« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

川あかり◆葉室 麟 (著)

”川あかり”

『川あかり』
[単行本]
葉室 麟 (著)
価格: ¥ 1.575
単行本: 336ページ
出版社: 双葉社 (2011/1/19)
ISBN-10: 4575237140
ISBN-13: 978-4575237146
発売日: 2011/1/19
商品の寸法: 19.2 x 13.4 x 2.8 cm

 少し、意外に感じました。
 適度に緩い感じで、「型にはまった」時代物のにおいがします。
 けなしているわけではなく、宇江佐真理さんも多くの作品は適当な緩さがあり、それがほっとさせるし、楽に読み続けられる力になっています。エンタテインメントとも読者サービスとも言えるかもしれません。
 葉室さんはすごく真面目で、志の高い方だと思います。著作もおしなべてレベルが高く、ハズレがない本をおかきになっています。
 ただ、書きためていたもの、準備していたものもそろそろ底をついてきているのではないでしょうか。
 まだまだ、たくさんの本を出して楽しませてもらいたいと思います。
 この本のようにあまり肩がこらないようなもの、シリーズ物など出してもらいたいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

音楽の在りて◆萩尾 望都 (著)

”音楽の在りて

『音楽の在りて 』
[単行本]
萩尾 望都 (著)
価格: ¥ 1.785
単行本: 352ページ
出版社: イースト・プレス (2011/4/23)
言語 日本語
ISBN-10: 4781605990
ISBN-13: 978-4781605999
発売日: 2011/4/23
商品の寸法: 19 x 13.2 x 3 cm

 萩尾望都さんの短編・中編の小説集です。
 かなり昔に『奇想天外』に収録されたものを中心まとめられています。
 自分は、学生時代に
百億の昼と千億の夜』(光瀬龍の傑作SFに萩尾望都さんが絵をつけたもの、どっちかというとマンガのほうが傑作)
11人いる!』SF&ミステリ、傑作。
銀の三角』このリンクでは白泉社のものですが、自分が買ったのはSFマガジンから発刊されたハードカバーでした。(僕とはSF者としての)レベルが違うなあと感じました。SFマガジンに連載されていた時から高い評価を得ていたものを、その評価にふさわしい豪華な単行本にしたものでした。
 などを読んだだけなので、萩尾望都さんの天才さ加減を分かっているとは言えませんが、掛け値なしに「神様」と呼ばれるお方です(最近ネットで頻出している安い神とは違います)。
 どういう関係からかわかりませんが、松井今朝子さんとガラパゴス旅行をしたりしていらっしゃいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ばらばら死体の夜 ◆桜庭 一樹 (著)

”ばらばら死体の夜

『ばらばら死体の夜 』
[単行本]
桜庭 一樹 (著)
価格: ¥ 1.575
単行本: 360ページ
出版社: 集英社 (2011/5/2)
言語 日本語
ISBN-10: 4087714020
ISBN-13: 978-4087714029
発売日: 2011/5/2
商品の寸法: 19 x 13.6 x 3.4 cm

 ごめんなさい。僕には少し難しかったようです。
 「白井沙漠」は「海野藻屑」と同じなのだろうと思いますが・・・。よくわからん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そうか、もう君はいないのか ◆城山 三郎 (著)

”そうか、もう君はいないのか

『そうか、もう君はいないのか 』
(新潮文庫) [文庫]
城山 三郎 (著)
価格: ¥ 380
文庫: 173ページ
出版社: 新潮社 (2010/7/28)
ISBN-10: 4101133344
ISBN-13: 978-4101133348
発売日: 2010/7/28
商品の寸法: 19.2 x 15 x 10 cm

 題名をよく聞いていたので書店で平積みになっていたものを買いました。
 1頁13行・・・。
 児玉清さんの解説がつきます。児玉さんの解説も新たなものはなくなってしまうのですね。
 ご冥福をお祈りします。
 (児玉さんの解説は1頁15行です)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

甘栗と金貨とエルム◆太田 忠司 (著)

”甘栗と金貨とエルム

『甘栗と金貨とエルム 』
(角川文庫) [文庫]
太田 忠司 (著)
価格: ¥ 580
文庫: 301ページ
出版社: 角川書店(角川グループパブリッシング) (2010/2/25)
ISBN-10: 4044269076
ISBN-13: 978-4044269074
発売日: 2010/2/25
商品の寸法: 15 x 10.6 x 0.6 cm

 楽しめました。
 高校生が「私」という一人称を使うことにはちょっと違和感がありますが、一人称についてはちゃんと説明もあるし、瑣末なことです。
 僕も大卒後すぐに入社した今の会社で30年務めているわけですが、太田さんは大学在学中にデビューしているので、さらに長いキャリアをおもちで、しかも、こういう若者のお話を書くことができるのは素晴らしい感性の持ち主なんだなあと感心させられます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オブ・ラ・ディ オブ・ラ・ダ 東京バンドワゴン

”(オブ・ラ・ディ オブ・ラ・ダ

『(オブ・ラ・ディ オブ・ラ・ダ 東京バンドワゴン 』
[単行本]
小路 幸也 (著)
価格: ¥1,575
単行本: 312ページ
出版社: 集英社 (2011/4/26)
言語 日本語
ISBN-10: 4087754006
ISBN-13: 978-4087754001
発売日: 2011/4/26
商品の寸法: 19 x 13.2 x 3 cm

 このシリーズも6冊になりました。番外編が1冊ありますので、5年間の月日が東京バンドワゴンにも流れています。マンネリだなあとちょっと思いながらも、楽しみに読んでしまう、まさに連続テレビドラマのような本になってきました。
 
 今回はテレビドラマにしたときの配役を考えてみました。
 堀田勘一(82)…三國連太郎(88)、ここが一番難しい人選になりますね。
    サチ(没)…八千草薫(80)か加藤治子(88)
    我南人(63)…矢沢永吉(61) ロックの神様ですから・・・。
    池澤百合枝(?)…高橋惠子(56)
    藍子(38)…宮沢りえ(38)
    紺(37)…西島 秀俊(40)
    亜美(37)…竹内 結子(31)
    青(29)…松本 潤(27)
    すずみ(26)…蒼井優(25)

 勘一さん、我南人さんあたりが難しい。
 みんな心のなかで配役を決めながら読んでいると思うのですが…。

 『東京バンドワゴン
 『シー・ラブズ・ユー 東京バンドワゴン
 『スタンド・バイ・ミー―東京バンドワゴン
 『マイ・ブルー・ヘブン―東京バンドワゴン
 『オール・マイ・ラビング 東京バンドワゴン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まもなく電車が出現します◆似鳥 鶏 (著)

”まもなく電車が出現します

『まもなく電車が出現します 』
(創元推理文庫) [文庫]
似鳥 鶏 (著)
価格: ¥ 651
文庫: 284ページ
出版社: 東京創元社 (2011/5/28)
言語 日本語
ISBN-10: 4488473040
ISBN-13: 978-4488473044
発売日: 2011/5/28
商品の寸法: 14.8 x 10.6 x 1.4 cm

 このシリーズ名ですが「にわか高校生探偵団の事件簿」(帯による)・・・?
 もちろん、最初の「にわか」は探偵団にかかる…と思います。「放課後探偵団」では駄目だったのでしょうか?

 短篇集です。時期的には「理由あって冬に出る」の後、「さよならの次にくる〈卒業式編〉」の前後あたりになるのでしょうか。
 「まもなく電車が出現します」 開かずの間に突然出現した鐵道模型は・・・。
 「シチュー皿のそこは平行宇宙に繋がるか?」 料理実習で作ったホワイトシチュー、三野の皿にだけじゃがいもが無い!? ・・・ 高校で調理実習をやるかという疑問を感じましたが、どうなのでしょうか?
 「頭上の惨劇にご注意ください」 校庭にいた葉山くんのすぐそばに植物の鉢が落ちてきて・・・。
 「嫁と竜とどちらをとるか」 うん、なるほど。面白い。
 「今日から彼氏」 葉山くんにも春がきたか・・・、といっても、我々は「さよならの次ぎにくる〈新学期編〉」で葉山くんは「曲がり角でごつん」の運命の出会いをすることを知っているので、この春はバットエンドだろうと予想がついてしまうのが可哀想ですが・・・。
 毎度思うのですが、カバーイラストの女子高生は柳瀬さんだと思いますが、メガネをかけているという記述がどこかにあったでしょうか?

 同じシリーズの感想
 『理由(わけ)あって冬に出る
 『さよならの次にくる <卒業式編>
 『さよならの次にくる<新学期編>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

魔法使いの弟子たち◆井上 夢人 (著)

”魔法使いの弟子たち”

『魔法使いの弟子たち 』
[単行本]
井上 夢人 (著)
価格: ¥ 1,995
単行本: 546ページ
出版社: 講談社 (2010/4/2)
言語 日本語
ISBN-10: 9784062161664
ISBN-13: 978-4062161664
ASIN: 4062161664
発売日: 2010/4/2
商品の寸法: 19 x 14.2 x 3.6 cm

 山梨県で発生した謎のウイルスによる伝染病「竜脳炎」。数百人の死者が出たが、初期の患者4名は生き残り、その内3人には驚くべき『後遺症』が・・・。
 荒唐無稽なおはなしをリアルに描き出していて、作者の力量が伺える作品だと思います。
 (偉そうですね。実は、この後もっと偉そうなことを書いてしまいます。すいません。)
 この本はどう考えてもSFですから、そういう見方をすると、ウイルスの影響なのか、ウイルスの影響で獲得した超常能力の影響なのかが最後のほうで綯い交ぜになっているようでスッキリしません。
 難しいおはなしなので、僕には手に余ったようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山白朝子短篇集 死者のための音楽◆山白 朝子 (著)

”山白朝子短篇集

『山白朝子短篇集 死者のための音楽 』
(幽ブックス) [ハードカバー]
山白 朝子 (著)
価格: ¥ 1,480(税別)
ハードカバー: 240ページ
出版社: メディアファクトリー (2007/11/14)
ISBN-10: 9784840120920
ISBN-13: 978-4840120920
ASIN: 4840120927
発売日: 2007/11/14
商品の寸法: 19 x 13.6 x 2.4 cm

 とてもこった装丁で、栞紐が黒髪を思わせる3本の糸になっていたりします。半透明なカバーなどは『失われる物語』を思い出したりします。
 さて、「長い旅のはじまり」から「鬼物語」までは、怪談というか、怪奇物語という感じを受けます。「黄金工場」以外の作品は明治維新以前を舞台としており、このあたりが山白さんの個性であろうと思います。
 現代を舞台にしている「鳥とファフロッキーズ現象について」はミステリー要素もあり、乙一さんのファンの方ならとても楽しめる作品だと思います。最後の表題作「死者のための音楽」は素晴らしい作品で、これだけのためにこの本を買っても十分お釣りが来るような素敵なお話だと思います。
 江戸時代を舞台にした怪談物は人気のあるジャンルで描く人も多く、例えば、宮部みゆきさんのような超一流の方も得意としているところですが、山白さんの作品は「暗さ」や「赤さ」が独特で、個性のある作品をまだまだ産み出してくれると良いなあと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インサイト日記■給油しています。

6月4日 セルフ24沓谷店で給油しています。

5月7日にも給油しましたが、持ち合わせがなく、2000円分13.25L(151円/L)しか入れられませんでした。
4日は満タン 33.41L 148円/L で給油しています。

 積算距離は15743km 前科よりの走行距離は711km 給油量は46.66L
 TNP(流行らなくて残念でした。)は15.24km/L でした。

 暑くなってくるとエアコンが入りますので、燃費は落ちますが、釣りのためある程度の走行距離が出ますので、それを上回るTNPのアップがあります。
 そういえば、ディーラーの営業の方も、静岡-清水を通勤で通っている人で 20km/Lを超えている人がりると言っていました。確かに、バイパスや1号線をある程度の距離走れば20km/Lは軽く出るように思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月5日の釣り■鎌ケ崎4匹

 少し遅の目の6時過ぎ頃に山口釣具さんに到着したところ、赤イソメが品切れでアオイソメしかないそうで、久しぶりにアオイソメで釣りをすることになりました。
 店主のおはなしでは、最近やっとよくなってきて、どこでもボツボツ釣れているということでした。昨年25cmを釣った鎌ケ崎に行ってみました。
 羽衣の松の駐車場に車を止めて、砂浜を鎌ケ崎まで歩きます。バーベキューなどの道具を用意する人たち(子ども会かスポーツ少年団でしょうか?)、地引網も行われているようです。なかなかの人出です。
 鎌ケ崎に着くと、昨年に比べてワンドが浅くなっており、相当砂が入って海岸が広くなっているようです。お隣りの近距離を探っている方にお話を聞くと、ぼつぼつ釣れているということでした。
 用意して投げると、3色程度でアタリがあり、17cmがかかりました。一番上の針、エサが来るのを待ち構えていたようで、期待が高まります。
 その後も2匹3色程度で釣ることができましたが、満潮を過ぎる辺りからアタリがなくなってきました。
 浜の北側でヒラメを狙って2本、キス用に1本の竿を出している方にお話を聞くと、ヒラメは満潮時に岸に寄ってくるので、それを狙っているが、満潮を過ぎて2時間くらいしてから食ってくることもあるので今日は未だ続けているということでした。キス釣りなら、さらに北側の浜の人がよく釣ると教えてくれました。
 そこで、教えてもらった名人さんの所に行ってお話を聞くと、今日は1匹、波打ち際のすぐそこに軽いオモリを柔らかい竿(2.7mと言っていました)で投げ込んで、回遊してくる大キスを狙っているということでした。
 釣り場の状況を熟知されていて、流石です。初心者の僕にいろいろおはなしをしていただき、とてもためになりました。その方の横で、4色弱で1匹上げましたが、続きませんでした。
 結局、本日は4匹最初の17cmが最も大きく、後は14cm~12.5cmくらいでした。
 件の方は、20cm位のキスを1匹追加してお帰りになりました。
 僕も(珍しく)エサを使いきってしまい帰ることにしました。アオイソメは大きいので匹数が少なくなってしまい、すぐに終わってしまいます。
 帰りに犬を散歩させていた昔は投げ釣りをやっていたが今は船釣(ボート釣りのようです)をしているという方とお話をすることができました。最近の浜の状況、潮の状況などを教えてもらいました。やはり、三保の表側は相当砂が入っているようです。駄目だったところ、良かったところいろいろ教えていただいたので、次回の釣行の参考にさせてもらいます。ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神様がくれた指◆佐藤 多佳子 (著)

”神様がくれた指”

『神様がくれた指 』
(新潮文庫) [文庫]
佐藤 多佳子 (著)
価格: ¥ 860
文庫: 647ページ
出版社: 新潮社 (2004/08)
ISBN-10: 4101237336
ISBN-13: 978-4101237336
発売日: 2004/08
商品の寸法: 15 x 10.6 x 2.2 cm

 図書館で単行本を借りて読みました。
 佐藤さんの本は、とてもストレートに分かりやすく心に響いてくる本しか読んでいなかったので、この本は少し僕には難しかったようです。
 特に後半の展開はスリリングで佐藤さんの引き出しの多さには感心させられました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カササギたちの四季◆道尾秀介 (著)

”カササギたちの四季

『カササギたちの四季 』
[単行本]
道尾秀介 (著)
価格: ¥ 1,575
単行本: 283ページ
出版社: 光文社 (2011/2/19)
ISBN-10: 4334927432
ISBN-13: 978-4334927431
発売日: 2011/2/19
商品の寸法: 19 x 13.2 x 2.8 cm

 「リサイクルショップ・カササギ」の副店長というか、店員の日暮正生(28歳)、とある事件の後この店に足しげく通ってくる中学生 南見菜美 そして事件に首を突っ込みたがる経営者 華沙々木丈助 の三人が四季折々の事件を解決する?連作短編集です。
 道尾さんの本では、道尾秀介自身が登場する霊現象探求所の真備を主人公としたシリーズ以来のシリーズ化を見据えた本だと思います。びっくりさせられるようなことはありませんが、華沙々木の推理を成立させるために、日暮が後工作をするという、これまでにはちょっと見られなかったパターンが新しく、道尾さんらしい、温かな目線が効いていて、楽しく読むことができました。
 シリーズ化されて、早く次の本を読ませてもらいたいと期待してしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GOSICKsIV‐ゴシックエス・冬のサクリファイス‐

”GOSICKsIV‐ゴシックエス・冬のサクリファイス‐

『GOSICKsIV‐ゴシックエス・冬のサクリファイス‐ 』
(角川文庫) [文庫]
桜庭 一樹 (著)
価格: ¥ 580
文庫: 252ページ
出版社: 角川書店(角川グループパブリッシング) (2011/5/25)
ISBN-10: 404428119X
ISBN-13: 978-4044281199
発売日: 2011/5/25
商品の寸法: 14.8 x 10.4 x 1.2 cm

 『 野性時代』2011年1月号~2011年4月号に掲載されたものに加筆して単行本としたものです。
 冬休みの前の一日、嵐の前の最後の1日を描いています。
 いよいよ、大きな嵐が近づいています。離ればなれになることが予言されている二人ですが、どんな運命が待っているのでしょうか?
 「ワクワクすっぞ!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »