« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

アニミ ちはやふる2 終了しました。

『ちはやふる2 Blu-ray BOX 上巻 』

出演: 瀬戸麻沙美, 宮野真守, 細谷佳正, 茅野愛衣, 奈良徹
監督: 浅香守生
形式: Color
言語 日本語
リージョンコード: リージョンA (詳細についてはこちらをご覧ください DVD/Blu-rayの仕様。)
ディスク枚数: 4
販売元: バップ
DVD発売日: 2013/05/22
時間: 276 分

 毎週、土曜日の朝に「日テレオンデマンド」で『ちはやふる2』を見るのを楽しみにしていましたが、今回終了になりました。
 小さな発見としては、声優さんも「ちはやふる」をそのまま濁らず読んでいたことです。Wikipediaで調べてみたら、清音でよむことが正しいと書いてありました。
 あと、この回の最高の見せ場、病院でちはやが新に電話するシーンですが、コミックスのびっくりするような誤りが、アニメではきちんと直されていました。いや・・・、アニメと見比べるまで気が付かなかったんですが・・・。

 さて、原作漫画でも異常なくらいの盛り上がりと感動があった2年夏の全国高校かるた大会が終わって、秋に向けて…というところで終わっています。

 コミックスでは、17巻の終盤です。現在21巻まで出ている状態ですので、単純計算ではつぎの2クールで25巻くらいまでになることになりますので、もう少し、お話が進んだところで『ちはやふる3』がスタートになると良いなと期待しています。

 「やめませんてば!」と力強く言い切って終わっていますので、かならず近いうちに『3』がみられるとおもいます。楽しみだなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京バンドワゴン ドラマ化されるようです

 日テレ系で亀梨くんが主演(青役)でドラマ化されるようです。作者のTweetで知りました。
 他のキャストはどうなるのでしょうか・

 私の希望キャストは『オブ・ラ・ディ オブ・ラ・ダ』の感想に書いてあります。青役は松潤希望だったのですが、ジャニーズ系で更に若い亀梨くんは良いのではないでしょうか。
 勘一役、我南人役が誰になるかとても楽しみです。

東京バンドワゴンシリーズの感想

 東京バンドワゴン
 シー・ラブズ・ユー
 スタンド・バイ・ミー
 マイ・ブルー・ヘブン
 オール・マイ・ラビング
 オブ・ラ・ディ オブ・ラ・ダ
 レディ・マドンナ
 フロム・ミー・トゥ・ユー

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

正義のセ 3◆阿川 佐和子 (著), 荒井 良二 (イラスト)

『正義のセ 3)』
[単行本]
阿川 佐和子 (著), 荒井 良二 (イラスト)
価格: ¥ 1,260
単行本: 275ページ
出版社: 角川書店(角川グループパブリッシング) (2013/3/26)
言語 日本語
ISBN-10: 4041104432
ISBN-13: 978-4041104439
発売日: 2013/3/26
商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 2.4 cm

続きを読む "正義のセ 3◆阿川 佐和子 (著), 荒井 良二 (イラスト)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

●革製ブックカバー(npyhr841さん-2)

 以前紹介した、npyhr841さんから、単行本用の牛革製ブックカバーを落札しました。
 このカバー、作りにちょっと問題があります。愛用しているレザークラフトマリボックスのカバーと比べてください。

Dsc_0785

 帯の部分の位置がだいぶ違います。正直に言って、ハードカバーは入れにくいです。革は紙と違って伸びるので、ある程度の厚さまでは入れることができますが、ちょっと厚めの本は大変になってしまいます。高さもあまり余裕がなく、ハードカバーを入れるとほとんど遊びがありません。きちきちです。
 しかし、ソフトカバーであれば、問題なく入れることができるので、もっぱらそちらで使っています。
 ソフトカバーの単行本は栞が紐が付いていないものがままありますので、結構便利に使えます。

 光の加減で返しの部分に大きなシワがあるように見えます。前にも言いましたが、表側と比べて、裏側の革はシワや傷が目立つものが使われて今が、実物を見れうと、写真のようなことはありません。きちんと作ってあります。

