« 文庫本の情報量について | トップページ | いとま申して―『童話』の人びと◆北村 薫 (著) »

田村はまだか◆朝倉 かすみ (著)

田村はまだか

『田村はまだか』
(光文社文庫) [文庫]
朝倉 かすみ (著)
価格: ¥ 600
文庫: 303ページ
出版社: 光文社 (2010/11/11)
ISBN-10: 9784334748692
ISBN-13: 978-4334748692
ASIN: 4334748694
発売日: 2010/11/11
商品の寸法: 15.2 x 10.6 x 1.6 cm

 冬の札幌の小さいスナック(?)で、同窓会の3次会流れてきた5人組(40歳、男3・女2)。悪天候で飛行機が遅れて到着していない「田村」を待っています。マスター(42歳男)が5人の話を聴くともなしに聞いていると、田村をめぐる思い出話になって生きます・・・。

 最初の「田村」の思い出の1篇の後、マスターを含めた6人それぞれの物語が連作短編の形で描かれます。

 最初の1篇がすばらしい短編で、本当に心を打たれました。最初がよすぎただけに、連作短編にして価値が落ちてしまうのではないかと危惧してしまいましたが、それぞれのお話も、微妙につながる人間関係も、意外な展開もとてもよくまとまっていました。1冊の本としてもとてもすばらしいものでした。

 図書館で借りて読みましたが、文庫本を買ってみたところ、田村を待っていなかった同窓会出席者のお話し、「おまえ、井上鏡子だろう」がおまけで付いていました。

|

« 文庫本の情報量について | トップページ | いとま申して―『童話』の人びと◆北村 薫 (著) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74957/51318091

この記事へのトラックバック一覧です: 田村はまだか◆朝倉 かすみ (著) :

« 文庫本の情報量について | トップページ | いとま申して―『童話』の人びと◆北村 薫 (著) »