« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

9月25日の釣り◆三保内海1匹

三保内海で6時ころから始めました。

 アタリは頻繁にありますが、うまく乗らないまま時間が経っていく悪いパターンでした。
 今回は仕掛けを用意していなかったことを反省。自分の作った仕掛けの欠点もよくわかりました。

 隣のお父さんと3人兄弟(?)は結構釣っているのに自分が全然あげられないのは正直ショックでした。
 羽衣の松あたり?でよく釣れているとみんなが移動したあと、4~5色で1匹。ムラソイ(水玉模様がキレイです)小が1匹釣れたのでよしとして帰宅。
 帰り道で浜川西岸によってみましたが、全くダメでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

漂砂のうたう◆木内 昇

”漂砂のうたう

『漂砂のうたう 』
[ハードカバー]
木内 昇
ハードカバー: 297ページ
出版社: 集英社 (2010/9/24)
言語 日本語, 日本語, 日本語
ISBN-10: 4087713733
ISBN-13: 978-4087713732
発売日: 2010/9/24
商品の寸法: 19 x 13.2 x 2.8 cm

 直木賞受賞作

 維新によって「武士」としての立場を失い、根津遊廓で男衆として働く主人公。暗くて、全くダメな話です。
 一つとっても基本的な疑問があるのですが、ネタバレになるので未読の方は読まないでください。

続きを読む "漂砂のうたう◆木内 昇 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

幻想郵便局◆堀川 アサコ

”幻想郵便局

『幻想郵便局 』
[単行本]
堀川 アサコ
価格: ¥ 1,575
単行本: 242ページ
出版社: 講談社 (2011/4/20)
言語 日本語
ISBN-10: 4062169339
ISBN-13: 978-4062169332
発売日: 2011/4/20
商品の寸法: 19 x 13 x 2.6 cm

 以前読んだ『闇鏡』に比べると、とてもわかりやすくて良いと思いますが、もっと室町時代に執着して欲しいと思うのは読者ととしては勝手すぎる感想なのでしょうね。

 堀川さん本の感想
 『闇鏡

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『コクリコ坂から』を見てきました。

 『コクリコ坂から』を見てきました。
 オート三輪が走る、昭和初期の横浜が舞台です。幹線道路以外が舗装されていないのが当たり前だった時代。東京ビルが乱立しておらず、空が広かった時代です。
 ロートルの私にとっても、経験していない時代。この映画の中心的な視聴世代だと思われる10代~20代の人達はどういう感想を持つのでしょうか?
 「カルチェラタン」の存続を巡る学生運動が横糸、「海」と「風間くん」の恋愛を縦糸に物語は進みます。
 岡田准一、長澤まさみのアフレコがとても良かった。ふたりともうまいんですね。
 個人的には、「海」の決然としたちょっと肩いからすような大股の歩き方が、彼女をよく表現しているように感じました。
 アニメは実写で表現できないことも表現できる有利さがあります。50年以上前の町並みや「カルチェラタン」もそうでしょう。しかし、今ではCGのつくりだす世界のほうが余程表現力があるかもしれません。
 アニメはどうなっていくのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インサイト日記■9月24日給油しました。

9月24日 「MOVIX清水」に行く途中の 「SELF24高橋」 で給油しました。

 34.62L @\142 \4,916-

 積算距離計は 18770 今回の走行距離は 599km TNP 17.3km/L でした。

 ガソリンはちょっと安くなってきていますね。円高の賜物か?
銀や金が急に下がったり、市場は本当に見渡しにくい状況です。
(ニュースでは、景気不安による工業生産の先行き減が銀価格を落として、株式市場の急落を補填するために金の売りが出て金価格が下がったということでしたが・・・。一体何を信用していいのか・・・)
 まあ、資産のないサラリーマンとしては物価が下がるのが一番嬉しいことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日の雨は。◆伊岡 瞬 (著)

”明日の雨は。”

『明日の雨は。』
[単行本]
伊岡 瞬 (著)
価格: ¥ 1,890
単行本: 298ページ
出版社: 角川書店(角川グループパブリッシング) (2010/10/20)
言語 日本語
ISBN-10: 404874139X
ISBN-13: 978-4048741392
発売日: 2010/10/20
商品の寸法: 19.2 x 14 x 3 cm

 音大を卒業したが、音楽関係の職業につくことが出来なかった主人公は公立小学校の臨時講師となるが、そこには様々な問題が・・・。
 音大卒でドゥカティに乗って通勤するようなかっこ良く、クレバーな主人公が学校の抱える問題に正面から取り組んでスパッとした結果を出しますが、大きな蹉跌もあり、悩みながら教育に取り組んでいくのがよく書かれていると思います。
 長男6年、長女6年と12年間ダブらずに小学校にお世話になりましたが、AKに任せきりで運動会や父親参観日以外に訪れることもなかった自分には、この本の現実感がわかりません。正直に言うと、テレビドラマ的でリアリティが低いような気がしてしまいます。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パパは今日、運動会◆山本 幸久 (著)

”パパは今日、運動会”

『パパは今日、運動会』
[単行本]
山本 幸久 (著)
価格: ¥ 1,575
単行本: 256ページ
出版社: 筑摩書房 (2011/7/9)
言語 日本語
ISBN-10: 4480804358
ISBN-13: 978-4480804358
発売日: 2011/7/9
商品の寸法: 18.6 x 13 x 2 cm

 中小の文具会社の50周年記念の運動会に集う、個性的・訳ありの社員たちを一人づつ主人公にすえた連作短編集。いろいろな不満を抱えながら、頑張って生きている社員たちを楽しく応援できます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心に吹く風―髪結い伊三次捕物余話◆宇江佐 真理 (著)

”心に吹く風―髪結い伊三次捕物余話

『心に吹く風―髪結い伊三次捕物余話』
[単行本]
宇江佐 真理 (著)
価格: ¥ 1,600
単行本: 269ページ
出版社: 文藝春秋 (2011/07)
ISBN-10: 4163806709
ISBN-13: 978-4163806709
発売日: 2011/07
商品の寸法: 19.2 x 13.6 x 2.8 cm

 この本ではお話しの中心が「伊三次」の息子「伊与太」と「龍之進」の妹「茜」に移ってきています。
ゆっくりと続けていってもらいたいものです。

 髪結い伊三次捕物余話シリーズの感想
 『幻の声
 『紫紺の燕
 『さらば深川
 『さんだらぼっち
 『黒く塗れ
 『君を乗せる舟
 『雨を見たか
 『我、言挙げす
 『今日を刻む時計

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三題噺 示現流幽霊 神田紅梅亭寄席物帳

”三題噺

『三題噺 示現流幽霊 神田紅梅亭寄席物帳』
(ミステリー・リーグ) [単行本]
愛川 晶 (著)
単行本: 342ページ
出版社: 原書房 (2011/4/22)
ISBN-10: 4562046953
ISBN-13: 978-4562046959
発売日: 2011/4/22
商品の寸法: 19 x 12.6 x 2.8 cm

 あの震災から早いもので6ヶ月が経ちます。亡くなった方のご冥福をお祈りします。また、被害にあわれたすべての方にお見舞い申し上げます。1日も早い復興をお祈念しています。
 アメリカで9.11以前と以降では世界観が変わってしまったように、日本でも3.11以前と以降では価値観に相違が出てきていると思います。
 この本のあとがきで作者は、これで完結させるつもりだったシリーズを続けていくつもりになったと表明しています。次の1冊、大いに期待しています。

 このシリーズの感想
 『道具屋殺人事件
 『芝浜謎噺
 『うまや怪談

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち◆三上 延 (著)

”ビブリア古書堂の事件手帖”

『ビブリア古書堂の事件手帖』
(メディアワークス文庫) [文庫]
三上 延 (著)
価格: ¥ 620
文庫: 307ページ
出版社: アスキーメディアワークス (2011/3/25)
ISBN-10: 4048704699
ISBN-13: 978-4048704694
発売日: 2011/3/25
商品の寸法: 15 x 10.6 x 1.4 cm

 ビブリア古書店を舞台に、古書をキーにした安楽椅子探偵ものです。
 ラノベらしい読みやすい本でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心星ひとつ―みをつくし料理帖◆高田 郁 (著)

”心星ひとつ―みをつくし料理帖

『心星ひとつ―みをつくし料理帖』
(ハルキ文庫 た 19-7 時代小説文庫) [文庫]
高田 郁 (著)
価格: ¥ 620
文庫: 297ページ
出版社: 角川春樹事務所 (2011/08)
ISBN-10: 4758435847
ISBN-13: 978-4758435840
発売日: 2011/08
商品の寸法: 15.2 x 10.8 x 1.4 cm

 一心に料理に打ち込んできた澪ですが、この巻では将来について思い悩むことになります。
 皆が澪に幸せになってもらいたいと思っているのですが、やはり、自分の「志」を選んでしまうのでしょうね。

このシリーズの感想
 八朔の雪
 花散らしの雨
 想い雲
 今朝の春
 小夜しぐれ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

犯罪◆フェルディナント・フォン・シーラッハ (著), 酒寄 進一 (翻訳)

”犯罪”

『犯罪』
[単行本]
フェルディナント・フォン・シーラッハ (著), 酒寄 進一 (翻訳)
価格: ¥ 1,890
単行本: 218ページ
出版社: 東京創元社 (2011/6/11)
言語 日本語
ISBN-10: 4488013368
ISBN-13: 978-4488013363
発売日: 2011/6/11
商品の寸法: 18.8 x 12.8 x 2.2 cm

 高名な弁護士である筆者が、それまでの経験をもとに作成した短編小説集。

 巻末に「これはりんごではない」と書かれている通り、非常に現実に近いフィクションであるとされている。

 妻を殺害した「フェーナー氏」、賢者の贈り物「幸運」、不思議な感動を呼ぶ「エチオピアの男」がとても良い。
 特に、「幸運」のラスト1行「イリーナはうなずいて、なんて幸運だったんだろうと思った」には撃たれました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月27日の釣り■三保内海10匹

 一昨日、昨日、本日と西日本中心に大きな被害を出した台風12号ですが、先週末にはもう影響が出ていて、27日に投げ釣りが出来るのは三保内海位だったと思います。
 この日はぼつぼつ釣れ続けるかなり良い状況でした。朝の最初のうちは4~5色であたりがあり、そこに反応が無くなったら、3~2色の近くで釣れました。
 (この情報を勝手に流しては悪いと思い、1週間おいて書いていますが)隣で釣っていた方が5色程度で25.5cmのキスを上げており、数もまずまず釣れる上に、1発当たることもあり、浜に居たほとんどの方が楽しい思いをしたのではないでしょうか。
 台風一過、状況は大幅に変わってしまうと思いますが、秋以降も三保が楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »