2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014.03.30

ばんば憑き◆宮部 みゆき (著)

『ばんば憑き』
(新人物ノベルス) [新書]
宮部 みゆき (著)
価格: ¥ 900
新書: 335ページ
出版社: 新人物往来社 (2012/7/12)
言語: 日本語
ISBN-10: 4404042248
ISBN-13: 978-4404042248
発売日: 2012/7/12
商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.8 x 2.2 cm

 宮部さんの時代物。得意の怪異もの短篇集です。
 ノンシリーズですが、「お文の影」で”おでこ”や”政五郎親分”が、「討債鬼」で深考塾の”青野先生”など、おなじみのメンバーが登場します。

続きを読む "ばんば憑き◆宮部 みゆき (著)" »

2014.03.07

第34回(2013)日本SF大賞

第34回(2013)日本SF大賞
『皆勤の徒』 酉島伝法 (東京創元社)

特別賞
『NOVA』全十巻 大森望責任編集(河出書房新社)

ヨハネスブルグの天使たち』宮内悠介(早川書房)

 昨年の大賞受賞に続いて、特別賞を受賞した宮内さん。
 凄いです。

2014.03.06

インサイト日記■給油しました。

2月19日 S-net静岡 藤枝横内SSで給油しています。

 19.31L 2,954円、@153円/L でした。
 積算距離計は 31,819km 今回の走行距離は332km

 燃費は17.19km/L でした。

 タイヤ交換前の給油です。インサイトの表示は18.5km/l でした。

2014.03.05

NISA口座の配当金

 NISA口座の配当や売買益は非課税になるはずですが、どうやって処理するのかが謎でした。
 今まで、配当金は郵便局で受け取るようにしていました。当然、源泉徴収された残りを受け取るのですが、配当する方の会社では、株式がNISA口座に入っているか、一般口座に入っているか区別するのでしょうか?その辺りのシステムが理解できないでいましたが、先日、証券会社から電話があり、「株式数比例配分方式」の申込をしないと、課税されてしまいますよ。とお教えてもらいました。
 なるほど、株式の配当金は、全て証券会社の口座に入るよう指定しておくことで、NISA口座分は非課税になるわけですね。なんとなくわかりました。
 これまで、配当は使ってしまっていましたが、証券会社の口座に入る事で無駄遣いがなくなるかもしれません。

2014.03.03

インサイト日記■エコタイヤに替えました。

2月22日にタイヤを替えました。
現在のエコタイヤは、ラベリング制度という公の評価があるようです。燃費に関係のある「転がり抵抗係数」と、雨の日の滑りやすさをあらわす「ウェットグリップ性能」を評価しており、それぞれ、AAA,AA,A,B,Cの5段階とa,b,c,dの4段階で表わされます。
僕の買ったのは、YOKOHAMAタイヤのブルーアースAE-01Fで、転がりがAAA、ウエットグリップがcの商品です。販売店で、42,000円でした。
 ディーラーで取り付けると、どうしてもお奨めの商品になってしまいますので、ちょっと手間はかかりましたが、AAAのエコタイヤを取り付けることができて満足しています。
 乗り心地も悪くなく、何となく燃費も良くなりそうな感じです。
 まあ、使い方で燃費が凄く変わってしまうのは良く分かっていますので、正確な数字を出すことはできないでしょうが、次の給油が楽しみです

2014.03.02

解錠師◆スティーヴ・ハミルトン (著)

『解錠師』
〔ハヤカワ・ミステリ1854〕 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ) [新書]
スティーヴ・ハミルトン (著), 越前敏弥 (翻訳)
価格: ¥ 1,890
新書: 427ページ
出版社: 早川書房 (2011/12/8)
言語: 日本語
ISBN-10: 4150018545
ISBN-13: 978-4150018542
発売日: 2011/12/8
商品パッケージの寸法: 18.4 x 10.6 x 2.2 cm

 『緑衣の女』に続いて、文春のミステリーランキングで、上位のもので図書館で借りられるものをボツボツ読んでいます。
 これは、2012年の海外ものの1位です。さすがに面白い。
 同仕様もなく、犯罪へ流されてしまう青年を描いたクライムノベルであると同時に、素敵な愛のお話にもなっています。
 これもお勧めです。

  

2014.03.01

緑衣の女◆アーナルデュル・インドリダソン (著)

『緑衣の女』
[単行本]
アーナルデュル・インドリダソン (著), 柳沢 由実子 (翻訳)
価格: ¥ 1,890
単行本: 360ページ
出版社: 東京創元社 (2013/7/11)
言語: 日本語
ISBN-10: 4488010016
ISBN-13: 978-4488010010
発売日: 2013/7/11
商品パッケージの寸法: 18.6 x 13 x 2.8 cm

 海外のミステリィはあまり読んでいないのですが、この本を読んで、北ヨーロッパの風土を強く感じました。
 全く、的外れかもしれません、シーラッハさんの『犯罪』の世界に似ているような気がしました。

 あまりにも激烈なDVについ顔を歪めて読んでしまうので、周りに人たちは、変な人だと思われたかもしれません。
 本当は、なんの救いにもなっていないのでしょうが、ラストで大きな救いを得たような気がしました。

 おすすめです。

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »