« 福家警部補の報告◆大倉 崇裕 (著) | トップページ | インサイト日記■給油しました。 »

恋歌◆朝井 まかて (著)

『恋歌』
[単行本]
朝井 まかて (著)
価格: ¥ 1,680
単行本: 290ページ
出版社: 講談社 (2013/8/22)
言語 日本語
ISBN-10: 4062185008
ISBN-13: 978-4062185004
発売日: 2013/8/22
商品パッケージの寸法: 19 x 13 x 3 cm

 明治初期に活躍した歌人 中島歌子の手記を弟子の三宅花圃が読むという形で物語は展開する。
 朝井さんとしては、非常にチャレンジングな作品で、それだけのものに仕上がっていると思います。残念ながら、「歌」の素養のない僕には、そちらの方での響き方が少なかったように思います。
 とはいえ、維新期の水戸藩が、本来会津以上に重要な役割を果たすべき時に混沌に陥ってしまった様子がよくわかりました。良い本だと思います。

 ここで比較するのは、まったくの素人の浅はかなものだと思いますが、今読んでいる、田辺聖子さんの『ひねくれ一茶』では、素人にもわかるように、句が活き活きと作品の中に存在していると思います。
 勝手な感想ですが、もう少しキャリアを積んでから挑戦したほうが良い素材だったとかもしれないと思います。すごい本に仕上がった可能性があったのでは?
 「利休にたずねよ」や「生きる」や「蜩ノ記」などの直木賞受賞作並みのポテンシャルがあったように思えます。

|

« 福家警部補の報告◆大倉 崇裕 (著) | トップページ | インサイト日記■給油しました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74957/58323844

この記事へのトラックバック一覧です: 恋歌◆朝井 まかて (著) :

« 福家警部補の報告◆大倉 崇裕 (著) | トップページ | インサイト日記■給油しました。 »