« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

限界集落株式会社◆黒野 伸一 (著)

”限界集落株式会社”

『限界集落株式会社』

[単行本]
黒野 伸一 (著)
単行本: 381ページ
出版社: 小学館 (2011/11/25)
言語 日本語
ISBN-10: 4093863156
ISBN-13: 978-4093863155
発売日: 2011/11/25
商品の寸法: 18.6 x 13.2 x 2.4 cm

| | コメント (1) | トラックバック (0)

恋物語◆西尾 維新 (著), VOFAN (イラスト)

”恋物語”

『恋物語』
(講談社BOX) [単行本(ソフトカバー)]
西尾 維新 (著), VOFAN (イラスト)
価格: ¥ 1,365
単行本(ソフトカバー): 292ページ
出版社: 講談社 (2011/12/21)
言語 日本語, 日本語
ISBN-10: 4062837927
ISBN-13: 978-4062837927
発売日: 2011/12/21
商品の寸法: 18.6 x 13 x 2 cm

| | コメント (1) | トラックバック (0)

マツリカ・マジョルカ◆相沢 沙呼 (著)

”マツリカ・マジョルカ”

『マツリカ・マジョルカ』
[単行本]
相沢 沙呼 (著)
価格: ¥ 1,575
単行本: 250ページ
出版社: 角川書店(角川グループパブリッシング) (2012/3/1)
言語 日本語
ISBN-10: 4041101158
ISBN-13: 978-4041101155
発売日: 2012/3/1
商品の寸法: 19 x 13.6 x 3 cm

| | コメント (1) | トラックバック (0)

6月24日の釣り(鎌ケ崎 3匹)

6月24日は羽衣の松の北側、鎌ケ崎に行きました。
すでに入っている方に聞いたところ、ゴミが多い。今1匹釣れた。
ということでしたが、こちらが仕掛けの準備をしていると、Wで1匹は20cm位の鱚を釣り上げています。
声をかけると、にっこりと笑ってくれて、とても良い気分になりました。よし、俺も釣らねば。
しかし、なかなかうまくありません。
そのうち、件の釣り人がゴミが多すぎて釣りにくいと場所を移動されたので、そちら方面に投げて、2~3色で合計3匹とメゴチ1匹を釣ることができました。
潮が引き始めて当たりがなくなってきたため、北へ移動してみると、いつかお話を聞いた名人がいらっしゃって、またいろいろお話を聞くことができました。ありがとうございました。名人の隣で釣っていた方も10匹くらい釣ってたそうです。皆さんお上手で、まだまだ大きな差があるなあ。もっとがんばろうと思いました。

結局、三保では追加できず、ホームグラウンドなのに、ここ2年ほど1匹も釣っていない浜川西岸に行きました。
未だ工事中でしたが、トイレが作られています。おやおや。良い公園に整備されると良いのですが。

ここは、明らかに砂が増えています。全体に砂が増え、傾斜もなだらかに変化しているようです。
裸足になって水に足をつけながら釣りをしました。残念ながらアタリはありませんでしたが、楽しく釣りができました。
帰り際に浜の真ん中あたりで釣ってた方が1匹釣り上げていたようです。
そうか、釣れるんだ。とすごく嬉しい気持ちで帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レディ・マドンナ 東京バンドワゴン◆小路 幸也 (著)

”レディ・マドンナ

『レディ・マドンナ 東京バンドワゴン』
[単行本]
小路 幸也 (著)
単行本: 304ページ
出版社: 集英社 (2012/4/26)
言語 日本語
ISBN-10: 408775409X
ISBN-13: 978-4087754094
発売日: 2012/4/26
商品の寸法: 19 x 13 x 3 cm

 良い意味でマンネリですね。

 誰かが、「終わらない」マンガの「美学」のようなことを言っていたと思いましたが、時代劇をはじめとしたTV番組も同じですね。
 この本もテレビのホームドラマをリスペクトして書かれたものなので、そういう「美学」がありますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

僕らのご飯は明日で待ってる◆瀬尾まいこ (著)

”僕らのご飯は明日で待ってる

『僕らのご飯は明日で待ってる』
[単行本]
瀬尾まいこ (著)
価格: ¥ 1,365
単行本: 217ページ
出版社: 幻冬舎 (2012/4/25)
ISBN-10: 4344021703
ISBN-13: 978-4344021709
発売日: 2012/4/25
商品の寸法: 19 x 13.2 x 2.2 cm

続きを読む "僕らのご飯は明日で待ってる◆瀬尾まいこ (著) "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第25回 山本周五郎賞受賞 おぼえ

 本日、図書館で小説新潮をチラよみして、山本周五郎賞を 原田ハマさんが受賞されたのを知りました。
おめでとうございます。

 受賞作品 『楽園のカンヴァス』 原田マハ

 候補作
 オーダーメイド殺人クラブ 辻村深月 集英社 2011年5月刊
 金色の獣、彼方に向かう 恒川光太郎 双葉社 2011年11月刊
 検事の本懐 柚月裕子 宝島社 2011年11月刊

 小説新潮の 石田衣良さんの選評をちょっと読みましたが、『オーダーメイド殺人クラブ』がとても高い評価をされていたので、かえって驚きました。面白い本だとは思いましたが、それ程でしょうか?
 受賞作を含め、他の本も読んでいきたいと思います。柚月さんも原田さんの読んだことがないので楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月17日の釣り(安倍川河口西岸 4匹)

Dsc_02461

 土曜日は雨、日曜日も雨の予報だったため今週の釣りは諦めていましたが、日曜日は思いの外天気が良くなり、焼津の実家で所要を済ませたあと、大崩海岸を通って用宗で赤イソメ 300円と仕掛けを1つ(2組)購入し、安倍川の河口西側に行ってみました。
 釣り人はひとりいるだけ、やや波があり、多分濁りも強かったのだと思います。
 一番西側、最後のテトラポットの東脇に場所を取りました。
 最初なかなか釣れませんでしたが、数投目にとても弱い当たりがあり、巻きあげてみるとキスがついていました。
 その後、続けざまに3投で3匹のキスが釣れましたが、時合いはここまでか、再び釣れなくなったので撤収しました。4時~6時ころまでの成果です。
 釣れたのは、3色の後半から4色に限られていました。
 大きさは14cm~16cm。メス2匹。オス2匹。
 ゴールデンウェークのキスは腹子が未発達でしたが、もうすっかり大きくなっていました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちはやふる(17)◆末次 由紀 (著)

”ちはやふる(17)

『ちはやふる(17)』
(BE LOVE KC) [コミック]
末次 由紀 (著)
価格: ¥ 440
コミック: 176ページ
出版社: 講談社 (2012/6/13)
言語 日本語
ISBN-10: 406380349X
ISBN-13: 978-4063803495
発売日: 2012/6/13
商品の寸法: 16.8 x 11.4 x 1.8 cm

 個人戦です。B級の真島が優勝。C級の机くん、D級の筑波くんと瑞沢高校は素晴らしい成績を収めます。
A級の決勝では、新がクイーンを下し、どんだけ強いんだという感じです。
 ちはやがおやすみ状態なので、今ひとつ緊張感がないように思ってしまいましたが、「強い」新の原点が自分たちとの思い出だったことで、新に傾いてしまう一方で真島との関係をヒョロ君に指摘されたり、少女マンガらしい展開になっていくのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GO! GO! アリゲーターズ◆山本 幸久 (著)

”GO!

『GO! GO! アリゲーターズ』
[単行本]
山本 幸久 (著)
価格: ¥ 1,575
単行本: 280ページ
出版社: 集英社 (2012/4/26)
言語 日本語
ISBN-10: 408771425X
ISBN-13: 978-4087714258
発売日: 2012/4/26
商品の寸法: 18.8 x 13.4 x 2.2 cm

 もぉ~! 野球やってる男たちって、なんてバカなんでしょう!♥

 という感じの本です。地方独立リーグの野球チーム 「アリゲーターズ」 に採用になった出戻り子連れの茜。
 可愛い息子と一緒に暮らすことを目標に、ワニの着ぐるみアリーちゃんの中で、がんばっている。
 まわりの選手やGM、監督、オーナー等、それぞれクセのある人たちにもみくちゃにされながら、どんどん「アリゲーターズ」の一員になっていく。
 とてもストレートに明るく、脳天気なお話で、読後感も最高です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インサイト日記■給油しました。

6月3日 SELF24沓谷店で給油しました。

 積算距離 22,770km 走行距離 605km 給油 33.71kL TNP 17.94km/L

 1L 143円でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

女流棋士について

 先日、「サラの…」の感想で書きましたが、今、女流棋士が大きく変わっているようです。

 自分の感覚としては、女流棋士というと清水市代さんで、その他の方は実力差が大きいと感じていました。
しかし、現在は里見香奈さんが四冠で頭抜けた実績を上げているようです。

 その里見さんは2011年春に「奨励会」1級編入のための3番勝負を行い、加藤桃子奨励会2級・伊藤沙恵奨励会2級・西山朋佳奨励会4級(いずれも当時)との対戦で加藤さんに敗れながらも、伊藤さん、西山さん(香落ちで)に連勝して1級に編入され、今年初段に昇段されています。
 里見さんは毎日詰将棋をとくことを日課とされていて、終盤力が強いとのことで、「サラの…」誰かさんを連想させるところがあります。

 里見さんに奨励会編入戦で勝った加藤桃子さんは静岡県牧之原市出身。亡くなったお父さんは藤枝明星高校の教諭で奨励会経験者。藤枝明星の将棋部の顧問をされていたそうです。2006年に11歳で奨励会に入会、2011年7月に1級昇級。2011年5月に奨励会と女流棋士の重籍に関する件で里見さん(女流棋士)の奨励会編入と同時に女性奨励会員の女流棋戦への参加が自由になると、第1期女流王座戦に出場しみごとに女流王座に輝いています。
 静岡出身の加藤さんに今後も頑張ってもらいたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »