2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« こっちへお入り◆平 安寿子 (著) | トップページ | 9957 バイテック 売却 »

2013.10.12

ふたり女房 京都鷹ヶ峰御薬園日録◆澤田 瞳子 (著)

ふたり女房 京都鷹ヶ峰御薬園日録』
[単行本]
澤田 瞳子 (著)
価格: ¥ 1,680
単行本: 291ページ
出版社: 徳間書店 (2013/5/31)
言語 日本語
ISBN-10: 4198636079
ISBN-13: 978-4198636074
発売日: 2013/5/31
商品パッケージの寸法: 19.2 x 13.6 x 2.4 cm

 澤田さんは初めて読みます。
 渋いです。ほのぼのしてしまう時代物が多い傾向にあると思いますが、澤田さんのお話は基本的に弱者の悲哀を描いいています。ラストもややビターな味を残して終わります。暗くなりがちなお話を、京都の四季が救っているような感じです。

 舞台や人物設定のこり方からこれかも長い付き合いになると良いなと思っています。

« こっちへお入り◆平 安寿子 (著) | トップページ | 9957 バイテック 売却 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ふたり女房 京都鷹ヶ峰御薬園日録◆澤田 瞳子 (著):

« こっちへお入り◆平 安寿子 (著) | トップページ | 9957 バイテック 売却 »