2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 風ヶ丘五十円玉祭りの謎◆青崎 有吾 (著) | トップページ | 死神の浮力◆伊坂 幸太郎 (著) »

2014.08.28

みのたけの春◆志水 辰夫 (著)

『みのたけの春』
(集英社文庫) 文庫 – 2011/11/18
志水 辰夫 (著)
¥ 843
文庫: 486ページ
出版社: 集英社 (2011/11/18)
言語: 日本語
ISBN-10: 4087467627
ISBN-13: 978-4087467628
発売日: 2011/11/18
商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.6 x 2.4 cm

 『青に候』に続いて、清水さんの時代小説2冊目です。
 今度の主人公は、前作とはガラリと違い、動乱の幕末期にあって、病身の母親を抱えてじっと動かず耐え忍ぶ事を選ぶタイプの人です。
 支配体制が変わったため、武士ととしての権利を奪われた「郷士」である主人公たち、友人の一人は、そんな境遇に耐えられず、刃傷沙汰を起こし、京都に出奔する。残された主人公は、彼の尻ぬぐいをすることになるが…。

« 風ヶ丘五十円玉祭りの謎◆青崎 有吾 (著) | トップページ | 死神の浮力◆伊坂 幸太郎 (著) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: みのたけの春◆志水 辰夫 (著):

« 風ヶ丘五十円玉祭りの謎◆青崎 有吾 (著) | トップページ | 死神の浮力◆伊坂 幸太郎 (著) »