« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

検事の本懐◆柚月 裕子 (著)

『検事の本懐 』
(宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ) [文庫]
柚月 裕子 (著)
価格: ¥ 690
文庫: 465ページ
出版社: 宝島社 (2012/11/6)
言語: 日本語
ISBN-10: 4800202892
ISBN-13: 978-4800202895
発売日: 2012/11/6
商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.6 x 1.6 cm

 読んだ順になっていません、年末のためと、隠蔽捜査シリーズと並べたほうが良いかな?という理由で今日の記事にします。
 柚月さんは初めて読みます。この本は、2011年11月の本ですが、12年の山本周五郎賞候補、13年の大藪春彦賞を獲得しています。 2010年の10月に大阪地検特捜部の証拠改ざん事件が発生して、検察に対する不信感が強かった時期でもあり、タイムリーな本だったと思います。
 連作短編集になっており、その時時に変わる語り手の視線から、主人公、佐方の活躍を描くシリーズです。
 特に、第4話拳を握る に検察の体質に対する批判が見られますが、それ以外のお話は、人情物のミステリーで、『検事の本懐』という題名からはちょっと違うなあというお話もあります。

 題名以外は、とても楽しく読めました。シリーズのその他の本を読むのが楽しみです。

続きを読む "検事の本懐◆柚月 裕子 (著)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宰領: 隠蔽捜査5◆今野 敏 (著)

『宰領: 隠蔽捜査5 』
[単行本]
今野 敏 (著)
価格: ¥ 1,680
単行本: 334ページ
出版社: 新潮社 (2013/6/28)
言語: 日本語, 日本語
ISBN-10: 4103002565
ISBN-13: 978-4103002567
発売日: 2013/6/28
商品パッケージの寸法: 19.2 x 14.2 x 3 cm

 大森署署長の竜崎のもとに、羽田空港から都内に向かった国会議員が行方不明との情報が入り・・・。
前にも書いたかもしれませんが、このシリーズは、警察機構の中の異端者である竜崎の(ある意味真っ当な)合理性を強調することで、警察機構自体の異常性を際だたせることにポイントがあると思いますが、シリーズが続くに連れて、竜崎がかっこいいだけの軽薄なものになりつつあります。竜崎自体も、現実の世界との平仄をとるためにどんどんキレがなくなっていると感じます。
 とはいえ、毎回楽しく読めることも確かです。未だ、今野さんの本シリーズ以外の本を読んでいませんが、来年はちょっと読んでみようかなとも思います。

続きを読む "宰領: 隠蔽捜査5◆今野 敏 (著)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インサイト日記■給油しました。

12月27日 S^net静岡 藤枝横内SS で給油しました。
鈴与と一光がくっついてできたS-netの新設のスタンド、藤枝横内SSで初めて給油しました。
ここは通勤の通り道なので、これから度々利用することになると思います。
Self24という名称は使わないようです。

 33.55L @151円 5066円
 積算距離計は 36427km 走行距離 537km
 燃費は 16.01km/L でした。

 最近、このぐらいになってしまっています。
 まだ山は残っていますが、エコタイヤに変えてみようかなあと考えています。
 使い方によるそうですが、3万キロくらいが交換の目安のようですし…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

竜との舞踏 (2) (氷と炎の歌 5)◆ジョージ・R.R. マーティン (著)

『竜との舞踏 (2) (氷と炎の歌 5) 』
[単行本]
ジョージ・R.R. マーティン (著), George R.R. Martin (原著), 酒井 昭伸 (翻訳)
価格: ¥ 3,150
単行本: 531ページ
出版社: 早川書房 (2013/10/25)
言語: 日本語
ISBN-10: 4152094133
ISBN-13: 978-4152094131
発売日: 2013/10/25
商品パッケージの寸法: 19 x 13 x 3.6 cm

 下巻でまとめて感想を書きますが、このシリーズの大変な数の登場人物、そしてその多くが死んでしまっていることに愕然とするのは私一人ではないと思います。
 勝者が作った歴史を読むよりも、現実の歴史の流れに近いのかもしれないなあ…と考えてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

胸の振子 妻は、くノ一 8 ◆風野 真知雄 (著)

『胸の振子 妻は、くノ一 8 』
(角川文庫) [文庫]
風野 真知雄 (著)
価格: ¥ 500
文庫: 235ページ
出版社: 角川書店(角川グループパブリッシング) (2010/8/25)
ISBN-10: 4043931085
ISBN-13: 978-4043931088
発売日: 2010/8/25
商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.2 cm

