« ダイナミックフィギュア(下) ◆三島 浩司 (著) | トップページ | Goose house Phrase #07 Soundtrack? »

福家警部補の挨拶◆大倉 崇裕 (著)

『福家警部補の挨拶 』
(創元推理文庫) [文庫]
大倉 崇裕 (著)
価格: ¥ 840
文庫: 347ページ
出版社: 東京創元社 (2008/12)
ISBN-10: 4488470025
ISBN-13: 978-4488470029
発売日: 2008/12
商品パッケージの寸法: 15 x 10.8 x 1.8 cm
,

 『刑事コロンボ』へのオマージュ作品のようです。
 解説を読んで、大倉さんの『刑事コロンボ』へののめり込み方がわかりました。文庫本は解説が付いているから良いですね(それが良くない場合も時々はありますが、まあ、読まなければ良いので・・・)。
 未だ1冊目なので、福家さんの個性が出てきていないようにも思えます。「コロンボ」のように犯人に合わせて色々やってみたり、ペットの犬が出てきたりするともう少し人間味が出て良いと思います。

 そういえば、『刑事コロンボ』の「試作品」みたいなのを見た覚えがあります。そこでのピーター・フォークは、髪がなでつけられていて、きちんとした背広を着ていたので、チョット嫌なおじさんになっていました。
 ボサボサパーマの頭や、ボロボロのコート、よれよれのネクタイなどのコロンボの姿も試行錯誤の上で出てきたものなのですね(この本とはなんの関係もありませんが)。

 大倉さんの本の感想

 三人目の幽霊 2006/08
 七度狐 2006/11
 やさしい死神 2007/11
 オチケン! 2008/02
 白戸修の狼狽 2010/07
 小鳥を愛した容疑者 2013/08
 オチケン探偵の事件簿 2013/08

|

« ダイナミックフィギュア(下) ◆三島 浩司 (著) | トップページ | Goose house Phrase #07 Soundtrack? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74957/58089901

この記事へのトラックバック一覧です: 福家警部補の挨拶◆大倉 崇裕 (著) :

« ダイナミックフィギュア(下) ◆三島 浩司 (著) | トップページ | Goose house Phrase #07 Soundtrack? »