2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 名もなき日々を 髪結い伊三次捕物余話◆宇江佐 真理 (著) | トップページ | インサイト日記■給油しました。 »

2013.12.08

しのぶ梅 着物始末暦◆中島 要 (著)

『しのぶ梅 』
(時代小説文庫) [文庫]
中島 要 (著)
価格: ¥ 650
文庫: 267ページ
出版社: 角川春樹事務所 (2012/11/15)
言語 日本語
ISBN-10: 4758437025
ISBN-13: 978-4758437028
発売日: 2012/11/15
商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.8 x 1.6 cm

 中島さんの本の中では、一番気に入っています。
 神田白壁町できものの始末屋を営む「余一」、余一に思いを寄せる神田岩本町の一膳飯屋の看板娘「お糸」、余一の馴染みの古着屋の主人「六助」を中心にお話が回ります。
 同じ登場人物のお話が4つ入っていますが、特に、表題作の「しのぶ梅」は良かったです。

« 名もなき日々を 髪結い伊三次捕物余話◆宇江佐 真理 (著) | トップページ | インサイト日記■給油しました。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: しのぶ梅 着物始末暦◆中島 要 (著):

« 名もなき日々を 髪結い伊三次捕物余話◆宇江佐 真理 (著) | トップページ | インサイト日記■給油しました。 »