« 2014年4月 | トップページ | 2014年7月 »

新参者◆東野 圭吾 (著)

『新参者』
[単行本]
東野 圭吾 (著)
価格: ¥ 1,728
単行本: 354ページ
出版社: 講談社 (2009/9/18)
言語: 日本語, 日本語
ISBN-10: 4062157713
ISBN-13: 978-4062157711
発売日: 2009/9/18
商品パッケージの寸法: 19 x 13.4 x 3 cm

 東野さんは、最初に読んだ本が悪くて、まったく読む気になれない作家さんでした。
 図書館にあったため、手にとって見ました。
 よくできていて、認識を改めました。しかし、刑事は単独で捜査するのでしょうか?
 テレビでは必ず二人一組で捜査していますが、それが間違い?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

立身いたしたく候◆梶 よう子 (著)

『立身いたしたく候』
[単行本(ソフトカバー)]
梶 よう子 (著)
価格: ¥ 1,728
単行本(ソフトカバー): 338ページ
出版社: 講談社 (2014/2/19)
言語: 日本語
ISBN-10: 4062187957
ISBN-13: 978-4062187954
発売日: 2014/2/19
商品パッケージの寸法: 18.8 x 13.4 x 2.4 cm

 江戸時代の武士階級は、何もせずに百姓に寄生していただけ。それがよくわかる本です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

教場◆長岡 弘樹 (著)

『教場』
[単行本]
長岡 弘樹 (著)
価格: ¥ 1,620
単行本: 294ページ
出版社: 小学館 (2013/6/19)
言語: 日本語
ISBN-10: 4093863555
ISBN-13: 978-4093863551
発売日: 2013/6/19
商品パッケージの寸法: 19.2 x 13.6 x 2.8 cm

 いや~。こんなことないだろ。警官に対する偏見強すぎ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

終物語 中◆西尾 維新 (著)

『終物語 中』
(講談社BOX) [単行本]
西尾 維新 (著)
価格: ¥ 1,620
単行本: 340ページ
出版社: 講談社 (2014/1/29)
言語: 日本語
ISBN-10: 4062838613
ISBN-13: 978-4062838610
発売日: 2014/1/29
商品パッケージの寸法: 18.6 x 13 x 2 cm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブラック・ラグーン 10 ◆広江 礼威 (著)

『ブラック・ラグーン 10 』
(サンデーGXコミックス) [コミック]
広江 礼威 (著)
価格: ¥ 596
コミック: 192ページ
出版社: 小学館 (2014/5/19)
言語: 日本語
ISBN-10: 4091573754
ISBN-13: 978-4091573759
発売日: 2014/5/19

 続きが出ることを期待していなかっただけに、嬉しい誤算です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

総理の夫◆原田 マハ (著)

『総理の夫』
[単行本]
原田 マハ (著)
価格: ¥ 1,836
単行本: 348ページ
出版社: 実業之日本社 (2013/7/11)
言語: 日本語
ISBN-10: 440853627X
ISBN-13: 978-4408536279
発売日: 2013/7/11
商品パッケージの寸法: 19.2 x 13.4 x 3 cm

 とても楽しく読めました。
 原田さんも、今の2世政治家のダメぶりに愛想を尽かしいるのでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

機龍警察 未亡旅団◆月村 了衛 (著)

『 機龍警察 未亡旅団』
(ハヤカワ・ミステリワールド) [単行本]
月村 了衛 (著)
価格: ¥ 2,052
単行本: 401ページ
出版社: 早川書房 (2014/1/24)
言語: 日本語
ISBN-10: 4152094311
ISBN-13: 978-4152094315
発売日: 2014/1/24
商品パッケージの寸法: 19 x 13.8 x 3.2 cm

 「ジェノサイド」で少年兵に触れていて、非常に衝撃的でした。平和ボケした日本人に世界の厳しさを見せ付けるような内容でした。..
 「機龍警察」シリーズ第4弾となる本書では、女性だけで構成されたイスラム武装集団(自爆テロ組織)に焦点が当たり、ここで登場するモビルスーツは”子供”しか装着できないものになっています。
 これまでの3冊がある意味わかりやすくテーマを描いていただけに、この本のテーマがわかりくいと感じてしまうのは、やはり、読み手の問題だということなのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春、戻る◆瀬尾 まいこ (著)

『春、戻る』
[単行本]
瀬尾 まいこ (著)
価格: ¥ 1,296
単行本: 200ページ
出版社: 集英社 (2014/2/5)
言語: 日本語
ISBN-10: 4087715485
ISBN-13: 978-4087715484
発売日: 2014/2/5
商品パッケージの寸法: 19.4 x 13.8 x 1.8 cm

 重い下敷きがありながら、瀬尾さんらしい暖かい、ほんわりするような描写のため、悲壮にならず、すっと心にしみてくるようなよいお話でした。
 今回、久しぶりに瀬尾さんの情報をウィキペディアで調べて、2011年に教職を退かれていることを知りました。『僕の明日を照らして』までと、それ以降の違いはそのあたりも要因なのかなと思いました。

続きを読む "春、戻る◆瀬尾 まいこ (著)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

加藤桃子さん、大活躍!

