« おしまいのデート◆瀬尾 まいこ (著) | トップページ | 風待ちのひと◆伊吹 有喜 (著) »

5月22日の釣り■三保真崎凸

日曜日は早く起きられました(4時前)。ゆっくり支度して、三保に行こうと家を出ます。
5時少し過ぎに清水の山口釣具店でエサを購入。雑誌で読んで釣ったことがなかったと気づいた真崎海水浴場へ行ってみます。
最初は離岸堤前で投げてみました。ルアーの人大勢と、カゴ釣りの人数名がひしめいています。やや飛行場よりに場所を取り、投げると根があるらしく釣りにくい。
明るくなると次々にルアーの人が帰っていくため、数十メートル移動すると、こちらは良い感じですが、手前2色以内は急なカケアガリでゴロタになっているらしく、近距離での引き釣りは難しそうです。
しばらく投げて、朝食をとって、先端側に大きく移動し、階段状になっているところの手前の砂浜で投げてみます。手前ゴロタな感じは同じ。あたりはありません。
最後に階段のところまで行って投げてみると、ここは根ばかりです。遠距離ではOKですが、3色以内は引き釣りは出来なそうです。あまり仕掛けを動かさずにあたりがあったら一気に巻き上げるような釣りになりそうです。
ここでキュウセンを1匹、トラギスを1匹釣り、リリースしました。

帰り際にとなりの方に、三保アリーナの入り口が閉まっていたことを聞かれました。朝早いと閉まっていることが多い入り口ですが、6時過ぎにも閉まっていたということです。
あそこが開かないと、ちょっと困ります。丁度、当日は開くのが遅かったのだと思いますが・・・。
ちなみに、件の方は先週内海で良い思いをしたそうです(バラしちゃダメだったかなあ?)。

|

« おしまいのデート◆瀬尾 まいこ (著) | トップページ | 風待ちのひと◆伊吹 有喜 (著) »

釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74957/51746461

この記事へのトラックバック一覧です: 5月22日の釣り■三保真崎凸:

« おしまいのデート◆瀬尾 まいこ (著) | トップページ | 風待ちのひと◆伊吹 有喜 (著) »