« 春高バレー 女子決勝を見た | トップページ | 冬虫夏草◆梨木 香歩 (著) »

2014.01.14

ジェノサイド◆高野 和明 (著)

『ジェノサイド 』

[単行本]
高野 和明 (著)
価格: ¥ 1,890
単行本: 590ページ
出版社: 角川書店(角川グループパブリッシング) (2011/3/30)
言語: 日本語
ISBN-10: 4048741837
ISBN-13: 978-4048741835
発売日: 2011/3/30
商品パッケージの寸法: 19 x 13.6 x 3.8 cm

 昨年の『盤上の夜』に続いて、今年もしょっぱなからすごい本にあたってしまいました。
 2011年山田風太郎賞受賞、2012年日本推理作家協会賞 長編部門受賞、2011年上期直木賞候補作。
 傭兵部隊に所属し、不治の病の息子の医療費を稼いでいるイエーガーに、破格の待遇での極秘任務のオーダーが来る・・・。同じ頃、急死した父親から不思議なメールを受け取った研人は、父の残した謎を追いかけ始める。
 想像以上にワクワク、ドキドキさせる内容でした。ショッキングな場面も多く、これが本当に現実の世界なのか?と恐ろしくなってしまうところが多々ありましたが、平和ぼけしてしまっている日本人の世界とは別の世界があるのだろうとは、ぼけなすの僕でも想像できます。シリアの難民や南スーダンの紛争の状況を見ても、この本の中にある世界のほうが、現実の世界に近いのだと…。

|

« 春高バレー 女子決勝を見た | トップページ | 冬虫夏草◆梨木 香歩 (著) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジェノサイド◆高野 和明 (著):

« 春高バレー 女子決勝を見た | トップページ | 冬虫夏草◆梨木 香歩 (著) »