« オブ・ラ・ディ オブ・ラ・ダ 東京バンドワゴン | トップページ | そうか、もう君はいないのか ◆城山 三郎 (著) »

2011.06.13

甘栗と金貨とエルム◆太田 忠司 (著)

”甘栗と金貨とエルム

『甘栗と金貨とエルム 』
(角川文庫) [文庫]
太田 忠司 (著)
価格: ¥ 580
文庫: 301ページ
出版社: 角川書店(角川グループパブリッシング) (2010/2/25)
ISBN-10: 4044269076
ISBN-13: 978-4044269074
発売日: 2010/2/25
商品の寸法: 15 x 10.6 x 0.6 cm

 楽しめました。
 高校生が「私」という一人称を使うことにはちょっと違和感がありますが、一人称についてはちゃんと説明もあるし、瑣末なことです。
 僕も大卒後すぐに入社した今の会社で30年務めているわけですが、太田さんは大学在学中にデビューしているので、さらに長いキャリアをおもちで、しかも、こういう若者のお話を書くことができるのは素晴らしい感性の持ち主なんだなあと感心させられます。

|

« オブ・ラ・ディ オブ・ラ・ダ 東京バンドワゴン | トップページ | そうか、もう君はいないのか ◆城山 三郎 (著) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 甘栗と金貨とエルム◆太田 忠司 (著):

« オブ・ラ・ディ オブ・ラ・ダ 東京バンドワゴン | トップページ | そうか、もう君はいないのか ◆城山 三郎 (著) »