2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 鏡の花◆道尾 秀介 (著) | トップページ | 桜の首飾り◆千早 茜 (著) »

2013.11.10

島はぼくらと◆辻村 深月 (著),

『島はぼくらと 』
[単行本]
辻村 深月 (著), 五十嵐 大介 (装画)
価格: ¥ 1,575
単行本: 338ページ
出版社: 講談社 (2013/6/5)
言語 日本語
ISBN-10: 406218365X
ISBN-13: 978-4062183659
発売日: 2013/6/5
商品パッケージの寸法: 19 x 13.4 x 2.8 cm

 小豆島がモデルと思われる、離島”冴島”の男女4人の同級生たちの成長を通して、「地方」の姿を描いたとても素晴らしい本です。
 せっかくの舞台なのに、野球をやる子どもたちが、野球場まで泳いで行ったり、魚屋のおばさんが活魚(鯖?)の背骨を折って締めたりするていどしか環境面での素敵さが出ていないのですが、たぶん、もっと素晴らしい島だと思います。
 あっ、フェリーがお休みになるひtのとても美しい情景を忘れていました。

 冴島が気に入ってしまって、著者の描写に不満を持ってしまうくらいです。とにかく、冴島に行ってみったい!!

 とてもおすすめです。

 

« 鏡の花◆道尾 秀介 (著) | トップページ | 桜の首飾り◆千早 茜 (著) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 島はぼくらと◆辻村 深月 (著),:

« 鏡の花◆道尾 秀介 (著) | トップページ | 桜の首飾り◆千早 茜 (著) »