2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 7月16日、17日の釣り(三保凸、2匹) | トップページ | キミは知らない◆大崎 梢 (著) »

2011.07.21

ペンギン・ハイウェイ ◆森見 登美彦 (著)

”ペンギン・ハイウェイ”

『ペンギン・ハイウェイ 』
[[単行本]
森見 登美彦 (著)
価格: ¥ 1,680
単行本: 348ページ
出版社: 角川書店(角川グループパブリッシング) (2010/5/29)
ISBN-10: 4048740636
ISBN-13: 978-4048740630
発売日: 2010/5/29

 森見さんのとっても素敵なファンタジーです。
 京都を舞台としていないだけあって(多分埼玉県あたりだと思うのですがよくわかりません)、いつもの森見汁の溢れる世界ではなく、とても基本に忠実なきれいな世界が描かれています。
 主人公の「ぼく」こと「アオヤマ君」親友の「ウチダ君」、可愛い女の子「ハマモトさん」の3人組とジャイアン「スズキ君」。そして、不思議で素敵な」歯医者のおねえさん」とパターンにはまった配役ながら、それぞれが個性的でいきいきしています。特に謎の中心のおねえさんのチャーミングさはたいしたものです。
 少年の成長する正にその時を伸びやかに描いた素晴らしいファンタジーだと思います。

 理系っぽく、ちょっと難しすぎるところもありますが・・・。
 (小学生では、三角測量でものの大きさ(直径)を調べるのは無理だと思いますが、森見さんは小学4年生でそれが出来ていたのでしょうか?)

« 7月16日、17日の釣り(三保凸、2匹) | トップページ | キミは知らない◆大崎 梢 (著) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ペンギン・ハイウェイ ◆森見 登美彦 (著):

« 7月16日、17日の釣り(三保凸、2匹) | トップページ | キミは知らない◆大崎 梢 (著) »