2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 5月22日の釣り■三保真崎凸 | トップページ | GOSICKsIV‐ゴシックエス・冬のサクリファイス‐ »

2011.05.25

風待ちのひと◆伊吹 有喜 (著)

”風待ちのひと

『風待ちのひと』
(ポプラ文庫) [文庫]
伊吹 有喜 (著)
価格: ¥ 672
文庫: 391ページ
出版社: ポプラ社 (2011/4/6)
ISBN-10: 4591124185
ISBN-13: 978-4591124185
発売日: 2011/4/6
商品の寸法: 15 x 10.6 x 2 cm

 心に風邪を引いてしまった男性が、なくなった母親の残した港町の家で出会った女性の優しさに再生していく物語。女性自身も大きな傷を心に負っており、次第に二人はひかれ合っていく・・・という、極論すれば陳腐な物語ですが、二人がお互いの溝や塀を少しづつ取り去って向かい合っていく様子が丁寧に描かれていて、共感を呼び、物語に引きこまれます。
 良いお話でした。

 ■が■にかかってしまったようです。
 AKは「私」が■にとって大きなプ■になっていると、なるべく会わせようとせず、自分が■の下宿に足しげくかよく事で改善を図っているようです。
 自分としてはどうすればよいかわかりません。年度末まで待って改善がないようなら、自分が家を出て■は戻すほうが良いのかなあと思っています。
 ただ、■のために、6年分15■円をあと2年で貯めたいと思っていましたが、自分が外に出ると絶対無理になってしまいそうです。

« 5月22日の釣り■三保真崎凸 | トップページ | GOSICKsIV‐ゴシックエス・冬のサクリファイス‐ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 風待ちのひと◆伊吹 有喜 (著):

« 5月22日の釣り■三保真崎凸 | トップページ | GOSICKsIV‐ゴシックエス・冬のサクリファイス‐ »