10)
言語: 日本語
ISBN-10: 4063804429
ISBN-13: 978-4063804423
発売日: 2014/10/10
商品パッケージの寸法: 17.2 x 11.2 x 1.4 cm

 26巻、名人戦が終わってかるたは一段落ですが、少女コミックらしい展開が待っていました。
 『ちはやふる』はスタート時点でちはやが高校3年生時にクィーンに挑戦することが決まっています。あと1年を切り、色々大詰めになってきました。次巻が楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カルテット!◆鬼塚 忠 (著)

『カルテット!』
(河出文庫) 文庫 – 2011/12/3
文庫
¥ 680
文庫: 266ページ
出版社: 河出書房新社 (2011/12/3)
ISBN-10: 4309411185
ISBN-13: 978-4309411187
発売日: 2011/12/3
商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.6 cm

 環境が変わったせいもありますが、ブログの更新がすっかり疎かになってしまっていて、この本は9月6日に読んでいるのですが、今頃になって感想を書こうにも、すっかり忘れ果ててしまっています。
 その間、「緋色の記憶」「猫弁と魔女裁判」「機巧のイブ」「阿蘭陀西鶴」など印象に残る本も読んでいますが、一向に感想がかけません。
 そこで、本日より、読んだ本を毎日記事にして、感想は後で追加したり、コメントに入れたりするようにします。
 その他、蒲田のことなど色々書きたいこともありますが、感想が追いついたところで少しづつ書いていきたいと思います。

 この本は、クラッシクの演奏(四重奏)を通じて、バラバラになりかけた家族がまたひとつになるという全く新味のないストーリーですが、それだけに安心して読むことが出来ました。
 多分、楽しみのための読書というのは、こういういい気持ちにさせてくれる本を読むことなのだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »