« ようこそ授賞式の夕べに (成風堂書店事件メモ(邂逅編)) | トップページ | 美雪晴れ―みをつくし料理帖◆高田 郁 (著) »

神様の値段: 戦力外捜査官2◆似鳥 鶏 (著)

『神様の値段: 戦力外捜査官2』
[単行本]
似鳥 鶏 (著)
価格: ¥ 1,470
単行本: 381ページ
出版社: 河出書房新社 (2013/11/29)
言語: 日本語
ISBN-10: 4309022294
ISBN-13: 978-4309022291
発売日: 2013/11/29
商品パッケージの寸法: 19.2 x 13 x 2.8 cm

 武井咲ちゃんの主演でTVドラマが放映中で、もっと話題になっても良さそうなものですが、話題になるところではなっているのかもしれません。
 似鳥さんは、咲ちゃんに会って話をしたり、サインもらったり、果ては握手をしたりしているのでしょうか?
 似鳥さんには、天井にしがみついている頭から血を流した女性がお似合いなのに・・・。悔しいです。

 冗談はさておき、映像の力の凄さ、海月さんが武井さんのイメージになってしまって・・・。これは良いことでしょうか悪いことでしょうか?

|

« ようこそ授賞式の夕べに (成風堂書店事件メモ(邂逅編)) | トップページ | 美雪晴れ―みをつくし料理帖◆高田 郁 (著) »

コメント

「残像」という本を読んでから、ジョン・ヴァーリーを数冊読んでいます。
その中の「ミレニアム」という本で、「人が最も感動的なのは、その仕事を全うしようとする時だ」という意味の文章がありました。
 墜落する飛行機の中の乗組員を描いている冒頭の部分だったとおもいます。
 それを思い出しました。

投稿: t-saito | 2014.03.06 04:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74957/59141840

この記事へのトラックバック一覧です: 神様の値段: 戦力外捜査官2◆似鳥 鶏 (著):

« ようこそ授賞式の夕べに (成風堂書店事件メモ(邂逅編)) | トップページ | 美雪晴れ―みをつくし料理帖◆高田 郁 (著) »