« ばらばら死体の夜 ◆桜庭 一樹 (著) | トップページ | 川あかり◆葉室 麟 (著) »

2011.06.21

音楽の在りて◆萩尾 望都 (著)

”音楽の在りて

『音楽の在りて 』
[単行本]
萩尾 望都 (著)
価格: ¥ 1.785
単行本: 352ページ
出版社: イースト・プレス (2011/4/23)
言語 日本語
ISBN-10: 4781605990
ISBN-13: 978-4781605999
発売日: 2011/4/23
商品の寸法: 19 x 13.2 x 3 cm

 萩尾望都さんの短編・中編の小説集です。
 かなり昔に『奇想天外』に収録されたものを中心まとめられています。
 自分は、学生時代に
百億の昼と千億の夜』(光瀬龍の傑作SFに萩尾望都さんが絵をつけたもの、どっちかというとマンガのほうが傑作)
11人いる!』SF&ミステリ、傑作。
銀の三角』このリンクでは白泉社のものですが、自分が買ったのはSFマガジンから発刊されたハードカバーでした。(僕とはSF者としての)レベルが違うなあと感じました。SFマガジンに連載されていた時から高い評価を得ていたものを、その評価にふさわしい豪華な単行本にしたものでした。
 などを読んだだけなので、萩尾望都さんの天才さ加減を分かっているとは言えませんが、掛け値なしに「神様」と呼ばれるお方です(最近ネットで頻出している安い神とは違います)。
 どういう関係からかわかりませんが、松井今朝子さんとガラパゴス旅行をしたりしていらっしゃいます。

|

« ばらばら死体の夜 ◆桜庭 一樹 (著) | トップページ | 川あかり◆葉室 麟 (著) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 音楽の在りて◆萩尾 望都 (著):

« ばらばら死体の夜 ◆桜庭 一樹 (著) | トップページ | 川あかり◆葉室 麟 (著) »