 次の刺客は、むかし雅江と一二を争っていたくノ一、浜路だった。
 一気読みしてしまった上に、ブログ掲載をサボっていたので、昨日と一昨日で6冊分の記事を掲載しています。
 むかしは、1つの記事に2冊や3冊を入れたりしていましたが、タグや検索性の関係で、今は1冊1記事に決めています。まとめた書いたため、中身の薄い記事になってしまっています。すいません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美姫の夢 妻は、くノ一 7◆風野 真知雄 (著)

『美姫の夢 妻は、くノ一 7』
(角川文庫) [文庫]
風野 真知雄 (著)
価格: ¥ 500
文庫: 222ページ
出版社: 角川書店(角川グループパブリッシング) (2010/4/24)
ISBN-10: 4043931077
ISBN-13: 978-4043931071
発売日: 2010/4/24
商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.4 x 0.6 cm

 織江に次の刺客、呪術師寒三郎が迫る。一方、彦馬には「犬うらない」で長崎の人と「波の向こう」の人、二人が運命に関わってくるという卦が出る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宵闇迫れば 妻は、くノ一 6◆風野 真知雄 (著)

『宵闇迫れば 妻は、くノ一 6』
(角川文庫) [文庫]
風野 真知雄 (著)
価格: ¥ 500
文庫: 257ページ
出版社: 角川書店(角川グループパブリッシング) (2009/8/25)
ISBN-10: 4043931050
ISBN-13: 978-4043931057
発売日: 2009/8/25
商品パッケージの寸法: 14.6 x 10.6 x 1.2 cm

 抜忍となった織江に最強の刺客が送られる。
 カムイ外伝みたいな感じになってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

月光値千両 妻は、くノ一 5◆風野 真知雄 (著)

『月光値千両 妻は、くノ一 5』
(角川文庫) [文庫]
風野 真知雄 (著)
価格: ¥ 540
文庫: 257ページ
出版社: 角川書店(角川グループパブリッシング) (2009/8/25)
ISBN-10: 4043931050
ISBN-13: 978-4043931057
発売日: 2009/8/25
商品パッケージの寸法: 14.6 x 10.6 x 1.2 cm

 抜忍となった織江と雅江は、お庭番の頭領・川村真一郎との対決を目論む。
 織江と静山の予想外の関係が明らかになり、お話は急展開を迎える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風の囁き 妻は、くノ一 4 ◆風野 真知雄 (著)

『風の囁き 妻は、くノ一 4 』
(角川文庫) [文庫]
風野 真知雄 (著)
価格: ¥ 500
文庫: 231ページ
出版社: 角川グループパブリッシング (2009/5/23)
ISBN-10: 4043931042
ISBN-13: 978-4043931040
発売日: 2009/5/23
商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.2 cm

 静山の文書を手に入れた織江は、その扱いを決めかねていたが、徐々に追い詰められていく。そんな時、母、雅江に抜忍となることをすすめられるが・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

身も心も 妻は、くノ一 3◆風野 真知雄 (著)

『身も心も 妻は、くノ一 3』
(角川文庫) [文庫]
風野 真知雄 (著)
価格: ¥ 500
文庫: 225ページ
出版社: 角川グループパブリッシング (2009/2/25)
ISBN-10: 4043931034
ISBN-13: 978-4043931033
発売日: 2009/2/25
商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.2 cm

 雙星彦馬の「甲子夜話」を下敷きにした日常の事件の解決、妻、織江のくノ一の仕事と彦馬への思い、松浦静山を中心とした幕府の鎖国体制への挑戦の三つが平行して進んでいます。
 鳥居耀蔵は、ラスボスにしてはちっちゃい感じですが、どういう役割を果たしていくのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

星影の女 妻は、くノ一 2 ◆風野 真知雄 (著)

『星影の女 妻は、くノ一 2 』
(角川文庫) [文庫]
風野 真知雄 (著)
価格: ¥ 500
文庫: 235ページ
出版社: 角川グループパブリッシング (2009/1/24)
ISBN-10: 4043931026
ISBN-13: 978-4043931026
発売日: 2009/1/24
商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1 cm

 先週は、本を読んでいないわけではなく、このシリーズをずっと読んでいました。
 (氷と炎の歌も読んでました)
 1冊読み終わると、すぐに次を購入してしまうという、サル状態です。
 現在9冊目を読んでいますが、このまま現在入手可能なものはすべて読み進めてしまうのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちはやふる(23)◆末次 由紀 (著)

『ちはやふる(23) 』
(Be・Loveコミックス) [コミック]
末次 由紀 (著)
価格: ¥ 450
コミック: 176ページ
出版社: 講談社 (2013/12/13)
言語: 日本語, 日本語
ISBN-10: 4063804100
ISBN-13: 978-4063804102
発売日: 2013/12/13
商品パッケージの寸法: 17 x 11.2 x 1.8 cm

 新と原田先生の死闘の末、名人・クイーンへの挑戦者も決まり、いよいよ名人戦も目の前。周防名人から対戦の呼び出しを受けたちはやは太一とともに大学を訪れるが、そこは・・・。
 あのタイミングで、新の一言。一気に少女漫画化するとおもいきや、やはり、スポ根マンガなのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【買い】4238 ミライアル 再度購入

 ミライアルが一気に落ちてきているので、再購入してみました。
 購入@1540円

 前回は、1550円買い、1621円売りでした。
 1月末には配当(30円)もつくと思うので、楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本ファンタジーノベル大賞が休止してしまいました。

 かなり前に、12月初めに発表されていたようです。

 日本ファンタジーノベル大賞 休止のお知らせ

 おぼえ に 2011年までの受賞作を転載していますが、素晴らしい顔ぶれです。この賞が無くなるのはとても残念です。
 この資料は、大賞のみを掲載していますので、第24回は該当作なしになります。

 第25回(2012年) 【大賞】 今年の贈り物 古谷田奈月

 が追加になり、最後になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第150回 直木賞候補作が発表されました。

第150回(2013年下期)の直木賞候補作が12/20に発表されました。

朝井まかて 「恋歌(れんか)」(講談社)
伊東 潤  「王になろうとした男」(文藝春秋)
千早 茜 「あとかた」(新潮社)
姫野カオルコ  「昭和の犬」(幻冬舎)
万城目 学 「とっぴんぱらりの風太郎(ぷうたろう)」(文藝春秋)
柚木麻子 「伊藤くんA to E」(幻冬舎)

 今回は、よく知っている作者さんが多いですね。一応、2冊読んでいるし。。。
 ここのところ、3回連続候補の伊東さんが受賞でしょうね。幻冬舎は受賞できないそうですし、朝井まかてさん、千早茜さんは初選出です。


最近、直木賞をチェックしていなかったので、以下にまとめます。

第149回(2013年上期)
桜木紫乃 『ホテルローヤル』 (受賞作)

候補
伊東 潤 『巨鯨の海』
恩田 陸 『夜の底は柔らかな幻』(上)(下)
原田マハ 『ジヴェルニーの食卓』
湊かなえ 『望郷』
宮内悠介 『ヨハネスブルグの天使たち

第148回(2012年下期)
朝井リョウ 『何者』 (受賞作)
安部龍太郎 『等伯』()() (受賞作)

候補
有川 浩 『空飛ぶ広報室』
伊東 潤 『国を蹴った男』
志川節子 『春はそこまで』
西 加奈子 『ふくわらい』

第147回(2012年上期)
辻村深月 『鍵のない夢を見る』 (受賞作)

候補
朝井リョウ 『もういちど生まれる』
貫井徳郎 『新月譚』
原田マハ 『楽園のカンヴァス
宮内悠介 『盤上の夜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

妻は、くノ一 ◆風野 真知雄 (著)

『妻は、くノ一 』
(角川文庫) [文庫]
風野 真知雄 (著)
価格: ¥ 540
単行本: 307ページ
文庫: 254ページ
出版社: 角川グループパブリッシング (2008/12/25)
ISBN-10: 4043931018
ISBN-13: 978-4043931019
発売日: 2008/12/25
商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.6 x 1.4 cm

 リンクはamazonの文庫版になっていますが、実際は、Yahoo!BooksでWEB版を購入しました。
 期限のあるYahoo!ポイントが溜まったため、慌てて消化するために購入した本の1冊です。
 寝床で使うことの多いNexus7では、キンドルのビュワーを使うと、縦書の文章が汚くて読めたものではありません。それに比べて、Yahoo!BooksのWEB版のビュワーは、とても綺麗に見れて、何も問題はありません(やや、目が疲れてしまいますが・・・)。現状では、キンドル版をお金を出して購入することはないと思います。(マンガは綺麗に見えるので問題ないのですが・・・。残念です)
 さて、読んでいるとびっくりするほど短時間で読めてしまって、文庫本より内容が薄いのではないのかと思えてしまうほどでした。それくらい、楽しく読めて、すぐに2冊めをダウンロードしてしまいました。
 怖いですね、寝ながら本が買えてしまうと、いくらでも際限なく読んでいくことができてしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昭和の犬◆姫野 カオルコ (著)

『昭和の犬 』
[単行本]
姫野 カオルコ (著)
価格: ¥ 1,680
単行本: 307ページ
出版社: 幻冬舎 (2013/9/12)
言語 日本語
ISBN-10: 434402446X
ISBN-13: 978-4344024465
発売日: 2013/9/12
商品パッケージの寸法: 19 x 13.6 x 2.8 cm

 姫野さんの本はあまり読んではいなのですが、『リアル・シンデレラ』を2011年のマイ・ベストに選んで以来、一応注意はしていました。この本は、『リアル・シンデレラ』以来の長編だということです。
 著者と同じ、昭和33年に滋賀県に生まれた女性「柏木イク」の四十数年の人生を、彼女と一緒に過ごしている犬や猫とともに遠い風景画のように描いたもので、著者の人生経験が大きく反映された本だと思います。
 同世代(1つ下です)の自分としては、よく分かることの多い本でした。
 僕は、何の苦労をすることもなく、この素晴らしい時代を過ごしてきたのに、今でも煩悩の塊のような存在ですが、主人公の美しい心の姿に憧れます。
 犬は、ともに生きる人を救ってくれる存在なのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

猫弁と少女探偵◆大山 淳子 (著)

『猫弁と少女探偵 』
[単行本(ソフトカバー)]
大山 淳子 (著)
価格: ¥ 1,470
単行本(ソフトカバー): 258ページ
出版社: 講談社 (2013/8/30)
言語 日本語
ISBN-10: 406218382X
ISBN-13: 978-4062183826
発売日: 2013/8/30
商品パッケージの寸法: 18.8 x 13.4 x 2.4 cm

 このシリーズ、大好きです。
 亜子の生家は豆腐屋ではなかったか?と思いましたが、「正義のセ」とこんがらがっていました。

 猫弁シリーズの感想
 猫弁 天才百瀬とやっかいな依頼人たち
 猫弁と透明人間
 猫弁と指輪物語

| | コメント (0) | トラックバック (0)

藍の糸―着物始末暦2 ◆中島 要 (著)

『藍の糸―着物始末暦2 』
(ハルキ文庫 な 10-2 時代小説文庫) [文庫]
中島 要 (著)
価格: ¥ 650
文庫: 275ページ
出版社: 角川春樹事務所 (2013/7/13)
言語 日本語
ISBN-10: 4758437580
ISBN-13: 978-4758437585
発売日: 2013/7/13
商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.4 x 1.6 cm

 中島要さんの本の感想
 刀圭 2013/03
 江戸の茶碗 まっくら長屋騒動記 2013/06
 晦日の月 六尺文治捕物控 2013/07

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インサイト日記■給油しました。

12月8日 A・POINT静岡給油所 で給油しました。
 35.95L @157円 5644円
 積算距離計は 35890km 走行距離 595km
 燃費は 16.55km/L でした。

 どうも、伸びません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しのぶ梅 着物始末暦◆中島 要 (著)

『しのぶ梅 』
(時代小説文庫) [文庫]
中島 要 (著)
価格: ¥ 650
文庫: 267ページ
出版社: 角川春樹事務所 (2012/11/15)
言語 日本語
ISBN-10: 4758437025
ISBN-13: 978-4758437028
発売日: 2012/11/15
商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.8 x 1.6 cm

 中島さんの本の中では、一番気に入っています。
 神田白壁町できものの始末屋を営む「余一」、余一に思いを寄せる神田岩本町の一膳飯屋の看板娘「お糸」、余一の馴染みの古着屋の主人「六助」を中心にお話が回ります。
 同じ登場人物のお話が4つ入っていますが、特に、表題作の「しのぶ梅」は良かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名もなき日々を 髪結い伊三次捕物余話◆宇江佐 真理 (著)

『名もなき日々を 』
[単行本]
宇江佐 真理 (著)
価格: ¥ 1,607
単行本: 266ページ
出版社: 文藝春秋 (2013/11/15)
言語 日本語
ISBN-10: 4163828001
ISBN-13: 978-4163828008
発売日: 2013/11/15
商品パッケージの寸法: 19 x 13.8 x 2.8 cm

 茜と伊与太がお話の中心です。松前藩の後継者争いに否応なく巻き込もれていく茜。大丈夫か??

続きを読む "名もなき日々を 髪結い伊三次捕物余話◆宇江佐 真理 (著)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【売り】4238 ミライアル 売却

結構長期間持ってしまった、ミライアルですが、12月2日に 1621円で売却しました。
これで、今年買った株で残ったのは8304あおぞら銀行だけになりました。
ここは、配当が付くまでは売却しない予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »