2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 糸車◆宇江佐 真理 (著) | トップページ | 体育館の殺人◆青崎 有吾 (著) »

2013.05.17

●革製ブックカバー(putikoubou さん)

 今回紹介するのは、putikoubouさんの馬革ハンドメイドブックカバーです。ヤフオクのここで落札しました。
 putikoubouさんは自己紹介に記事はありません。ご自身で作られているものをオークションに上げているようです。
 革と布の間にスポンジを入れてあり、柔らかい感触を出しているのが特徴です。

Dsc_0753

 今回落札したものは、馬革のヌバック(革の表面<銀面>を加工して毛羽立たせてもの、登山靴などに使われるそうです)という初めての革で、スポンジのふわふわ感とヌバックのしっとりした柔らかい感触でとても不思議な感じのカバーになっています。

Dsc_0747

 スポンジが入っているので、かなり厚めです。ハヤカワ文庫のトールサイズは入りません。手元にある650ページの本は入りましたので、普通の文庫本が入らないことは先ず無いと思います。

Dsc_0752

 文庫本用と単行本用を落札しました。ちょっと変わり種のブックカバーですが、この不思議な手触り、病みつきになってしまう人もいるのではないでしょうか。

« 糸車◆宇江佐 真理 (著) | トップページ | 体育館の殺人◆青崎 有吾 (著) »

お買い物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ●革製ブックカバー(putikoubou さん):

« 糸車◆宇江佐 真理 (著) | トップページ | 体育館の殺人◆青崎 有吾 (著) »