Dsc_0786

 柔らかい革で、シワが綺麗に入っていてとてもよい感じです。縫い目も綺麗です。

Dsc_0787

 角のRやコバの処理など、とても綺麗で感心させられます。
 ソフトカバー用としては、とても良いカバーです。気に入って使っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インサイト日記■給油しました。

6月19日に 宇佐美石油 1号丸子店さんで給油しました。


 31.24L ¥4,627円 (148円/L)
 
 積算距離は 30,274Km 走行距離は 598Km TNPは  19.14Km/L でした。

 割合良かったかなという数字です。

インサイト側での表示 (ここ3回続けて、20Km/L以上です)
Img_0236


| | コメント (0) | トラックバック (0)

●革製ブックカバー(cakes1014さん)

 cakes1014さんの革製ブックカバーの紹介です。
 cakes1014さんは、趣味で作成した革製品をヤフオクに出品されています。毎日数点の出品をされているような感じで、1日のオークション商品は5,6件です。
 出品数が少なく、知名度が低いせいでしょうか、比較的安価で落札することができました。
Dsc_0768

 こげ茶色の馬革です。適当な厚みがある、良い感じの革です。裏側(床?)が綺麗に処理してあります。
 返しの部分の幅がとても広くとってあるのが特徴的です。ハヤカワ文庫のトールサイズは入りません。

Dsc_0769

 糸が白っぽいため、ミシン目が目立ちます。たぶん、そういうデザインなのでしょう。
 艶も、手触りもとても良く、嬉しくなってくるような革です。
 
Dsc_0770

 すごいのは、このコバの処理です。磨きこまれて、光っています。
 2枚の皮を重ねてあるのに、まるで1枚の厚い革のようです。感激しました。

 このカバーに感激して、色々たくさん買ってしまい、cakes1014さんにはご迷惑をかけてしまいました。
 (今もかけ続けています) 大事に使いたいとおもいます。ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

休日の昼食●ペペロンチーノ風パスタ

 これは、先週の日曜日に作ったパスタです。
 とてもお気に入りのパスタで、ニンニク1欠けと鷹の爪1ケをオリーブオイルで炒めて香りを出しておいて、パスタを投入し、塩コショウしてサッと炒めたところに、丸鶏がらスープの素とパスタの茹で汁を入れて出来上がりです。
 鶏がらスープを入れる前の状態でも十分うまいのだと思いますが、一度入れるようになってからは、つい入れてしまいます。
 最後にオリーブオイルを追加してやると、もこみちっぽくて良いかもしれません。
Dsc_0805


| | コメント (0) | トラックバック (0)

休日の昼食●レタスチャーハン

 グルメ・クッキングなどのというカテゴリーはおこがましいですが、休日の昼飯を自分で作ることが多くなりました。
 乾麺の蕎麦を茹でてざるそばで食べるだけのことが多いのですが、材料があったりすると、ちょっと料理みたいなことをすることがあります。
 これは、先々週作ったレタスチャーハン。具はレタスと卵のみ。
 夕飯は、豚しゃぶをレタス中心に食べましたが、それ用のレタスの外側の葉っぱでつくりました。

 味付けにもう少し工夫が必要な感じです。
Dsc_0801


| | コメント (0) | トラックバック (0)

フロム・ミー・トゥ・ユー (8) (東京バンドワゴン)◆小路 幸也 (著)

『フロム・ミー・トゥ・ユー (8) (東京バンドワゴン)』
[単行本]
小路 幸也 (著)
価格: ¥ 1,575
単行本: 312ページ
出版社: 集英社 (2013/4/26)
言語 日本語
ISBN-10: 4087715108
ISBN-13: 978-4087715101
発売日: 2013/4/26
商品パッケージの寸法: 19 x 13.6 x 3 cm

 今回は、普段は脇役をやっている人たちのサイドストーリー(スピンオフ?)的な短篇集です。
 既に7冊読んでいる人達向けのお話で、人物の相関などある程度わかっていないと、読んでもわかりにくいところがあると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

正義のセ 2◆阿川 佐和子 (著), 荒井 良二 (イラスト)

『正義のセ 2』
[単行本]
阿川 佐和子 (著), 荒井 良二 (イラスト)
価格: ¥ 1,155
単行本: 238ページ
出版社: 角川書店(角川グループパブリッシング) (2013/3/26)
言語 日本語
ISBN-10: 4041104238
ISBN-13: 978-4041104231
発売日: 2013/3/26

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぬけまいる◆朝井 まかて (著)

『ぬけまいる』
[単行本]
朝井 まかて (著)
価格: ¥ 1,575
単行本: 354ページ
出版社: 講談社 (2012/10/30)
言語 日本語
ISBN-10: 4062180022
ISBN-13: 978-4062180023
発売日: 2012/10/30

 猪鹿蝶の三人娘(といっても、江戸時代では中年増の28歳)がそれぞれの事情を抱えて、お伊勢さんにぬけまいりに出かける。その道中を楽しく描いています。
 恋あり、商売あり、博打あり、大立ち回りありとイベントいっぱいで楽しめます。

 朝井まかて さんの本の感想

 実さえ花さえ
 すかたん
 先生のお庭番

| | コメント (0) | トラックバック (0)

永遠をさがしに◆原田 マハ (著)

『永遠をさがしに』
[単行本]
原田 マハ (著)
価格: ¥ 1,575
単行本: 245ページ
出版社: 河出書房新社 (2011/11/18)
ISBN-10: 4309020747
ISBN-13: 978-4309020747
発売日: 2011/11/18
商品パッケージの寸法: 19.8 x 13.9 x 2.8 cm

 原田ハマ さんの本の感想
 楽園のカンヴァス

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PK◆伊坂 幸太郎 (著)

『PK 』
[単行本]
伊坂 幸太郎 (著)
価格: ¥ 1,260
単行本: 226ページ
出版社: 講談社 (2012/3/8)
言語 日本語
ISBN-10: 4062174960
ISBN-13: 978-4062174961
発売日: 2012/3/8
商品パッケージの寸法: 19 x 14 x 2.2 cm

 伊坂幸太郎さんの本の感想

 重力ピエロ  2007/09
 死神の精度 200712
 終末のフール 2008/09
 フィッシュストーリー 2008/11
 アヒルと鴨のコインロッカー 2008/12
 チルドレン 2009/01
 陽気なギャングが地球を回す 2009/03
 陽気なギャングの日常と襲撃 2009/03
 砂漠 2009/06
 魔王 2009/07
 ゴールデンスランバー 2009/12
 モダンタイムス 2010/03
 あるキング 2010/08
 グラスホッパー 2011/02
 マリアビートル 2011/02
 オー!ファーザー 2011/10

 こうやって見ると、2011年の10月以降は伊坂さんの本を読んでいなかったのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

正義のセ◆阿川 佐和子 (著), 荒井 良二 (イラスト)

『正義のセ 』
[単行本]
阿川 佐和子 (著), 荒井 良二 (イラスト)
価格: ¥ 1,260
単行本: 243ページ
出版社: 祥伝社 (2012/7/24)
言語 日本語
ISBN-10: 4396633920
ISBN-13: 978-4396633929
発売日: 2012/7/24
商品パッケージの寸法: 19.2 x 13.2 x 2.2 cm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

江戸の茶碗 まっくら長屋騒動記◆中島 要 (著)

『江戸の茶碗 まっくら長屋騒動記 』
[単行本]
中島 要 (著)
価格: ¥ 1,470
単行本: 243ページ
出版社: 祥伝社 (2012/7/24)
言語 日本語
ISBN-10: 4396633920
ISBN-13: 978-4396633929
発売日: 2012/7/24
商品パッケージの寸法: 19.2 x 13.2 x 2.2 cm

 落語に『井戸の茶碗』というものがあり、善人しか出てこない人情味あふれるおはなしで、大変人気があるそうです(図書館でCDを借りて、古今亭志ん朝師匠で聞きました)。
 連作短編集ですが、表題作の「江戸の茶碗」は落語と同じように善良さが幸せを呼ぶとても清々しいお話で、これだけでも満腹できそうな内容です。
 とりあえず、表題作だけでも読んでみてはいかがでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ストレイヤーズ・クロニクル ACT-3 ◆本多 孝好 (著)

『ストレイヤーズ・クロニクル ACT-3 』
[単行本(ソフトカバー)]
本多 孝好 (著)
価格: ¥ 1,050
単行本(ソフトカバー): 320ページ
出版社: 集英社 (2013/4/5)
言語 日本語
ISBN-10: 408771506X
ISBN-13: 978-4087715064
発売日: 2013/4/5
商品パッケージの寸法: 18.8 x 13.4 x 2.8 cm

続きを読む "ストレイヤーズ・クロニクル ACT-3 ◆本多 孝好 (著) "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インサイト日記■給油しました。

6月4日に 宇佐美石油 1号丸子店さんで給油しました。


 28.61L ¥4、177円 (146円/L)
 
 積算距離は 29,676Km 走行距離は 539Km TNPは  18.84Km/L でした。

 まあ、これくらいでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

●革製ブックカバー(wornmoon11さん)

 今回紹介するのはwornmoon11さんの羊革製ブックカバーです。
 Dsc_0762

 とても柔らかいのに、しっかりしていて手触りもよく、良い革だと思います。あまりにも均質すぎて、折角手作りなのに既成品みたいな雰囲気が漂います。

Dsc_0763

 とても丁寧に手縫されています。糸の端の処理には、接着剤も使っているようです。
 綺麗です。縫製を最低限にとどめている(革の端をぐるっと縫いこむようなことはしていません)のに、きちんとした感じです。

Dsc_0764

 革の裏側の処理がしっかりしているのか、特にコバの処理をしていないようですが、毛羽立ちなどもありません。
 僕は、もっと革らしい革(シワやキズがあったほうが良いです。コバは処理してあったほうが好きですが、裏面は少し汚れがあるくらいのほうがハンドメイドっぽくて良くないですか?)が好きなので、せっかくの手縫いなのにハンドメイドらしさが消えてしまっているようで残念です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本ファンタジーノベル大賞おぼえ

第1回(1989年) 【大賞】 後宮小説 酒見賢一
第3回(1991年) 【大賞】 バルタザールの遍歴 佐藤亜紀
第5回(1993年) 【大賞】 イラハイ  佐藤哲也
第6回(1994年) 【大賞】 バガージマヌパナス  池上永一
           【大賞】 鉄塔 武蔵野線 銀林みのる
第9回(1997年) 【大賞】 燃えるがままにせよ※「ベイスボイル・ブック」に改題 井村恭一
第10回(1998年 【大賞】  オルガニスト  山之口洋
第11回(1999年) 【大賞】 信長 あるいは戴冠せるアンドロギュヌス 宇月原晴明
第13回(2001年) 【大賞】 太陽と死者の記録 ※「クロニカ 太陽と死者の記録」に改題 粕谷知世
第14回(2002年) 【大賞】  ショート・ストーリーズ ※「世界の果ての庭」に改題 西崎憲
第15回(2003年) 【大賞】  太陽の塔/ピレネーの城 ※「太陽の塔」に改題 森見登美彦
第16回(2004年) 【大賞】  ラス・マンチャス通信 平山瑞穂
第17回(2005年) 【大賞】  金春屋ゴメス 西條奈加
第18回(2006年) 【大賞】  僕僕先生 仁木英之
第19回(2007年)  【大賞】  厭犬伝 弘也英明
第20回(2008年) 【大賞】  天界の都 ある建築家をめぐる物語 ※「天使の歩廊 ある建築家をめぐる物語」に改題 中村弦
第21回(2009年) 【大賞】  月桃夜 遠田潤子
            【大賞】  増大派に告ぐ 小田雅久仁
第22回(2010年) 【大賞】  わだつみの鎮魂歌 ※「前夜の航跡」に改題 紫野貴李
第23回(2011年) 【大賞】  さざなみの国 勝山海百合

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »