2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 数えからくり―女錠前師緋名◆田牧 大和 (著) | トップページ | サラの柔らかな香車◆橋本 長道 (著) »

2012.05.30

無花果の実のなるころに◆西條 奈加 (著)

”無花果の実のなるころに”

『無花果の実のなるころに』
[単行本]
西條 奈加 (著)
価格: ¥ 1,575
単行本: 250ページ
出版社: 東京創元社 (2011/2/24)
ISBN-10: 4488024718
ISBN-13: 978-4488024710
発売日: 2011/2/24
商品の寸法: 18.8 x 13 x 2.2 cm

 『金春屋ゴメス』という常識はずれの時代物で第17回ファンタジーノベル大賞を受賞した西條さんの現代もの(ミステリー?)です。

 金春屋シリーズは、2冊で破綻してしまいましたが、その後は(勉強して)時代物をかなりの数こなし、いよいよミステリーへと間口を広げてきたということだと思います。次作に期待したいと思います。

« 数えからくり―女錠前師緋名◆田牧 大和 (著) | トップページ | サラの柔らかな香車◆橋本 長道 (著) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 無花果の実のなるころに◆西條 奈加 (著):

« 数えからくり―女錠前師緋名◆田牧 大和 (著) | トップページ | サラの柔らかな香車◆橋本 長道 (著) »