2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« インサイト日記■給油しています。 | トップページ | 魔法使いの弟子たち◆井上 夢人 (著) »

2011.06.08

山白朝子短篇集 死者のための音楽◆山白 朝子 (著)

”山白朝子短篇集

『山白朝子短篇集 死者のための音楽 』
(幽ブックス) [ハードカバー]
山白 朝子 (著)
価格: ¥ 1,480(税別)
ハードカバー: 240ページ
出版社: メディアファクトリー (2007/11/14)
ISBN-10: 9784840120920
ISBN-13: 978-4840120920
ASIN: 4840120927
発売日: 2007/11/14
商品の寸法: 19 x 13.6 x 2.4 cm

 とてもこった装丁で、栞紐が黒髪を思わせる3本の糸になっていたりします。半透明なカバーなどは『失われる物語』を思い出したりします。
 さて、「長い旅のはじまり」から「鬼物語」までは、怪談というか、怪奇物語という感じを受けます。「黄金工場」以外の作品は明治維新以前を舞台としており、このあたりが山白さんの個性であろうと思います。
 現代を舞台にしている「鳥とファフロッキーズ現象について」はミステリー要素もあり、乙一さんのファンの方ならとても楽しめる作品だと思います。最後の表題作「死者のための音楽」は素晴らしい作品で、これだけのためにこの本を買っても十分お釣りが来るような素敵なお話だと思います。
 江戸時代を舞台にした怪談物は人気のあるジャンルで描く人も多く、例えば、宮部みゆきさんのような超一流の方も得意としているところですが、山白さんの作品は「暗さ」や「赤さ」が独特で、個性のある作品をまだまだ産み出してくれると良いなあと思っています。

« インサイト日記■給油しています。 | トップページ | 魔法使いの弟子たち◆井上 夢人 (著) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山白朝子短篇集 死者のための音楽◆山白 朝子 (著):

« インサイト日記■給油しています。 | トップページ | 魔法使いの弟子たち◆井上 夢人 (著) »