« 酒田さ行ぐさげ 日本橋人情横丁◆宇江佐 真理 (著) | トップページ | 我々はかくも愚かである »

ちはやふる(16)◆末次 由紀 (著)

”ちはやふる(16)

『ちはやふる(16) 』
(BE LOVE KC) [コミック]
末次 由紀 (著)
価格: ¥ 440
コミック: 176ページ
出版社: 講談社 (2012/3/13)
言語 日本語
ISBN-10: 4063803392
ISBN-13: 978-4063803396
発売日: 2012/3/13
商品の寸法: 16.8 x 11.4 x 1.8 cm

 アニメを見て、コミックを大人買いしていましたが(アマゾンって本当に便利ですね。おっさんが書店で「ちはやふる」の15巻を一気買いしたら…・。絶対できん。江崎書店さんすいません)、待望の16巻が15日に届きました。
(ごちゃごちゃの玄関に何日か埋もれていた可能性もありますが・・・)
 Neも同意見ですが、今シーズンのアニメは15巻までで、原作が進んだ所で(1年~2年置いて)第2シーズンだと思います。そのくらい、15巻の盛り上がり方がすごかった。手に汗握るというより、奥歯をがっしり噛み締めながら読みましたから。
 16巻は、翌日の個人戦のお話です。怪我をおして出場した千早は?クイーンと新の対決は?B級の真島は?と、軽く流してくるかとおもいきや、がっつり白熱で進んでいきます。
 17巻も目が離せません。

アマゾンだと、予約しておけば新刊が刊行後すぐ届くので、本当に便利ですね。

ただ、1~2日は遅れるので、どうしてもその日に読みたい本(みおつくし料理帖など)はやっぱり本屋に行って買うことになります。

|

« 酒田さ行ぐさげ 日本橋人情横丁◆宇江佐 真理 (著) | トップページ | 我々はかくも愚かである »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74957/54234277

この記事へのトラックバック一覧です: ちはやふる(16)◆末次 由紀 (著) :

« 酒田さ行ぐさげ 日本橋人情横丁◆宇江佐 真理 (著) | トップページ | 我々はかくも愚かである »