 地元静岡出身の女流棋士、加藤桃子さんが最近活躍しているようです。


毎日新聞 2014年05月08日 19時05分(最終更新 05月08日 19時46分)
 マイナビ女子 加藤奨励会1級が女王に

  将棋の第7期マイナビ女子オープン五番勝負(マイナビ主催)第4局が8日、大阪市福島区の関西将棋会館であり、挑戦者の加藤桃子・奨励会1級(19)が、里見香奈女王(22)を166手で降し、3勝1敗として初の女王を獲得した。

 里見は8月まで体調不良で休場中で、3月からのこの五番勝負のみ「タイトル保持者として責任を全うしたい」として対局していた。女流王座・女流名人の2冠に後退したが、「良い局面で乱れてしまったのを反省し、次に生かしたい。ゆっくり休んで自分なりに体調を万全な状態にできるよう努めたい」と話した。

 加藤は昨年12月、里見に女流王座を奪われて以来のタイトルとなった。「どの対局も充実していて、少しだけ成長できたと思えた」と振り返った。

2014年5月10日(土)22時5分配信 時事通信
 加藤さん、女性3人目の初段に-将棋

 東京・将棋会館で10日行われた対局で、奨励会1級の加藤桃子さん(19)が勝って12勝4敗の昇段規定を満たし、初段となった。現行規定で初段になった女性は里見香奈女流2冠(三段)、西山朋佳初段に続き3人目。
 8日に「女王」のタイトルを獲得した直後に、昇段を決めた加藤さんは「1級で長く停滞してしまったが、昇段できてうれしい」とコメントした。 

 里美さんの休養が心配ですが、里美さん1強の状況から、里美-加藤の2強状態になれば良いなと思っています。
 がんばれ、加藤桃子ちゃん。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ルパン、最後の恋◆モーリス・ルブラン (著), 平岡敦 (翻訳)

『ルパン、最後の恋』
〔ハヤカワ・ミステリ1863〕 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ) [新書]
モーリス・ルブラン (著), 平岡敦 (翻訳)
価格: ¥ 1,404
新書: 262ページ
出版社: 早川書房 (2012/9/7)
言語: 日本語, 日本語
ISBN-10: 4150018634
ISBN-13: 978-4150018634
発売日: 2012/9/7
商品パッケージの寸法: 18.6 x 10.4 x 1.4 cm

 cinemacafeさんによれば、

 日本アニメの金字塔とされ、宮崎駿監督の第一作として知られる『ルパン三世 カリオストロの城』。35年経った本作がデジタルリマスター版としてスクリーンに蘇ることが決定し、この度、当時の貴重な映像が使われている予告編が到着した。

 という記事が5月の始めに掲載されています。

 しかし、驚くことに本家本元のルパンの最後の事件として、この本、『最後の恋』は、発表から70年以上たって2012年に新作として刊行され、同年には日本でも翻訳が発行されています。
 さて、内容ですが、やはり古さは否めません。また、ストーリーもご都合主義的なところが多く、理性よりも感情、ロマンスに重点を置いて切るところなど、やっぱり、ルパンシリーズなんだなあと感心させられます(といっても、自分は2冊しか読んでいないのですが・・・)
 70年以上たって新作が出てしまうところなど、やはり、3世は1世を超えられない?ということでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちはやふる(24)◆末次 由紀 (著)

『ちはやふる(24)』
ちはやふる(24) (Be・Loveコミックス) [コミック]
末次 由紀 (著)
価格: ¥ 463
コミック: 176ページ
出版社: 講談社 (2014/4/11)
言語: 日本語
ISBN-10: 4063804224
ISBN-13: 978-4063804225
発売日: 2014/4/11
商品パッケージの寸法: 17.2 x 11.2 x 1.6 cm

名人戦、クイーン戦の始まりです。
太一がほとんど登場しなくて、ちょっとかわいそうな感じです(菫ちゃん並みの登場頻度?)。
白熱のクイーン戦ですが、何故か名人を良い人に持って行こうかとするような伏線が・・・。
名人は嫌な人のままで良いんじやないでしょうか?
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

空飛ぶ広報室◆有川 浩 (著)

『空飛ぶ広報室』
[単行本]
有川 浩 (著)
価格: ¥ 1,680
単行本: 462ページ
出版社: 幻冬舎 (2012/7/27)
ISBN-10: 4344022173
ISBN-13: 978-4344022171
発売日: 2012/7/27
商品パッケージの寸法: 19.2 x 13.6 x 3.8 cm

 こう言っては、有川さんに失礼かもしれませんが、3.11を経て追加された最終章でこの本の価値は飛躍的に向上しているようにおもえます。
 これがなければ、面白いだけで、これまでの本の焼き直しだと感じてしまったかもしれません。
 (好評だった高知県のお話と、得意の自衛隊ものをドキッングさせただけ)
 大きな悲劇を通じて、日本人の殆どが、いざ有事に本当に頼りになる存在として自衛隊を捉え、その存在自体を論争するようなナンセンスなことがなくなったとおもいます。
 戦争だけではなく、様々な非常時に、最後に我々を守ってくれるのは自衛隊だと思えば、膨大な国防費もしょうがないと思えます。できれば、戦闘機を買うより、自衛官の待遇改善にお金を使ってもらえると良いのですが・・・。

続きを読む "空飛ぶ広報室◆有川 浩 (著)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年7月 »