« さよならドビュッシー◆中山 七里 (著) | トップページ | 田村はまだか◆朝倉 かすみ (著) »

文庫本の情報量について

 さよならドビュッシーを読んでいたNeが、「この本、字が大きいよね」と言うので見てみると、字が大きいのではなく、行間が空いているように思える。試しに、1ページの行数を数えてみた。

 18行 角川文庫、創元推理文庫、中公文庫、集英社文庫
 17行 ハヤカワ文庫(旧版)、光文社文庫、講談社文庫、宝島社文庫、徳間文庫、小学館文庫
 16行 新潮文庫
 
 ちなみに、香月日輪の妖怪アパートシリーズ(講談社文庫)は、なんと15行/頁でした。

 新潮文庫の行数が少ないのは意外でした。サンプリングした米村圭伍「退屈姫君シリーズ」が特に少ないのでしょうか?

|

« さよならドビュッシー◆中山 七里 (著) | トップページ | 田村はまだか◆朝倉 かすみ (著) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74957/51287934

この記事へのトラックバック一覧です: 文庫本の情報量について:

« さよならドビュッシー◆中山 七里 (著) | トップページ | 田村はまだか◆朝倉 かすみ (著) »